フィリピン(英語)

【フィリピン留学 失敗 実例】英語初心者・社会人が避けるべき勉強法や考え方

どもども
 
今回のテーマは、”フィリピン留学 失敗 事例”です。
 
何をもって、”失敗した留学”とするか?は、いろいろと原因があります。
 
考えられるものとしては、
 
 
  • 学校選びに間違った
  • フィリピンでの生活に合わなかった(体調を崩した)
  • 成績が目標に届かなかった

 

私は、フィリピンの語学学校で、約3年間、語学学校の職員として勤務し、多くの生徒のカウンセリングを経験しました。
 
そして、生徒さんが卒業する時に、「なんとしてあげたかった」と、一番責任を感じたこと、、、

それは、”成績が、あまり上がらないまま卒業された”時です

 

留学中に勉強をしなくて、結果がでないのは、仕方ないかなと思いますが、
すごく努力しているのにも関わらず、成績が上がらないのは、何かうまく歯車がかみ合わなかったからです。

私自身、35歳で初めて留学しました。
留学期間は6ヶ月間もあったので、たくさんのスランプを経験しています。
 
 
今回の記事では、学校職員の経験、そして自身の留学の経験をもとに、みなさんにオススメしない留学中の勉強法や考え方を実例をもとに紹介します。

  • 留学を検討している人
  • 留学中にスランプにおちいってる人
は、自身に置き換えて、ぜひ参考にしてもらえればと思います。
 
それでは、まずはこちらから。
 
 
 

留学中にするべきでない態度

先生を見下す

年配の人(30代後半から)に、よくあるケースです。

フィリピンの学校の先生の年齡は、基本的に若い(20代前後)。
なので、先生が教えたことに対して、
「そんなの知ってる!」とか「自分はこれを教えてほしいんだ!」など語気を強めて言ってしまう。

確かに、年下の先生に偉そうに言われるとムカつくこともあります。
英語は、日本語よりもダイレクトに伝わるので、

でも、言い方ってありますよね。

それ以外にも、授業の進め方に対して、無理に主導権をとろうとしたり、逆に説教をしてみたり。
たとえ年齡が若くても、先生は”先生”なので。

「自分は客だから、偉いのは当たり前だ」という考えは日本でしか通用しません。
フィリピンでは、”先生”は尊敬される職業ですし、ただでさえフィリピン人はプライドが高い。

先生との関係性も悪くなることは、英語力を上げる機会を捨てているのと一緒のことです。
注意しましょう。

ただ、反対に生徒が、変にへりくだることも無いです。
明らかに先生の態度が悪ければ、学校にクレームをいれましょう。

先生のミスに対して厳しすぎる

先生の文法に対して、めちゃくちゃ細かくなりすぎるのは避けましょう。
ネィティブスピーカーも文法間違いをたくさんしてます。

例をあげますね。
私が留学である程度、英語が話せるようになった時のことです。
レッスンで、先生が、私の答えの文法ミスを指摘しました。
たしか、”will”と”be going to〜”の使い分けのことだったと思います。
その日のレッスンのほとんどは、「こっちが正しい」、「いや、それは違う」と言い合って終わりました。

で、レッスンを終了して、テキストを見て確認すると、私の方が正しいことがわかりました。
でも、その時、「たかがこんな文法のことぐらいで、レッスン無駄にしてしまったな」と思いました。

先生も、人間です。
たまにミスすることもあります。
でも、そこで鬼のクビとったみたいに、「それみたか!!」と言うと、先生との関係性も悪くなるだけ。

もちろん、ミスの質にもよりますし、ミスが頻繁に発生するとかはダメですけどね。
そんなときは、先生をチェンジするか、学校にクレームしましょう。

先生と文法について、口論になった時の対処法
無理に、白黒をつけるのは避けましょう。
とりあえず先生に「オッケー」って言って、次に進みましょう。
そしてレッスンが終了してから、参考書で調べてみて、もし先生の言ってる事が間違っていたら、翌日に優しく教えてあげれば良いでしょう。
それでも、もし先生が、「自分は間違ってない!」と言い切れば、先生チェンジすればいいだけです。

 

留学中にオススメしない勉強方法

EOPにこだわりすぎる

EOPとは、(イングリッシュ・オンリー・ポリシー)の略。
留学中に母国語を話さず、英語だけを話して生活することです。

せっかく留学に来ているので、英語力を伸ばすためには、本来すごく良い方法ではあります。
しかし、特に初心者の人には、個人的にあまりオススメでないですね。

EOPが初心者にオススメできない理由

①日本人は基本、日本人同士で英語を話すのを恥ずかしがる傾向があるから。
結局、口数が減ってしまうだけになりがちです。

②間違った文法を使って話しても、指摘してもらえないから。
先生でもレッスンを離れると、ミスの指摘はなかなかしてくれません。
特に日本人は人の文法の違いなんて指摘しません。

結局、そのまま間違った言い方が、クセになってしまいます。

最終的には、英語がきちんと話せない、日本語も話せないでストレスだけがたまる結果になりがちです。

ただ、以下のような場合は、EOPでも良いです。

  • 学校自体がEOPをルール化して、みんなが守っている
  • 時間を決めてする(夜までとか)

周りがどれだけ日本語を話してても、EOPをずっとしてる鉄人みたいな人もいますけどね。その意思の強さは、本当に尊敬します。

でも、ほとんど英語を話せない初心者が、英語だけでいきなり生活するのは、精神的によくないです。

そのかわり音読をたくさんしましょう。

きちんとした辞書を使わない

今は、電子辞書だけでなく、有料スマホアプリでも良いものがあり、ほとんどの人がきちんとした辞書を使っていますが。

注意してもらいたいのは、無料の辞書アプリです。

以下のような点でオススメしません

  • 収録単語数が少なすぎる
  • 例文があまり紹介されない
  • Wifiがあるとこでしか使えない

例えば有料のスマホアプリで、”ウィズダム英和辞典”とか素晴らしいものがあります。
3000円位しますが。

せっかく高いお金だして、留学してるので、勉強道具にも投資しましょう。

レッスン時間を多くとりすぎる

留学エージェントの広告で、「えいご漬け!この値段で1日8時間のレッスンが受けれる!」みたいなものを見かけることがあります。

ただ、私も8時間のレッスンを1ヶ月続けたことがありますが、圧倒的にインプット(自習)の時間が少なくなってしまい、逆にあまり成長した気がしなかったです。

具体的にいうと、”単語量が少ないのに、英語をずっと話さないといけない”という状態ですね。

英語を話す時間が多くなるほど、話せるようになるわけではないので、特に初心者にはオススメしません。

留学は多くてもレッスンは6時間で十分です。
英語を話す時間と、自習で単語や文法を勉強する時間のバランスを大切にしましょう。

レベルに合っていない教材を使う

社会人の方で多く見られるケースです。

具体例をあげると、英語初心者が、ビジネス英会話だったり、ディスカッション用のテキスト(論理的な意見を言う練習をする)を使ったりすること。

社会人の方は、せっかくの休暇を利用されて来ているので、最大限の効果をだすために、「少しでもビジネス英会話をしたい!」という気持ちは理解できます。

ただ、自己紹介も満足にできない、単語量が少ない状態で、ビジネスクラスのレッスンを受けても、先生もどう教えていいかわからず、レッスンが成立しません。

自分の実力より、少し難しい教材を選ぶのは賛成です。
「思ってたより話せなかった。。」という悔しい気持ちが、勉強のやる気をさらに上げるので。

ただ、”自分は働いてるから、ビジネス英会話をしたい”という理由で受講するのはやめておきましょう。
もったいないですよ、逆に成果がでなくて。

 

さいごに

今まで、いろんな生徒を見てきましたが、
「何かうまいこといってなさそうだな」
「成績があまり上がってないな」

と見えた人は、先生だったり、友達だったり、人間関係で問題があったように感じます。

いくら本人が頑張ってても、英語は一人だけでは上手になりません。
留学は、”自分を変えるチャンス”でもあるので、少しなんでも丸くおさまるように対応できれば最高だと思います。
 
 
大変なときは、いかにストレスが発散できる場所を見つけてくださいね。
私は、ストレスたまったら、お気に入りのカフェに逃げていました。
 
これが、そのカフェから外を見ていた時の写真。

なつかしいですね。
 
でわでわ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください