各国留学

台湾か中国、短期で中国語留学するならどっち?おすすめの場所や費用を解説

どもども

中国語留学を計画してる人にとって、台湾か中国、どちらに行こうか迷いますよね?

私はめちゃくちゃ迷いました!!

結局私は、まず中国語の知識ゼロから、台湾で、合計4ヶ月留学、そして中国は約2週間留学しました。

留学場所は以下の通り。

台湾

  • 澎湖島(2ヶ月)
  • 台中(1ヶ月)
  • 台南(1ヶ月)

 中国 - 昆明(2週間)

 

この留学でこだわった事は、マンツーマンレッスン。台湾の大学では、グループレッスンの体験レッスンも受けましたが。

そんな各地で留学して得た経験を、これから台湾や中国へ、1~3ヵ月程度の短期留学を検討している方へ、お伝えします。

 

比較しやすいように、できるだけメリット・デメリットを書きました!

今回の記事の内容は以下の通りです。

・マンツーマンレッスンの特徴

・グループレッスンの特徴

・台湾の留学エリアの特徴

・台湾留学と中国留学の違い

それでは、まずはこちらから!

 

台湾留学 マンツーマンレッスンの特徴

台湾留学では、マンツーマンレッスンとグループレッスンの2つのスタイルで中国語が学べます。

まずは、この2つのレッスンスタイルの特徴を知り、”自分に一番あった留学”を考えます。

レッスンが受講できる場所は以下の通り。

マンツーマンレッスン・・語学学校・大学 グループレッスン・・大学

 

費用はグループレッスンより高い

費用を大学と比べてみました。

大学のグループレッスン 3ヶ月

165時間のレッスン →29600元(約10万9300円)

語学学校 マンツーマンレッスン  3ヶ月

60時間のレッスン →36000元(約13万3000円)

当然ですが、大学でグループレッスンを受けたほうが、受講時間も多いし、値段も安いです。

ただし、大学のレッスンは、入学時期が決まってるので、日程の調整が難しい。

対して、語学学校のマンツーマンレッスンは、いつでもスタート可能なのがメリットです。

 

自分のペースで勉強ができる

人に気を使うことなく質問ができて、やりたい勉強を集中してできます。(基本はテキストに沿って勉強)

日本語を話せる先生がほとんど

私が行った語学学校では、ほぼ100%の先生が、日本語を話せました。しかもペラペラ(そうでもない人もたまにいるみたいですが)。

先生が日本語を話せるのは、大変有り難いですが、メリット・デメリットがあります。

日本語を話せる先生のメリット

・発音、文法の解説をほとんど日本語でしてくれる

中国語がまったく話せない人は、中国語で、文法の説明をされても、まず理解できません。

・台湾の文化を知ることができたり、日常会話が最初からできる

中国語が話せなくても、台湾人とコミュニケーションをとれるのが魅力。

 

日本語を話せる先生のデメリット

・すぐに、日本語に甘えてしまう

これは、自分の意思の問題だけですが、、

質問する時に、どこまで自発的に中国語を話すかの勝負です。

最終的に、先生に「全部、中国語でお願いします」って言えるようになるのがベストですね。

 

 台湾 (大学の)グループレッスンの特徴

台湾留学 マンツーマンレッスンの特徴

台湾の大学のレッスンは、ほとんどがグループレッスン。マンツーマンに負けない位、良いところがあります。

授業時間が多い!

3ヶ月で165時間もレッスンが受けれる! (1日3時間の計算)

 

短期留学には向いていない

先程もお伝えした通り、大学はいつでも、レッスンに参加できません。基本的にシーズンの変わり目で入学可能です。

例 春→3月  夏→6月 秋→9月 冬→12月 ※1シーズンが3ヶ月です。

ということで、入学できる時期が限定されるため大学のレッスンは、短期留学には向きません。

クラスメイトの中国語が聞ける

同じように中国語を勉強している人の、中国語を聞けるのがポイント!しかも、だいたい同じレベルで勉強してる人なので聞き取りやすい。『こういうフレーズの使い方あるんだな〜』と参考になります。

友達ができやすい

一人でレッスンを受けてるよりは、友達ができやすい。一緒に頑張れる友がいるのは、心強いです。

レッスンのスピードについていく必要がある

ここが一番しんどいところ。レッスンの予習や復習をさぼると、クラスメイトとの差は広がるばかり。逆にいうと、「周りに負けてられない!」という気持ちで勉強できます。

 

マンツーマンとグループどちらにするか?

レッスン別に、向いているタイプをまとめてみました。

マンツーマンレッスンに向いているタイプ

・社会人で休みの時に、短期留学したい

・まったく中国語が話せない

・自分の勉強したいところを集中してしたい

・中国語ができなくても台湾人と会話を楽しみたい人

グループレッスンに向いているタイプ

・大学の入学時期に合わせれる(学生、離職中の人)

・長期間留学できる

・少しでも値段を安く済ませたい

 

オススメは、3ヶ月以上の留学なら、大学のレッスン!

私は、英語をマンツーマンレッスンで習得したので、「語学を学ぶならマンツーマン!」と信じてましたが、、

中国語に関しては、大学のグループレッスンも良かったです。

理由は、”クラス全員に話させよう”とする教え方だったり、生徒へ質問をたくさんしてくれたり。最後までレッスンに集中できました。先生の教える技術によりますけども。

どうしても、マンツーマンだと日本語で話し過ぎてしまって、、、

完全に私の意思の問題ですが、、、

時間とお金に余裕がある人は、大学と語学学校に問い合わせしてみましょう。体験でレッスンを受けて比較するのが一番良いですね。有料になるかもしれませんが。

 

台湾のおすすめ留学エリアの特徴

留学するのに、場所は非常に大事なポイント。雰囲気や食べ物も変わります。

台湾の留学エリアをまとめてみました。

台北

台北の特徴

台北の特徴

  • 台湾の首都
  • 見どころの観光地が多い
  • 大型ショッピングセンターが多い
  • 日本から飛行機で、約3時間30分
  • 英語・日本語が通じやすい
  • やや物価が高い

日本の留学エージェントで紹介されるのは、台北の語学学校が多いです。

ただ、台湾人の先生に聞くと、物価(レストラン・屋台等)が少し高いので、長期滞在するにはお金がかかるとのこと。

確かに、一つ5元〜10元(約22円〜45円位)違うだけでも、長期になると大きいです。

3日〜4日の旅行なら問題無いですが。1ヶ月位の短期留学ならアリかもですね。

 

台中

台中の特徴

台中の特徴

  • 台北からバスで約3時間
  • 平均気温が22.5度と快適
  • 適度な都会で、快適
  • 台北と比べると物価が、やや安い
  • 有名観光地のアクセスが良い (台南→バスで約1時間、高雄→バスで約3時間)
  • 台中自体に観光名所は少ない

台中で、ネットで検索して、すぐでてくる語学学校は、自分が行ったハッピーランゲージぐらい(ただ、おすすめとは言いにくい)

台中は、台湾人の住みたい街ナンバーワンです。!

確かに、ちょうどいい感じの都会具合で、安くて美味しいごはん屋もたくさんあります。快適なのは間違いないですね!

 

台南

台南の特徴

  • 台北からバスで約4時間 日本からの行き方は、高雄まで飛行機→台南まで電車
  • ”台湾の京都”と呼ばれ、なつかしい建物がたくさんある
  • 台湾で一番のグルメタウン
  • 物価が安い
  • 冬も比較的温かい

おすすめ語学学校は、早稲田日本語中心!その他は、TIL Space、成功大学もあります。

個人的に台湾で一番好きなエリア。 台湾で最も歴史の古い都市で、「昔の日本ってこんなんだろな〜」って思えるところです台北以外だと、台湾では一番人気のエリアに感じます。

留学・観光どちらでもオススメ!

 

澎湖(ポンフー)諸島

澎湖(ポンフー)諸島の特徴

澎湖の特徴

  • 台北の松山空港から1時間
  • 台湾でも有数のリゾート地(海がきれい!)
  • 物価が安い
  • 海鮮料理が豊富

現在、中国語を習えるところは2つ。学校というより、宿泊したらサービスの一つとしてレッスンが受けれるという感じ。

他のエリアと違うところでいうと、リゾート地なので、都会ではありません。海の距離が近いので、開放感は抜群です。

心の街は小さいけど、アットホーム。ここでは、本当に台湾人の優しさに触れることができました。留学するには良いところかなと!

おすすめの学校は、値段なら”阿甘語学学校”、

クオリティなら”かりんの宿”

※かりんの宿を検索すると、すごくネガティブな記事が立て続けに検索上位で表示されてます。気にすることはないですよ。完全に悪意のある記事なので。

 

各エリアのレッスン料金を比較

意外と、台北・台中・台南とレッスン料金は、そんなに違いがありませんでした。

明らかに値段が安かったのは、澎湖

例 1レッスン(50分) 台北・・約1800円 澎湖・・約1100円

結構な金額の差ですよね! できるだけ留学費用を抑えたい人は澎湖がオススメ。

ただ、個人的に、町並みや、かわいいカフェが多い、台南が一押しです!

