留学前の学習方法

【英語 留学前 これだけ覚えよう】レッスン中に絶対使うフレーズ・単語・例文

どもども。

うわーーー結局、忙しくて、留学前にオンラインレッスンできなかったよーー

英語だけのレッスンなんて、初めてやから緊張するやん!どないしよ?

と、留学直前になってあせらないように、出発前に覚えておくべき必要なフレーズ・単語をまとめました。

この記事の対象者は以下のような人です。

・留学を予定している人

・留学前にオンラインレッスンを始める人

・英会話をしたことがない人 

 

 

目次

なぜ、留学前に覚える必要があるのか?

留学して最初のレッスンでは、以下のように初心者の人は”パニック状態”になります。

『先生が言ってることが、全然わからない!!』

『だめだ、何にも英語が頭に浮かばなくて話せない!!』

なぜなら、レッスンが全て英語で教えるからです。
もちろん先生は日本語を話しません。

そのため、最低限、”レッスンに使うフレーズ”を暗記していないと、レッスンが成立しません。

前回、『留学を成功させるために、留学前の事前学習が絶対必要!!』という記事を書きました。

【留学前の英語勉強法】効果が倍増する事前学習とは?社会人と英語初心者は必見!フィリピン留学で、最高の結果をだす一番の秘訣、、それは、事前学習をしっかりやること。そのやり方を、元学校スタッフの私が、詳しくまとめました。留学を予定している人はチェックしてください。...

 

その事前学習の一つが、”レッスンで絶対に使う単語, フレーズ, パターンを覚えることです!

今回、最低限必要なものだけまとめました。
留学をスムーズにスタートにするために、頑張って覚えましょう。

・勘違いしないでほしいのは、留学前にフレーズだけを覚えるだけでは不十分です。時間がある人は、文法とボキャブラリーもしてください。

 

レッスンで使う 文法の英単語

主語

subject 
サブジェクト                                       

動詞 

verb 
バーブ               

名詞 

noun
ナーン

副詞 

adverb 
アドバーブ                                          

形容詞 

adjective 
アジェクティブ          

代名詞 

pronoun     
プロナウン        

前置詞 

preposition   
プレポジション         

接続詞 

conjunction   
コンジャンクション    

目的語 

objet
オブジェクト         

冠詞   

article   
アーティクル      

比較級

comparative degree  
コンペラティブ デグリー

肯定文   

positive sentence   
ポジティブ センテンス   

否定文   

negative sentence 
ネガティブ センテンス 

時制   

tense
テンス

単数形

singular
シンギュラー

複数形 

plural 
プルーラル

 

レッスンで、よく使う英単語

発音   

pronunciation 
プロナンシエーション                            

母音

vowels 
ヴァウエルズ                                              

子音 

consonants   
コンソネンツ       

アクセント 

accent , stress
アクセント、ストレス

宿題   

homework
ホームワーク

振替クラス   

substitute class   
サブスティトゥート クラス 

絵を見て答えること   

picture describe 
ピクチャー ディスクライブ

(リスニングの)理解力

listening comprehension 
リスニング コンプリヘンショん

ボキャブラリー(単語力)

vocabulary
ボキャブラリー

説明 

instruction 
インストラクション

レッスンを受ける

have (take) lesson
ハヴ(テイク)レッスン

辞書

dictionary
ディクショナリー

復習する   

review 
レビュー

予習する

prepare
プリペアー

 

教室でよく使うフレーズ

〜と呼んでください

Please call me 〜.
プリーズ コール ミー 〜

もう一度言ってください

Could you say that again?
クッジュー セイ ザット アゲイン?

※この場合、クッド ユーとは言いません。
 つなげましょう。

どういう意味かわかりません 

 I don`t know what you said . 
アイ ドン ノウ ファッチュー セイド

まったくわかりません

I have no Idea
アイハブ ノー アイデア

聞き取れませんでした 

 I didn`t catch that
アイ ディドゥント キャッチ ザット

もう少しゆっくり話してください 

Could you speak more slowly?
クッジュー スピーク モア スロウリィー

スペルを教えてもらえますか?

Could you spell that for me?
クッジュー スペル ザット フォー ミー?

質問してもいいですか?

Can I ask you a question?
キャンナイ アスク ユウ ア クエスチョン?

ちょっと待ってください 

Just a moment.
ジャスタ モメント

トイレに行っても良いですか?

Can I go to tiret / restroom ?
キャナイ ゴートゥ トイレット / レストルーム?

これは間違ってますか?

Is this wrong?
イズ ディス ロング?

これは正しいですか?

Is this correct?
イズ ディス コレクト?

◯◯はどういう意味ですか?

What does  ◯◯  mean?
ワッ ダズ 〇〇 ミーン? 

例を言ってもらえますか?  

Could you give me an example?
クッジュー ギブ ミー アン エグザポー?

AとBの違いは何ですか?

What is the difference between A and B?
ワット イズ ザ ディファレンス ビトゥイーン A アン B?

それはどのように発音しますか? 

How does it pronounce ?
ハウ ダズ イッ プロナウンス?

そう思います

I think so
アイ シンク ソ

大きい声で話してくれますか?

Could you speak more loudly?
クッジュー スピーク モア ラウドリィー?

質問はありません

I don`t have any question
アイ ドン ハブ エニイ クエスチョン

最近何かありましたか?  

What`s new ?
ワッツ ニュー?

あなたはどう思いますか?

How about you? 
ハウ アバチュー?

気にしないでください

Never mind 
ネバー マインド

これは、私には難しすぎます

This is too difficult for me 
ディスイズ トゥー ディフィカルト フォー ミー

理解できました 

I undersood
アイ アンダーストゥッど

またね

See you 
シーユウ

レッスンありがとう 

Thank you for your lesson
サンキューフォー ユア レッスン

 

オンラインレッスンで使うフレーズ

(電波の)調子が悪いみたいです 

The connection is unstable
ザ コネクション イズ アンスティブル

雑音がひどいです

The line is very 

文字を(チャットボックス)に打ってください

Could you type it in chat box?
クッジュー タイプ イット イン チャットボックス?

前回の復習をしてもらえますか?

Could you do review of the last lesson ?
クッドゥ ジュー ドゥ レビュー オブ ザ ラスト レッスン?

私の声は聞こえますか?

Can you hear me? 
キャン ユウ ヒア ミー 

よく聞こえません 

I can`t hear you clearly.
アイ キャント ヒア ユウ クリアリィー

もう一度コールしてください

Could you call me back?
クッジュー コール ミー バック?

あなたの顔が見えません 

I can`t see your face. 
アイ キャント シー ユアフェイス

停電のせいです

because of black out
ビコーズ オブ ブラックアウト

 

言い回しができるフレーズ(例文付き)

英語の参考書でも、『パターンを覚えて話そう!』っていうのが多いです。
基礎的なボキャブラリーがある人には、すごく使える方法ですよ。

パターンさえ覚えれば、単語を入れ替えるだけで、文章が作れるわけですから

ここでは、代表的なパターンを簡単に紹介します。

〜したい

I want to 動詞の原型
アイ ウオン トゥー

(年上やお客様に言う時)
I would like to 〜動詞の原型
アイ ウッド ライク トゥー

解説
この to は不定詞の to 。
なので、toの後ろは絶対に原型がきます。

例文
He wants to study English.
(私は、英語を勉強したい)

I would like to ask about this question,
(わたしは、この問題に関して訪ねたい)

〜するのは〜だ

It is 形容詞 to 動詞の原型.

解説
物事を伝える時に、かなり使えるパターンです。
使いまくりましょう!

例文
It is easy to play soccer.
(サッカーをするのは簡単だ)

It is hard to cook by myself,
(自炊するのは大変だ )

〜していいですか?

Can I 動詞の原型?

(年上やお客様に言う時)
Could I 動詞の原型?

解説
”許可を得て、何かをしたい時”によく使う言い方です。
can や could などの助動詞の後ろは、絶対に動詞の原型になります。
May I や Would I もほぼ同じ意味。

Can I go to toilet ?
『トイレにいっていいですか?』

Can I take a break ?
『休憩をとっても良いですか?』

〜に〜してほしい

I want 人 to 動詞の原型

(より丁寧な表現)〜させて頂きたい
I would like you to 動詞の原型

解説
誰かに、何かして欲しい時に使うパターン。
『Please 動詞〜』よりも、こちらの方が自然です。

例文
I want you to take me there.
(私は、あなたにそこに連れて言って欲しい)

I would like you to go fast.
(私は,あなたに先に行って欲しい)

 

こんな感じです。
自分の"言いやすい”パターンを見つけて、どんどん使っていきましょう。
言いたいことの幅が広がってきますよ。

 

さいごに

他にも、効果的にレッスンを受ける方法があります。

例えば、

  1. レッスン中に言いそうな事を想像して、事前に調べるのも良いです。
    レッスン前に予習して、それを実際のレッスンで使う。

  2. レッスン中に言えなかったことを、日本語で良いので記録しておいて、レッスン終了したら、それを英語に直す。

やみくもに単語を覚えるのではなく、”自分が言おうとした単語”を覚えるのがポイントです。使う可能性の低い単語を覚えるより、実際に使う可能性のある単語を覚える方が、反復練習になり、記憶として定着しやすいからです。

事前学習はおもしろくないかもしれません。
でも留学してから『楽しくレッスンを受ける!』ために絶対に必要なこと。

頑張ってくださいね。

でわでわ