海外就職

30〜40代でも遅くない!海外就職に必要な英語力と、身につける方法とは?

どもども

生まれた時から海外で働くのが夢だったけど、英語が話せないから諦めるしかないな

30過ぎてから、海外で働きたくなったけど、今からじゃ遅いよ〜

こんな風に思っている人って多いですよね?

私もそうでした。

そんな英語力ゼロだった自分が、35歳から英語学習を初めて、36歳で海外で就職活動をして、8社中に7社から内定をもらい、結果、フィリピンで3年間働くことができたました。

 

もう少し自分のことを話させてもらうと、、

大学の時にバックパーッカーで海外旅行にハマり、その頃から海外で働くことが夢でした。
そして、日本で海外展開をしている会社に就職しましたが、仕事が忙しいという理由で勉強もせず、帰国子女(留学経験のある人)の方が、海外赴任の辞令をもらうのをうらやましく見ているだけ。
完全に諦めていたのです。

 

そんな自分でも海外就職ができたし、同じように、英語力ゼロだったアラフォー、アラサーの人が海外就職を実現していく例をたくさん見てきました。

ということで、この記事で、言いたいとは以下のこと。

アラサー、アラフォーでも海外就職するのを”英語力や年齢”で理由で諦める必要はない!

そこで、海外就職に必要な英語力や、どうすれば身につくのかを説明します!

ちなみに、英語力ゼロでもコールセンター等で海外就職はできますが、私は、”海外に暮らすにあたって英語力は必要であり、なにより便利”と考えています。

 

ということで、この記事の対象は以下のような方です。

  • 海外で、”英語”を使って働きたい
  • アジアで働きたい
  • 日本で働くことに限界を感じている

このブログでの”海外就職”は、アジア就職を指しています。

なぜなら、海外就職をするならアジア就職の方が、求人の数が多かったり、求められる英語のレベルもそこまで高くないからです。

それでは、まずはこちらから!

 

 

海外就職するにあたって必要な英語力

海外就職に必要なTOEICのスコアって何点?

よく”英語ができる物差し”として、日本で有名なのがTOEIC

TOEICは、日本で一番有名な英語検定の試験。

ほとんどの”英語を使う職種の求人”で、応募条件としてあるのがTOEICのスコアが採用されてます。

だいたい、日本で求められるスコアは750点〜800点後半が多いですね。

も、海外の求人でTOEICのスコアを掲載しているのはほとんど見られません。
私が、海外で就職活動している時に、TOEICのスコアすら聞かれることはほとんどありませんでした。

では、どのように英語力の確認がされるのか?というと英語の面接が用意されていることが多いです。

ちなみに私が、初めて海外で就職活動をした時のTOEICのスコアが570点位。
これは、さすがに自分でも低いと思います(笑)

でも、その時の就職活動で、英語ができないということで落とされたのは、調子にのって受けた日系の有名商社1社だけでした。

なので、海外就職をするにあたって、TOEICの点数は、そんなに気にすることはないでしょう。

 

ちなみに「TOEICのテストなんて意味がないのか?」というとそういうわけではありません。

TOEICは、ビジネス用語が8割使われているテストで、”英語を使う仕事”ができる判断をするにあたって非常に有効なテストです。

なので、日本の企業では、TOEICの点数を求人の応募の条件にしています。

また、応募条件のTOEICの点数が800点以上と高く設定されている理由は、日本の企業では、「800点あれば、英語の面接をする必要ないだろう」という意味だと思います。

海外就職をするにあたっては、日本のように神経質にならなくてもいいでしょう。

 

では、なぜ私はTOEICの点数が低いにも関わらず、多くの会社で内定をもらえたかというと、海外就職で一番必要とされる、最低限の英語力があったからです。

では、海外就職で、一番求められる英語力は何なのか?を説明します。

 

海外就職するために一番必要な英語力とは?

昔の自分は、海外で働けるのは、以下のような人達だと思っていました。

  • 海外の高校や、大学に留学していた
  • 英語のニュースや映画を字幕無しで見れる
  • 子供の頃から、英語の英才教育を受けていた

いわゆる、”英語がペラペラ”ってやつです。

でも、実際は、英語がペラペラな必要は全くありません。

では、最低限の必要な英語力というと、、、

日常会話程度の英会話ができる

ことです。

自分の意思表示ができて、相手の言っていることがだいたいわかるリスニング力があればOK。

必要な仕事専用のボキャブラリーは、働いてから覚えるだけで大丈夫です。

日本語でも興味の無いテーマを語ったりできないし、聞いてもよく理解できないですよね?

英語も同じです。
自分に関係のない話題の単語はわからなくて当たり前、全部の英単語の意味がわかる日本人なんてそうそういないですから。

では、日常英会話レベル”の英語ってどんなレベルなのでしょうか?

 

日常会話レベルの英語力とは?

海外(アジア)で働くときに、社内で一番使わるのが英語。

では、日本人以外の外国人(アジアの人)が、みんなペラペラ話せるか?というと、そんなわけもでありません。

なぜなら、当たり前のことですが、アジアの人にとって、英語はアジアやヨーロッパの人の母国語ではないからです。

しかも、発音もきれいでなかったり、文法も正しくなかったりします。

それでも、英語を使って、働いていけます。

 

海外(アジア)で働くことにおて、流暢に英語を話すことや、発音をきれいに話すことより、もっと大事なことがあります。

それは、

  1. 相手が理解しやすい、わかりやすい話し方をすること
  2. 自信をもって、はっきりと英語を話すこと

上記のことが、私が出会った英語を使って働いている外国人に共通していることでした。

 

英語学習している人で、いっぱい単語やイディオム(熟語)を覚えようと勉強している人がいますよね?

それは、絶対に必要なことですが、難しい単語を使っても伝わらなければ意味がありません。

伝えられる英語 = 日常英会話ができる英語力なのです。

先日、サッカーの本田圭佑の英語のインタビューがわかりやすく、それでいて自分の意見をはっきり述べていると話題になりました。

それが、こちら。

ぜひ、字幕を付けて見てください。

彼の英語は、そんなハリウッド俳優が話すように早い英語ではないです。
また、英語字幕をつけて見てみると、サッカー業界で使う専門用語は別として、そんなに難しい単語も使っていません。

でも、インタビュアーやカメラを前に、堂々と話しています。

こんな風に、海外就職する人は、会社の会議やミーティングの時に話せれば理想なわけです。

ちょっと英語を勉強したくらいで、こんな風になれるわけないやん

今、まったく英語を話せない方はそう思うかもしれませんが、日常英会話レベルの英語を身につけるのは、そんなに難しいわけではありません。

次に、どうすれば日常会話レベルの英語力が身につくのか?を説明します。

 

 

日常英会話ができるようになる最高の方法とは?

若いときから、”英語が話せるようになりたい”と思っていた私は、いろいろとカタチだけはトライしていました。

駅前留学で、週1回英会話教室にも通ったり、また、本屋で、”英語が1か月にペラペラになる!”みたいな参考書を買いあさっていました。

でも、どれも効果はありませんでした。
というか、自分の意思の弱さが一番の原因ですが。

たまに、会社で働きながら、英語力を上げていく方がいると聞くと、本当に尊敬します。

でも、実際に、働きながら英語を話せるようになった人は見たことがないですし、残念ながら、日本にいながら、日常英会話力を身につけるのは難しいというのが、私の結論です。

 

では、どうすれば、”日常英会話レベルの英語力”が身につくのか?というと、

留学しかないと自分は思っています。

そして、今、最も費用対効果が高いのは、フィリピン留学です。
アメリカやイギリス留学ではありません。

その理由はこちらの記事を見てください。

【初めての留学】英語初心者や社会人は、フィリピンがオススメな7つの理由英語初心者が、最初に留学する国はフィリピンがオススメ!! その理由を、9カ国留学した私が詳しく説明します。...

 

私は、35歳のときに12年間働いた会社を辞めて、フィリピンに半年間留学しました。
もちろん、ほとんど英語が話せない状態から。

それで、なんとか 英語で日常会話が話せるようになりました。

話せるようになった要因は、以下の二つ。

  1. 半年間、どっぷり英語を勉強する環境に身を置けたこと
  2. フィリピン留学の特徴のマンツーマンレッスンで徹底的に英語を話す機会があったこと

上記の二つを、日本で求めることはほぼ不可能ですよね?
なので、やはり英語を身につけるためには、”留学”しかないと思います。

私は半年かかりましたが、
大学生なら、2〜3か月、
社会人なら、3〜5か月で日常会話が話せるようになります。

もちろん、本人の努力と、良い学校を選ぶ必要がありますが。

ただ、社会人で3〜4か月の休みをとって留学するのは、不可能ですよね?

では、留学する一番良いタイミングはいつなのでしょうか?

 

長期で英語を学習する人生のタイミングはいつか?

一番のタイミングは、以下の通り。

学生・・・大学2年か3年の長期休み

社会人・・転職のタイミング

 

よく転職するときは、”離職期間をあまり作ってはいけない”と言われます。

確かに、説明のできない離職期間は印象は悪いでしょう。

でも私の場合は、面接官に「このタイミングでしか留学に行けなかった」と理由を説明して、嫌な印象をもたれたことはありません。

ポイントは、”留学した結果として、何を身につけれたか?それが、応募した企業にどんなメリットがあるのか?”です。

こちらの記事では、私が実際に会社を辞めてから、留学が終了するまでに過程をまとめています。
これで、日常英会話ができるようになるイメージをもっていただければ幸いです。
ぜひ、参考にしてください。

【 社会人 フィリピン留学】35歳の英語力ゼロが、英語が話せるまでの過程(入学前から)英語を話したいと思っている30代〜40代の方へ。 私が35歳から5ヶ月間留学して、英語が話せるようになった勉強法を紹介します! 今回は、留学前から2ヶ月目まで。 英語初心者の英語の勉強のヒントになれれば幸いです!...