 

台湾留学と中国留学の違い

台湾留学と中国留学の違い

同じ中国語を使っている国でも、台湾と比べるといろいろ違いがあります。

台湾は繁体字、中国は簡体字を使っている

説明すると、

簡体字・・中国で使われる画数の少ない文字 (日本人が、普段使ってる字に近い)

繁体字・・台湾で使われる画数の多い伝統的な文字

例  ごめんなさい 簡体字・・不起 繁体字・・不起

ただ、文法や、根本の発音は変わりません(※北京語の場合)

台湾の学校によっては、簡体字で教えてくれるところもあります。

また、日本で買う中国語の参考書は、ほとんど簡体字を使ってるので台湾留学に行くには使いにくいです。

話し方が違う

台湾人に教えてもらった、中国人との話し方の違いは、以下の通り。

・話すスピードが早い

・巻き舌で発音する

・同じ事を言うとしても、使うフレーズが違う

場所によって話し方が変わったり、発音が変わるのは、どんな言語でも一緒です。

ただ、「中国で働くから、台湾で中国語勉強しても意味がない」とまで思う必要はないでしょう。基本は一緒なので。

あとは、実際に現地に行って、現地特有の発音や言い方に慣れるしかありません。

留学のしやすさが違う

中国で、ビザなしで滞在できるのは2週間、台湾では、ビザなしでも3ヶ月滞在できます。中国で長期留学する場合は、学生ビザが必要になり、少し手続きがめんどくさい。となると、社会人が気軽に留学できるのは、台湾です。

文化が違う

国が違うので当たり前の話ですが。

個人的な感想で言えば、台湾人は日本人に一番近い外国人かなと思いました。考え方とか、マナーとか。

ただ、中国人がマナーが悪いかというと、自分が行った場所は、全然悪く感じませんでした。基本、すごく優しかったですし。人それぞれですよね、それはどの国に行っても同じ。

でも、確かに台湾人は親日で、日本人って言うと優しくしてくれるのは間違いないです。

レッスンが違う

台湾語学の学校の先生はほとんど日本語が話せる人ばかり。なので、質問も日本語でできます。

中国人の先生は、中国語と英語が話せる方が多かった。でも、日本語で質問できなくても、先生は、上手にレッスンしてくれましたよ。

自分は、日本語を使えない、中国語だけのレッスンの方が合いました!

 

結論 中国語留学はどこがいいか?

台湾留学に向いている人

■ レッスンで、どうしても日本語で質問したい初心者

■ 住みやすさを優先したい

■ 気軽に中国語のレッスンを受けたい

■ 短期でしか休みのとれない社会人

中国留学に向いている人

■ 異文化体験をしたい

■ 中国語が仕事で必要になる

■ 長期で休みがとれる学生

■ 広大な観光地に行きたい

物価は、中国が少し安いかな、、って感じです。

自分は、どちらの留学も本当に良い経験ができたので、甲乙つけがたいですね。

ただ、台湾は、日本との結びつきが強いです。それは、歴史が大きく関係してきます。「なぜ?そんなに台湾人は親日なのか?」それを知って、留学をするともっと面白くなりますよ。

日本と台湾の関わりを深く知りたい人は、こちらの本がオススメです。

さいごに

よく質問を多くされるのが、

「どれくらいの留学で、日常会話レベルくらいになれる?」です。

台湾人の先生や、中国留学に行ってる友人に聞いてみると5ヶ月位って答えが一番多かった。

ただ、それも"留学前の事前学習をどれだけしてきたか?”によって変わってきます!

留学する前のオススメ勉強方法の記事を参考にしてください。

中国語留学を検討中の方へ 事前学習方法とオススメ初心者向け参考書

中国語をヒット曲で勉強する

中国語を大ヒットした曲で勉強① 我们不一样(大壮)、老鼠爱大米(香香)日本語訳付き

中国語オンラインレッスンのオススメはこちら。

【中国語オンラインスクール 大手3社を比較】初心者にオススメはCCレッスン!

こちらが台湾に留学したときの記事。

台湾 台南に格安留学!オススメ語学学校 早稲田中心と昆山大学の感想

台湾人も中国人も、日本にたくさん来てくれてます。これからも、もっと増えてくるはずなので、中国語の需要も上がるの間違い無し!

日本人には、勉強しやすい言語なので、オススメですよ。

でわでわ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA