フィリピン

【知らないと失敗する】フィリピン人と恋愛や結婚する前に知ってほしいこと

どもども。
 
日本人が、フィリピン人と知り合う機会が増えてきているような感じがじます。
 
 
観光、仕事、留学。場所は、フィリピンだったり、日本でも。
 
 
私は、約3年間フィリピンに滞在しました。その時に多くの、「日本人とフィリピン人との出会い」を見ました。

 
アジアの中でも、フィリピン人は魅力的なので、日本人が恋愛感情を持ちやすいのもわかります。
 
 
フィリピン人は、下記のように本当に魅力的な人達。
 
 
  • 優しい
  • 明るい
  • 人なつっこい
  • キレイ(女性でいうと)
そういう自分も、フィリピン人の女性に本気で恋しました。振られましたが(笑)、見事に。
 
 
でも、そういった多くの出会いを見て、思ったことは、
 
 
フィリピン人を理解していないと絶対にうまくいかない
 
 
出会った当初は、お互い盛り上がってるので、なんでも乗り越えられそうな気がします。
 

でも、多くの日本人とフィリピン人の男女が、距離の遠さや、文化や価値観の違いで終わってしまいます。

 
同じ国でも、なかなかうまくいかないですからね。外国人となると、なおさらです。
 
では、どうすれば良いのか?キーポイントは、以下のことです。
 
 

お互いの国や習慣、生活環境の違いを理解すること


そのあたりを、フィリピン滞在3年の経験でお伝えします。
たくさんフィリピン人とも、恋話しましたので(笑)
 
※この記事では、恋愛テクニック的なものについて書かれていません。
 
それでは、こちらから!
 
 
 

日本人が知るべき、フィリピン人の性格・価値観

プライドが高い

フィリピン人は、基本的に、子供を叱りません。
よほどの事をしない限り。だから、小さい頃から、怒られ慣れてないです。
 
なので、人前で声を出して怒ったりすると、本当に恨まれてしまいます。
 
 
特にフィリピンで、プライドを傷つけるような行為はタブーです。恋愛に限ったことではなく、仕事でもそうです。
 
 
場合によっては、事件にまで発展する可能性もあります。

なので、少し寛大な気持ちを持って接するようにしましょう。もしどうしても注意することがあるときは、人前を外すとか気を使ってください。

 
特にフィリピンはアメリカ文化の国なので、男性は常に ”ジェントルマン”でいる必要があります。

 

コマめに連絡をよくとる

とにかく、何をそんなに連絡する必要があるのかな?と思うくらい連絡をしてきます。

私の知り合いのフィリピン人女性は、毎日「今から、ランチ食べる!」レベルまで、メールしてました。

なので、付き合うとなると毎日の電話(スカイプ)、頻繁なメールのやり取りは、ほぼ必然になります。(特に最初は)これができないと、「冷たい人だな」と思われてしまいます。

家族愛がすごい

「家族愛がすごい」って本当に良いところです。そんなフィリピン人が大好きですし、尊敬します。
 
ただ、なぜこれを、知っておくべきかというと、日本人よりもその度合い、また、範囲が広いからです。
 
 
まず、フィリピン人に「パートナーと家族どっちが大事?」って聞いたら「家族!」って答える人が多いでしょう。
 
 
私のフィリピン人の友人は、家族のためだけに働いてます。ただ、その家族も、かなり広くカバーされていて、”姉の子供の学費”のためとか。
 
家族のために、買いたいものを我慢し、自分の夢をあきらめているのです。
 
 
また、フィリピンは外国に出稼ぎしている人の数が世界一位の国。
 
なぜ、そんなに多いかというと、
 
 

・フィリピンに仕事がない

・英語を話せる人が多いので、海外で働ける

・給料が高い

という要因もありますが、単純に”家族を養う”ためです。
 
 
少し話がそれますが、年配の人は、”フィリピン人は、夜の世界で働いてる人が多い”ってイメージを持っている人が多いのではないでしょうか?
 
 
確かに昔は、”フィリピンパブ”で働くフィリピン人がたくさんいました。
 
ただ、絶対に理解しないといけないのは、彼らは、好きで夜の世界なんかで働いてません。
 
 
基本的に彼らはものすごく潔癖症です。理由は、家族を養うため。

”家族のためには自分を犠牲にできる”
 
 
そういうフィリピン人の気持ちを知らないまま、簡単にフィリピン人と結婚するのは、非常に危険です。

パートナーになるということは、相手の家族が自分の家族になるということ。
 
 
当然、彼らは、パートナーにも強い家族愛を求めてきます。でも、日本人は、自分の兄弟の子供の養育費のために働くとかは、慣れてないですよね?
 
 
できる範囲とできない範囲は、お互いに話して、最初に決めておかなくてはなりません。
 
 

フィリピン人の宗教観

宗教に関しては、日本人が理解するのは難しいでしょう。私達は、一応、仏教徒が多いですが、基本的に宗教に熱心ではないので。

でも、フィリピン人の場合は、神様(GOD)が生活に密接に関わって生活をしています。

フィリピンの国教であるキリスト教は、大きく分けると、”カトリック”と”プロテスタント”があります。

基本的に、カトリックの方が、生活の中に宗教色が強めにでると言われてます。例えば、”毎週必ず協会に行って祈る”とか。

フィリピンは、約80%の国民がカトリックです。もちろん、ひとによって、信仰心の強さの度合いはありますが。

強い信仰心をもつフィリピン人の場合は、”人生の優先度”が、以下のような順位の人もいます。

  1. 家族
  2. 自分
  3. パートナー(恋人)

パートナーが意外と低いですよね。

自分の経験でも、フィリピン人の宗教心の強さを感じることがありました。

ある日、好きだった人から、教会に行くのを誘われ、一緒に行きました。自分は全く信心深くないですが、”少しでも理解したい”という気持ちがあったからです。

そして、教会に着いて、最初にみんなで、歌を歌いました。歌詞は「神様はすごい」「神様は全知全能だ」みたいな内容。

そんな別に、感動させるような名言でもありません。そうすると、横から、泣く声が聞こえるので、見ると彼女で、大声で泣いてました。

今まで、いろんな感情表現をする彼女を見てきましたが、ここまで、感情をむき出しにするのを見たのは初めて。宗教心の強い人とは知ってましたが。

この時に、なにか距離感を感じたんですね。「この歌だけで泣くくらい宗教の力はすごいのか?自分にはもてないな」と。

みなさんに知ってもらいことは、

フィリピン人にとって「宗教」とは本当に大事なもの。それを日本人が理解するのは非常に難しいということ

フィリピン人との付き合いを本気で考えている人は、”宗教”についての知識も必要と言えます。

フィリピン人との生活環境の違い

フィリピンの毎年の経済成長率は、アジアの中でもトップクラス。

にも関わらず、まだ、豊かな国とは言えません。
災害も多かったり、政治の問題だったり、貧富の差が激しすぎます。

まずは、”フィリピンと日本は、生活環境が根本的にかなり違う”ということを理解しなければなりません。

良い意味でも悪い意味でも、ものすごく違います。

特に、日本でフィリピン人と出会った人は注意です。ぜひ、付き合う前にフィリピンに行ってください。

そして、フィリピンの文化を肌で感じることが重要です。当たり前の話ですけどね。

フィリピンの食生活の違い

写真は、フィリピンの人気ファーストフード店ジョリビーのチキンセットの写真です。ライスが付いてますよね。

これがフィリピンスタイルです。このように食べ方も違うければ、味も違います。

基本的にフィリピン料理は、他の東南アジア諸国とも、かなり違います。

フィリピン料理の特徴としては、以下の通り。

  • 野菜が少ない
  • 脂っこい料理が多い
  • 肉料理が多い
  • 味が甘い

日本人には、あまり合わないと言われてます。
でも、実際にフィリピンに住むとなると、毎日食べないといけない。

もちろん、日本食や韓国料理とかもありますけど。日本より高くつきます。

一番は、自分に合うフィリピン料理を見つけることですね。

金銭感覚の違い

フィリピン人の平均年収は、約43万円。安いですよね。日本人より稼いでる優秀なフィリピン人も山ほどいますが。

ということは、日本人と同じ金銭感覚の人は、ほとんどいないということです。

彼らが、月にいくらで生活しているのか?生活をする上でどういうことにお金がかかるのか?など知っておいた方がいいです。

でないと、一緒の目線で話できません。ちなみに物価は、そこまで安くないですよ。

言語環境の違い

フィリピンの英語教育は非常に進んでいます。
小学生から、英語だけのレッスンもあるくらいです。

とはいえ、英語を話せない人もたくさんいます。
その人達が話すのは、公用語であるタガログ語。

観光や留学で有名なセブは、”セブアノ語”という言葉を主に使います。

私の経験からして、まず、英語だけで、フィリピン人全員とはコミュニケーションはとれません。

タガログ語が話せないと、パートナーの家族とコミュニケーションをするのは難しいでしょう。

たまに、日本語しか話せない日本人が、フィリピン人のパートナーと日本語だけで会話しているのをよく見ます。英語もタガログ語も使わずに。

もし、その人達がフィリピンに住む事になったら、まず不便すぎる生活を強いられるでしょう。

ということで、必ず英語かタガログ語は勉強しましょう。

語学をするなら、フィリピン留学が一番オススメです!値段も欧米に比べると安いので。

フィリピン留学についてはこちらの記事を。

英語初心者や社会人は、フィリピン留学が絶対オススメな7つの理由英語初心者が、最初に留学する国はフィリピンがオススメ!! その理由を、9カ国留学した私が詳しく説明します。...

タガログ語を勉強を勉強したい人は、まず、こちらの記事を見てください。

初心者でも話せる!タガログ語(フィリピン語)簡単な便利フレーズと学習方法どもども フィリピンの現地語はタガログ語! フィリピン語とは言いません。 そのタガログ語の、本当に使えるフレーズだけをまとめました...
タガログ語(フィリピン語)友達や恋人との会話が充実するフレーズ紹介使えるタガログ語フレーズのパート3です。 友達や恋人との会話や、注意するフレーズなど、便利なものばかり集めました!!...

”フィリピン人との恋愛”の難しさがわかる本

”フィリピン人と日本人が恋愛し、結婚したらどうなるか?”本を3冊紹介します。

日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」著者 水谷竹秀

こちらの本は、2011年 開高健ノンフィクション賞受賞した作品。フィリピンに滞在して、日本に帰るお金もない日本人にスポットが当てられてます。

日本でフィリピン人女性と知り合って、フィリピンに追いかけてきたけど、うまくいかず、最終的にお金もなくなるという厳しい経験がいくつも紹介されてます。

しかし、同時に、「誰だってこの人達のようになる可能性がある」と思わされる良書でした。

フィリピン人だけでなく、"外国人と関係を持つことの大変さ”がわかるので、フィリピンに興味がない人が見ても面白いでしょう。

オススメです。

 
 
こちらの本は、日本のフィリピンパブで知り合った女性と恋におちてしまった人の話。
 
「日本を捨てた男たち」よりも、読みやすく、そして、悲惨な内容にはなってません。
 
 
ただ、これを読めば、
 
"どうしてフィリピン人が日本の夜の世界で働かないといけないのか?”
 
”フィリピンの家族の形”

などを理解するにはわかりやすい本です。
 
 
私の感想は、「やっぱり、外国人と付き合うのは大変だな」と思いました笑 教養を身につけるつもりでも読める本ですよ。
 

 

③世界の宗教がわかる本 成り立ち、儀式からタブーまで

この本は、キリスト教だけじゃなく、イスラム教も含めて、宗教について、理解しやすい"本になってます。

"キリスト教がわかる”的な本は、たくさんあります。
でも、歴史の細かい説明いっぱいされても、頭に入ってきません笑

この本はQ&Aスタイルで、「キリスト教が言う”信ずるものは救われん”とはどういう意味ですか?」みたいな感じなので読みやすいです。

少しでも、宗教の理解を広げることができますよ。

さいごに

勘違いしてほしくないのは、別に、フィリピン人との恋愛を反対しているわけではありません。
 
私の周りでも、幸せなフィリピン人と日本人のカップルはたくさんいます。全然、その人達を応援してますし。
 
 
私が、言いたかった事は、2つ。
 
 
①若い人、おじさんが、後戻りできない関係にならないために、まずお互いの違いを知ってほしい

②理解を深めるためにも、語学を勉強してほしい
 
これだけです。
 
 
"どうすれば、フィリピン人に好かれるか?"について書いた記事もあります。こちらもぜひ、合わせて読んでください。
 
 
フィリピンでどんな日本人がモテるか?人気者になれる14の方法(まじめ)フィリピンに4年間滞在経験者が、「どんな日本人が、フィリピン人に好まれるのか?」をまとめました! 嫌われるより、好かれる方が良いですよね。 フィリピンに滞在する予定のある方は必見です。...
でわでわ。