 

繰り返しますが、日常会話レベルの英語力を身につけるなら、費用対効果で絶対に、フィリピン留学がオススメです。

興味のある方は、日本でも信頼できる留学エージェントのヒューマンアカデミーに資料請求だけでもしてみてください。
悪いエージェントは、適当に学校をオススメしてきますが、こちらでは、提携校を絞って紹介しています。

 

次にどうしても留学する時間が作れない方への英語学習方法をお伝えします。

 

留学する時間をとれない方のための英語学習法

結婚をされていたり、金銭的な理由で留学はできないという方もいます。

となると、留学以外でオススメの英語学習方法は、オンラインレッスンしかありません。マンツーマン指導をしている英会話学校に行ける余裕があるなら別ですが。

オンラインレッスンも、言ってみればマンツーマンレッスン。

そして、一番の特徴としては、月5000円位で、毎日25分の英会話レッスンが受けれます。

ただ、必要なのは”鉄の意思”です。
オンラインレッスンは、ほぼ毎日しないと意味がありません。
また、ただレッスンを受けているだけでは、絶対に上達しません。
必ず、予習と復習もしないといけないです。

予習30分+レッスン30分+復習30分
毎日、90分もの時間を英語に確保する必要があります。

日本にいて、働きながらの毎日90分は大変ですよね。

そして、オンラインレッスンだけで、日常会話レベルの英語力を身につけるのは、おそらく1年以上はかかるし、かなり難しいでしょう。

でも、オンラインレッスンは、机の上だけの勉強より、はるかに効果的なのは間違いないです!

初期費用も格安なのでとりあえず、英会話に慣れる意味でも初めてみましょう!

こちらが、オンラインレッスンの効率的な学習法についてまとめた記事です。
ぜひ、参考に!

【留学前にやらなきゃ絶対損】毎日オンライン英会話すると効果倍増の理由留学前にオンライン英会話を受ける重要性を細かく説明してます! 留学が成功するもしないも、事前淳簿にかかってます。 最高の留学にするために、ぜひ、チェックしてくださ!...

 

最後に、もう一つ、日本で仕事を辞めないで、効率的に英語学習する方法をお伝えします。

 

”留学 + オンラインレッスン”で効率的に勉強する

先程より、”留学では最低3〜5か月行く必要がある”とお伝えしてきました。

でも、どうしても長期で行けない場合は、1〜2週間の短期留学がオススメです!

それが、できるのもフィリピン留学の特徴の一つです!

 

こんな感じですね。

普段はオンラインレッスンで英会話の練習

ゴールデンウィークや、正月休みを理由して1〜2週間の短期留学をする

実際にこうして、英会話を上達される方を何人も見てきました。

実質、留学中は、月〜金の5日間だけのレッスンになりますが、勉強だけでなく、良いリフレッシュにもなりますし。英語学習のマンネリ化を防いだり、新たに課題が発見できたりと良いことづくめです。

これが、私が2番目にオススメな日常会話力をみにつけるための英語学習方法です。

 

 

さいごに

海外就職するための英語力レベルは、別にネィティブスピーカーみたいにペラペラに話せる必要がないということは、わかってもらえたでしょうか?

とにかく、まず目標は、日常英会話レベルです!
自分の意思を伝えれること!

あと問題が発生するとすれば、国によって英語の話し方や発音が変わるくらいです。

例えば、シンガポール人は中国語の文法で話しがちなのでわかりにくかったり、また他の国の人も発音が現地語なまりだったり、使うフレーズも変わったりします。

ただそれは、現地にいれば慣れてきます。
はじめから、完全に聞き取れるのは難しいので。

 

また、少しポジティブな事を言えば、日本人は、他国の人と比べて、英語を習得しやすいです。

だって、基本的な単語は高校までの英語教育で勉強していますから。

机見て、「デスク」
外食するお店を「レストラン」って、ほとんどの方が理解してますよね。

日本人が英語を話すために不足していることは、圧倒的に”実践の場”だけです。

そういう意味で、効率的に、集中して英語力をつけれるのがフィリピン留学です。
また、最近では、バリ島やタイでも、同じような留学ができる場所があります。

ぜひ、海外就職に興味のある方は、留学にトライしてください!

 

また、年齢が若くないと海外就職を諦めている方には、こちらの記事を見てください。

【働く場所は日本だけじゃない】30代は海外就職・転職がしやすい5つの理由「海外就職なんてできない!」と思っている方も多いと思いますが、実は、案外就職しやすいし、年齢制限もきつくありません。 その理由を説明します。...

 

でわでわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください