留学ガイド

【格安 親子留学】フィリピンが絶対オススメ!子供の英語力が伸びる理由とは?

どもども。

”子供に英語を話せるようになってほしい!”

と考えてる親御さんは多いですよね。

そこで、選択肢にでてくるのが留学やホームステイ。

ただ、有名なオーストラリアやアメリカなど、欧米に留学すると短期でも、すごく高い!!

例えば、ある代理店のカナダの短期ホームステイプログラム(航空券込み)は以下のような感じ。

【内容】
  家族とジャム作り、バンクーバー観光、英会話レッスン7時間(週間)

1週間・・・40万円以上
2週間・・・48万円以上

※高校生以下だと、謎の追加料金が発生

 

確かに子供にとって、カナダの自然に触れたり、外国人家族と滞在するのは、良い経験になるはず。

ただ、コストパフォーマンスが悪すぎるし、毎年参加するのは、よほど裕福な家庭じゃないと難しいですよね。

英語力を伸ばすために、子供を留学に行かせることは正しいです!
それも、吸収力の早いできるだけ低年齢の時に。

 

そこで、オススメの留学先がフィリピンです!

親御さんは、フィリピンと聞くと、以下のようなマイナスの印象を持たれるのではないでしょうか?

  • 治安が悪い
  • きちんとした英語力が身につかない
  • 安心して任せれる学校がない

そこで、この記事では、”子供にとってのフィリピン留学のメリット”を中心に説明します!

この記事は、以下のような方にオススメの記事です。

  • 子供を留学に行かせたい
  • 子供に、海外経験をさせたい
  • 格安で、安心できる留学先を知りたい
  • 親子で留学したい

それでは、まずはこちらから。

 

なぜ、子供の時に、留学した方が英語力が伸びるのか?

英語耳を作るため

人は、慣れていない音を聞いた時に、その音を”雑音”として処理しています。

ただ、子供の場合は、聞き慣れていない音を、雑音として処理せずに、”違う音”として聞き分ける耳をもっていると言われてます。

これが、世間で言う”英語耳”です。
要するに、英語を聞き取れる耳ってことですね。

脳科学的には、その聞き分けれる”英語耳”を発達させることができるのは、9歳までと言われています。

9歳までの間に、たくさん英語の音、イントネーション、リズムを聞かせることで、大人になっても、英語を聞き取れる力が持続するのです。

それでは、「9歳を過ぎれば手遅れなのか?」というとそういうわけでもありません!
私が初めて留学したのは35歳ですから。

ただ、若ければ若いほど、吸収力が高いので、中学生位までには一度、留学を経験することがオススメです。

外人・英語に対する苦手意識をなくさせる

英語が話せないのに、いきなり外国人に話しかけれて、頭がパニックになったことってありませんか?

日本人が義務教育でする英語の勉強量は、他の国と比べても決して少ないほうではありません。

それなのに、英語が話せないのは、単純に英語を話すという”実践経験”が少ないためです。

子供の頃から、外国人と話す機会が多ければ多いほど、自信をもって英語を話せるようになります。

続いてフィリピンが、子供の留学先にオススメな理由を説明します。

 

 

子供の留学先で、フィリピンがオススメである6つの理由

フィリピンはアジアで一番英語が上手な国

フィリピンの母国語はタガログ語。
でも、第2公用語として広く使われているのが英語です。

「フィリピン人みんがが、英語を話せるか?」と言うと、そんなわけでもないです。
ただ、大学を卒業している人なら、まず流暢に英語を話します。

そして、フィリピンはコールセンターで働いている人の数が世界一の国です。
もちろん、コールセンターのお客様に対しては英語で話します。

また、ほとんどのフィリピン人の英語の先生は、発音もきれい。
子供は、聞いた音を話すようになるので、これも大きいポイント。

日本は、”英語を教える先生は、アメリカ人や白人”という考え方が、未だに強いですが、私は、世界で一番英語を教えるのに向いているのはフィリピン人だと思っています。

マンツーマンレッスンで有名

日本やアメリカの英語のレッスンは、基本グループレッスン。
しかも高い!

フィリピンだとマンツーマンレッスンが基本です(グループレッスンもありますが)
しかも、レッスンの時間も4時間〜6時間と多い。
たっぷり英語を話すことができます。

マンツーマンレッスンが、どれだけ素晴らしいかは、こちらの記事を見てください。

【フィリピン留学】初心者には、マンツーマンとグループどちらが良いか?どもども。 上記の質問の答えを、以下の通りまとめました。 一つずつ、詳しく説明します。 語学留学は、欧米かアジア...

 

子供の扱いに慣れている

フィリピンは家族や親戚との結びつきが非常に強い国です。
英語が話せることもあり、両親が外国に出稼ぎいくパターンが多く、そんな時に、いとこが子供の面倒をみたりするのもよくあること。

だから、子供と一緒に遊んだり、扱いがすごく上手です。
また、基本的に”子供を叱る”文化が無いので、子供はのびのび暮らしています。
(だから、わがままなところもありますが笑)

治安は噂されるほど悪くない

たまにニュースで、”ドゥテルテ大統領の麻薬戦争”、や”日本人が殺された”みたいなのが流れるので、きっとイメージは良くないと思います。

確かに、マニラやセブなどの都会は、治安の悪い場所があったり、紛争地域もあります。

でも、普通に暮らす分には、問題ないレベル。
治安については、こちらにまとめましたので、確認してください。

【フィリピン 治安】留学や観光は本当に危険なの?2年滞在者が解説!ニュース等で、危険なイメージのあるフィリピン。本当に、危険なのか?フィリピン滞在歴3年の私が、本当の治安状況をお伝えします。...

 

留学費用が、欧米に比べると格安!

先程も例に上げたように、欧米の留学だと、2〜3週間で50万円位の費用がかかります。

それに比べてフィリピンで、2週間留学したとして、かかる費用は以下の通り。

  • 授業料2週間
    1日6時間のレッスン
    → 約8〜12万円

  • チケット代(往復 LCC利用)
    → 約4〜6万円

  • 諸費用(空港出迎えなど)
    → 約3万円

高く見積もっても、2週間で総額20万円かからない

そして、驚くべきが、大くの学校で3食付いてます(学校によって変わりますが)。

レッスンの総時間も、2週間で50時間以上!

だいたい、欧米の2分の1の価格で留学できるわけです。
これなら、毎年留学に行けなくもない金額ですよね。

また、これから紹介するフィリピンの親子留学で有名な”ドゥマゲテ”というエリアには、親子留学コースがある学校が多いです。

親(1名)と子供様が、1日3時間のマンツーマンレッスンの受けれて1週間で、98,000円という格安ぶりです。

日本から近い

首都マニラまで約3時間半。
時差も1時間だけです。

場所によっては、マニラから国内線に乗り継いだりするので、時間はそこそこかかりますが。

欧米みたいに、時差が10時間とかではないので、子供といつでも連絡がとれます。
親御さんも安心ですよね。

などなど、いかにフィリピンが、”子供の英語留学に適している国”かということを説明しました。

続いて、子供や親子さんのオススメの留学エリアを紹介します!

 

親子留学にオススメのフィリピン ドゥマゲテ

フィリピンの留学やリゾート地として有名なのは、圧倒的に”セブ島”。
でも、ゴミゴミしてたり、治安も少し心配なところがあります。

そこで、フィリピンの親子留学のエリアとして、オススメなのがドゥマゲテです。
理由は、私の知り合いのご家族の方が、素晴らしい親子留学をされていたからです。

まずは、基本情報から。

ドゥマゲテの場所

セブ島の隣に位置しています。
行き方は、日本→マニラ(セブ)→(国内線)ドゥマゲテ 。
日本からは、トータルで5時間半〜6時間かかります。

ドゥマゲテの特徴

1,学園都市で治安が良い!

フィリピンの有名大学もあり、学生が多いことで有名。
ということで、治安が良いし、物価も大都市と比べて安い。
大きいショッピングモールもあります。

2,習ったことを、実践できる環境がある

アメリカの有名雑誌「Fobes」で、
”リタイア(退職)したら住みたい世界の町で第4位”、に選ばれました。

ということで、外国人も多く滞在しており、”英語に囲まれた生活”ができます。

2,観光スポットが多い

歴史的な教会、山には温泉、そして車で20分も走ればキレイなビーチがたくさん。
ダイビングで有名なアポ島では、ジンベイザメと一緒にダイビングなど、アクティビティに困ることはない。

と、文章で特徴をしましたが、なかなかイメージがつかめないですよね。
ある英会話学校の動画が、すごく良かったので、こちらで、どんな感じか見てみてください。

私がドゥマゲテをオススメする理由

私の知人が、親子で留学されました。
その方の影響が大きいです。

上記に紹介した、素晴らしい環境の中で、語学学校を卒業後は、現地の市立学校にお子様を2年間通わされていました。

このお母様は、ドゥマゲテ以外の場所にも留学を経験されていますが、ドゥマゲテが一番良かったとのことです。

お子様達の英語力も、小6で英検2級をとるなど効果もあったからですね。

逆に、何か悪いところはないの?

もちろん、ドゥマゲテにもデメリットはあります。

1,Wifiが弱い

日本のようなインターネット環境は期待できません。
これは、ここだけでなく、他のエリアでもそうですが。

2,詐欺まがいの事件もある

ありえない格安の金額で、学校やアパートの紹介をしてきたりする人もいるみたいです。
どこでも、メリットだけの話なんかないです。
少し値段が高くても、ホームページで評判の良い学校を選ぶようにしましょう。

School withという学校口コミサイトや、学校のホームページは事前によく確認してください。

さいごに

いきなりお子様だけで、留学させるのは不安ですよね。
お母さんかお父さんが一緒の方が、子供も心配しないので、親子留学がオススメです。

また英語の質で、フィリピンが不安な方は、まずはオンライ英会話で実際にフィリピン人のレッスンを受けてもらえれば、その良さがわかってもらえるはず。

こちらの記事で、オススメのオンライン英会話を紹介しています。

【留学前に必ず!】英語初心者が、オンライン英会話で効果的に学ぶ方法とは?留学前にオンライン英会話を受ける重要性を細かく説明してます! 留学が成功するもしないも、事前淳簿にかかってます。 最高の留学にするために、ぜひ、チェックしてくださ!...

日本の英語教育は、”暗記”が基本です。
英語を話す機会がないから、英語を勉強する意味が見いだせないない。

でも、海外に行くと、「もっとこの人と話したい!、だから英語を勉強しないと」と自然に英語を勉強するモチベーションが上がります。

いろんな部分でプラスが大きい留学。
自分も子供ができたら、一緒に行きたいですね。

でわでわ。