フィリピン(英語)

【フィリピン留学 カリキュラム 】1日、何時間のレッスンが最適か?元学校スタッフが解説!

どもども。

何時間レッスン受けたら効果的なんやろ?やっぱり、いっぱいの方がええんやろか?

留学の申し込み時に悩む部分が、受講するレッスンの時間です。

申し込みの際に、学校側や留学エージェントが、
『授業時間MAX8時間とりましょう!!その方が効果あります!』とよく提案をしてきます。

ここで、注意してほしいのは、以下のこと!

レッスン時間が多い  =  英語力が上がるわけではありません!

いくらレッスン時間をとるかは、滞在期間や予算、英語レベルによって変わってきます。

今回の記事では、”最適な一日のレッスン時間”に関して、詳しく説明しますね。

一番悩みどころの、”どのくらいの留学期間にするか?”はこちらの記事を確認してください。

【フィリピン留学】英語が話せるようになる留学期間の目安、おすすめ時期は?どもども。 『留学の期間』や『留学の時期』って悩みますよね? 個人の状況によって変わるので、正しい答えは無いですが。 4年間、...

 

英語レベル別おすすめレッスン時間

英語初心者に、適した1日のレッスン時間は?

固定された時間割がある学校の場合、6時間としているところが多いです。

ただ、多くの学校では授業時間を、どれだけとるか選べます。
だいたい4時間〜8時間の幅で選ぶ感じです

それでは、何時間くらいの授業時間が適切なのでしょうか?
私のオススメを、英語レベル別に紹介します。

英語初心者
→多くても6時間までが好ましい

理由
それ以上の授業時間だと、自習時間が不足するから。
語学を学ぶのに重要なのは、アウトプット(英語を話すこと)とインプット(文法や単語の自習)のバランスです。

また、初心者が最初にしないといけないことは、以下のこと。

  • 基礎文法の勉強
  • 基礎単語を覚える

話せない状態で、8時間のレッスンを受けるのは、疲れるだけです。

例として、8時間の授業を受講した場合の1日のスケジュールが以下です。
いかに余裕の無いスケジュールかわかります。

7:00 起床 朝食
8:00 授業開始(4時間)
12:00 昼休み 昼食
13:00 授業再開 (2時間)
15:00 休憩
16:00 授業再開 (2時間)
18:00 授業終了  夕食
20::00 自由時間。友達と話したり。
24:00 就寝

これを見ると、自習できるのは4時間だけ。
この4時間で、宿題、復習、予習をしないといけません。

6時間のレッスンだと、少しリラックスしても、6時間の自習時間を確保できます。

時間に余裕がないと、以下のようなことになってしまいます。

  • 体調を壊す
  • レッスン中に寝てしまう

初心者はくれぐれも、授業のとりすぎには注意してください。

自習時間を十分にとろう

なぜ、自習時間が重要なのか?
自習時間にすることは、以下の通り、めちゃくちゃ大事!

  • 習った事を復習する
  • 不明点を調べる
  • 暗記すること
  • 宿題をする

「話す時間」と同じ位の、「自習時間」が初心者には必要になります

※反対に、自習ばかりで、授業時間が少なすぎるのも問題です!
 実践が少なすぎても、英語は上達しません。
 バランスが大事!

 

英語中級者以上に、適した1日のレッスン時間は?

 
ここで言う英語中級者とは、英語の日常会話はできるが、ビジネスレベルや、TOEIC700点未満の人。
 
オススメのレッスン時間は、
 

英語中級者以上
→4時間〜6時間まで

理由
初心者と理由は同じく、8時間の授業時間だと、十分な自習時間が確保できなくなるから。

4時間でも良いです。
中級者ぐらいになると、自習時間で何をすべきかわかっているので。
私は、中級者の時は4時間で、空き時間は、フィリピン人先生と話していました。

短期留学に適したレッスン時間は?

ここでの短期留学とは、1〜2周間の留学のことです。

オススメのレッスン時間じは、

滞在が1〜2週間の短期留学
→6〜8時間以上

理由
長期滞在の人と比べて、時間が限られてるいるため。
もし、マンツーマンレッスンを日本で受ければ、レッスン料金は3倍以上かかるでので。

できるだけ、たくさん英語を話すために、多少の無理なスケジュールでも頑張ってほしいです。

1〜2週間の留学では、急な語学力アップは見込めません。
そのかわり、以下の事を思いっきり味わってください!

  • ”思い通りに話せなかった悔しさ

  • ”思った以上に話せた喜び

上記のように感じれるほど、帰国後、英語の勉強のモチベーションが大きく上がります!

 

まとめ

基本的に、MAX(8時間)で授業時間をとるのは、オススメできません。

もし、現地に行って『8時間でも大丈夫!』と思ったら、追加料金を支払って、授業時間を増やせば良いだけです。

逆に、最初に8時間で予約して、留学後に、授業時間を減らす手続きをした場合、キャンセル返金がもらえない場合があるので注意です。

留学で、みなさん気合入ってると思います!
私も、そんな頑張ってる人を応援してます。

しかし、短期留学の人が頑張りすぎて、体調を崩し、残りレッスンのほとんどを安んでしまったのを見て、考え方が変わりました。

留学は、少し余裕ある位が一番良いですよ。

でわでわ