海外で働くメリット・デメリット

【働く場所は日本だけじゃない】30代は海外就職・転職がしやすい5つの理由

どもども。

「英語がペラペラじゃないと海外で働けない」皆さん、そう思っていませんか?

自分もそうやって、若い頃は海外で働きたい気持ちを、勝手に諦めてました。

でも、そんなことはありません。

極端に言うと、全く話せなくても働けます。(コールセンターなど)

ただ、英語を話せる方が、より充実した海外生活を送れるのは間違いありません。

でも、大人になってから英語を話せるようになんかならないよ!

私は、35歳から英語ゼロレベルで留学。日常会話が話せるようになり、そして3年間、フィリピンで海外勤務。

でも、ペラペラでもないし、発音も大阪弁英語ですが、言葉の壁はなくなりました。

上記の実体験をベースに、この記事では以下のことを説明します。

■ 大人になって、英語ゼロからでも、海外で働ける

■海外就職は、日本人が思っているより難しくない、むしろ、就職しやすい!

嘘ではないので、ぜひ、最後まで読んでください。

この記事の対象者は以下のような方です。

・昔から海外で働きたいと思っていた

・日本の社会で働くことに嫌気を感じている

・一からキャリアをやり直したい

それでは、まず、自分が、”海外で働くようになった経緯”から説明します。

 

なぜ、35歳から海外就職できたのか?

 
なぜ、35歳から海外就職できたのか?

こちらは、フィリピンで就職活動をしていた時の写真。南国でスーツ姿が浮いてます笑

私は35歳まで、日本の大手流通業で働いていました。そして、「会社に必要とされていない。それなのにいる意味があるのか?」と考え退社。

その後フィリピンに半年間、英語留学しました。

留学した理由は、一つの会社でしか働いていない自分に自信がなく、せめて英語が話せるようになれればと思ったからです。

そして留学中に、”英語がペラペラでなくても海外で働ける”ということがわかり、海外就職を目指すことにしたのです。

その後、東南アジア各国で就職活動を開始。就職活動をした国は、フィリピン、シンガポール、ベトナム、インドネシア。

8つの会社を受けましたが、落ちたのは、調子にのって応募した有名日系商社1社だけ。

それ以外は、日本の一部上場メーカーからも内定をもGETし、自分でも驚くべき結果でした。

自分の職歴や、スキルを考えたときに、まったく未経験の業種で、これだけ内定をもらえて、めちゃくちゃ嬉しかったです。

ただ、全て”現地採用”というかたちでの雇用契約。

この現地採用でなければ、35歳の海外未経験という条件で、内定はもらえませんでした。

海外就職には、現地採用と海外駐在と二つの働く形態があります。

次は、この違いを説明します。

 

海外就職の”現地採用”と”駐在員”の違いとは?

海外就職の”現地採用”と”駐在員”の違いとは?

海外駐在とは?

海外駐在とは、以下のような条件で働くかたちのことです。

■ 日本の企業に雇用され、一定期間、海外に派遣される状態のこと

■ 給与などの待遇面は日本の水準がベースで、さらに海外赴任手当などが付き、高給が見込める


■ 赴任国・期間は会社が決めるので、個人の希望が通ることは難しい。
任期は3年〜8年位。これも会社次第。

よく聞く、海外で働いている人で、"プール付きの豪邸で通勤は運転手付き”などのすごい待遇は、海外駐在員のことです。

駐在員になるのは、以下のような人です。

・社内のエリート

・就職時に海外駐在の話がされている

「なりたい!!」と思っても簡単にはなれません。

現地採用とは?

● 日本や外資系企業の現地法人に、現地で雇用契約を結ぶこと

● 待遇は駐在員よりかなり落ちる。給与面は、その人のスキルや職種によって変わる.

現地採用は待遇面は、駐在員より劣っているものの、以下のようなメリットがあります。

■ ”自分で、働きたい国を選べる”て、自由度が高い

■ 未経験でも、海外で働けるチャンスをもらえる

■ 新卒より、社会人経験を持っている方が好まれる

自分は、この3番目の理由に該当していました。

それでは、なぜ社会人経験あるほうが海外就職しやすいのか?この部分を説明します。

 

社会人経験アリの人が海外就職しやすい5つの理由

社会人経験アリの人が海外就職しやすい5つの理由

海外で働きたい人が少ない

”若者の海外離れ”が進んでると言われてます。ただ、これは逆に、海外就職したい人には、チャンス。

よく覚えているのは、フィリピンの面接で、人事の方から「やっとまともなのがきた」と言われたこと。自分は、ただ、”日本で面接をするのと同じ姿勢”で受けただけなのに。

当たり前のことをしただけで評価されました。「競争率が低いと、楽だな〜」と思ったことを記憶してます。

 

最低限必要とされる英語レベルは 日常会話ができるレベル.

もちろん、英語が上手であればあるほど、就職には有利です。ただ、別にペラペラである必要はありません。

こちらの記事にその理由を書いています。

「英語ができないから、海外就職はできない」って考えている方は、ぜひ、こちらを読んでください。

30代でも遅くない!海外就職・転職に必要な英語力を身につける方法とは?どもども こんな風に思っている人って多いですよね?私もそうでした。 若い頃から海外で働くことが夢で、日本で海外展開してい...

 

未経験業種でも採用される確率が日本より高い

日本だと、30歳を過ぎて、未経験業種で転職するのは難しいと言われてます。

海外の求人でも同じく、応募条件に

・営業経験3年以上

・過去に2年以上業界経験必要

などと書かれているものが多いのも事実。

でも海外だと、未経験者でも採用されるケースがたくさんあります。海外の人材紹介会社の方も「ポテンシャル採用のケースも多いですよ」と言ってました。

要するに経験がなくても、人材によっては採用するということ。

自分は、「前職と同じ業界では、もう働きたくない」と考えてたので、35歳でもポテンシャル採用してもらえたのは本当に嬉しかったです。

日本でのビジネス経験(社会人経験)が重宝される。

日本企業の海外支社が欲しい人材は、”日本の社会人経験のある人”です。最近では、日本語を話せる外国人ってたくさんいます。

でも、日本のビジネスマナーや企業習慣を知っている外国人って、まだまだ少ない。この、”日本の企業習慣”がポイントです。

それがわかる日本人に、海外支社にいてほしいと、日本企業は考えてます。やはり、日本の働き方って世界的に見ると独特ですからね、良い意味でも、悪い意味でも。

なので、逆に海外では、社会人経験が全くない日本の新卒は重宝されません。

年齢が高齢でも、そんなに不利にならない

日本では35才転職限界説がありますが、海外ではありません。前述した通り、社会人経験ある方が有利です、

ということで、海外で働きたい新卒の人は、最低1〜2年は日本で働く経験を積まれた方が良いでしょう。

認められれば海外駐在になるチャンスもある!

現地採用の不満で多いのが、”どれだけ頑張っても待遇が、駐在員の方が良い”というもの。これがストレスになって辞める人が多いです。

基本的に、現地採用から駐在員にはなれません。ただ私の友人で、現地採用から、海外駐在になった人がいました。

企業としては、駐在員のようにコロコロ変わるより、現地で長く働いてくれる人材のほうが好まれるという理由で。

「この人に辞めてもらっては困る」と会社から頼られる存在になれば、駐在員になれるチャンスがあるわけです。

 

海外就職(現地採用)をオススメしないケースとは?

良いことばかり書きましたが、現地採用で働くことは以下のリスクもあります。

・日本で働くより、クビになりやすい

・給料が安い

・日本の家族とほとんど会えなくなる

・環境の違いでストレスがたまる

ということで、こんな人は海外就職にはオススメしません。

▲ 長期雇用や、安定した待遇を求めている

▲ 結婚していて、子供がいる

▲ 海外で、1ヶ月以上暮らしたことがない

海外生活に自身が適合できるか?を確認するためには、長期の留学やワーホリを経験するのがオススメです。

さいごに

最近は日本の大手企業でもリストラになるケースがあり、何も保証がない時代。

そんな時代だからこそ、この記事を通じて、皆さんに知ってもらいたいのが

”日本だけが働く場所ではない”ということ。

 

日本で息苦しく働いている人も、海外の方が、働きやすく、評価もされるというケースがあります。

日本でリストラされたり、転職活動をしてもなかなか採用されなくて自信を失っている人は、一度、”海外就職”を考えてみてはどうでしょうか?

もしかしたら、人生を変える大きなチャンスになるかもしれません!

でわでわ