フィリピン(英語)

社会人の5ヶ月留学!日常英会話が可能になった学習方法やスランプ対策とは?

どもども。

この記事は、35歳だった私が、フィリピン留学5ヶ月で、英語が話せるようになった”過程”を紹介する記事です!

最初のレベルは、留学経験無しの英語初心者からのスタート。

前編では、”留学前の事前学習から、留学2ヶ月目まで”について書きました。
その記事が、こちら。

【 社会人 フィリピン留学】35歳の英語力ゼロが、英語が話せるまでの過程(入学前から)英語を話したいと思っている30代〜40代の方へ。 私が35歳から5ヶ月間留学して、英語が話せるようになった勉強法を紹介します! 今回は、留学前から2ヶ月目まで。 英語初心者の英語の勉強のヒントになれれば幸いです!...

今回は、留学3ヶ月目から、5ヶ月目(卒業まで)の勉強の過程についてです。

留学が終了した時点での、私の英語力は以下の通りです。

留学後

  • 日常会話が話せる(ペラペラではない)
  • TOEIC650点(特に対策をせずに)
  • 英語字幕があると、洋画が見れる
  • 英語が第二言語の人(アジア・ヨーロッパ)とは何時間でも話せる
  • 日本人なまりの発音だが、意識すればキチンと発音できる
  • 海外で英語力を問われる就職活動をして、内定を多くGET

この記事の対象者は以下のような方です。

  • 英語を話せるようになりたいけど、やり方がわからない
  • 英語の基礎力があるけど、そこから上達しない
  • 今まで英語を勉強して、途中で挫折した
  • 留学中に、勉強に行き詰まった

留学で実際に実行したことを書いてますが、日本で勉強する人へのヒントにもなれるように書いています。

それでは、まずはこちらから。

 

 

留学2ヶ月を終了しての英語力

留学2ヶ月を終了した段階での英語力は以下の通り。
毎月のスピーキングテストの結果は、下がりはしないけど、大きく上がりませんでした。

  • 流暢に話せない
  • 先生の言っている事が100%わからない
  • 人前で話すのに自信がない
  • 文法通りに話せない

今、思うと、そんなすぐに英語が話せるようになるわけがないので、この頃は、我慢の時期だったと思います。
ストレスはたまるし、勉強しても伸びないイライしていました。

具体的には、以下のような感じ。

  • 英語の上達を感じない
  • 勉強のやる気がでない
  • レッスンにマンネリ化を感じる

このスランプから抜け出すために、行動が必要でした。

 

 

成績が上がらず悩み、実行した対策

スランプ時に、実際に私もした、オススメの対策がこちらです。

コース・カリキュラムの変更

入学してからのカリキュラムは、以下のように変更しました。

  • リスニング・発音(グループレッスン 2時間)

    ディスカッション(マンツーマン 2時間

  • フレーズ・パターン練習(マンツーマンレッスン 2時間)

    ディスカッション(マンチーマンレッスン 2時間)

  • 日常会話( マンツーマンレッスン 2時間)

1、なぜ発音グループレッスンを、マンツーマンレッスンに変更したか?

グループレッスンは、マンツーマンと比べると、発言機会が少なく、英語の上達のためには、もっと話す機会を増やすべきだと感じたからです。
また、2ヶ月間で、ある程度、正しい発音方法を勉強することができたので。

でも、この発音グループレッスンのおかげで、はじめて”英語でレッスンを受ける楽しさ”を感じることができました。
英語初心者には、発音クラスは本当にオススメ!


(発音グループクラスの先生)

 

2,なぜ、フレーズ・パターンの練習からディスカッションに変えたのか?

本にでているフレーズをただ読むだけではなく、自分で文章を考えて、話す練習がもっと必要と感じたから。

パターン練習の目的の一つは、”英語を言うことに慣れる”ということ。
これは2ヶ月で十分達成できました。

留学最初のころは、”言いたいことを英語で話す”ことは難しいので、パターン練習や、カランメソッドはオススメです。

  カランメソッドとは・・・高速の質問と、生徒の瞬時の回答、その回答を教師が助けるという流れを繰り返す、それぞれの質問は、特定の単語や文法に焦点を当てているので、質問に答えることで単語や文法の使用方法を学べる手法のこと。

 

ディスカッションのテキストに変えてから、自分の意見や考え方を伝える練習が始まります!
最初は、意見を求められても、「I think so 私もそう思います」とか簡単な同意しかできませんでした。

それを、”結論→理由→まとめ”と、論理的に話すことが、だいたい1ヶ月〜2ヶ月でできるようになってきます。

ここで言いたいこと

初心者がいきなりディスカッションは難しい。
ただ、英会話を上達させるためにはディスカッションは絶対に必要なので、いつ取り入れるか?は入学当初から目標時期を決めておこう。

 

先生を変更する

積極的にオススメする方法ではないですが、、、

やっぱり先生も人間なので、だんだんレッスンに慣れてくると、ダラダラした感じになることがあります。
それは、生徒もですが。

レッスンが以下のような雰囲気になれば、赤信号です。

  • 間違っても注意されなくなる
  • 宿題をしなくなる、また、しなくても注意されない
  • レッスン中に眠たくなることが多い
  • 先生が自分の事ばかり話して、聞き手に回ることが多い
  • 先生の教え方の意図が感じられない

”先生が自分の話ばかりする”というのは、生徒が質問をして、結果的に、先生ばかり話すことになるのは問題無いです。
それが生徒の希望なので。
でも、一方的に先生が話してばかりはダメです。

もし「これ以上続けても無駄だな」と感じたら、学校にお願いしてみましょう。

先生や学校に変更理由を伝える時は、よほどひどい理由で無ければ、「少しリフレッシュしたい!」で良いと思います。
それで、先生もわかってくれますよ。

最後のレッスンでは、それまで、教えてくれた先生に感謝の気持ちを言うのも忘れないでくださいね。

ここで言いたいこと

先生を変更することは、悪いことではない。
いろんな人の英語を聞くことは、英語力UPになる。

 

海外旅行をする

留学している国とは、違う国に行くということです。
土日や学校の連休を利用すれば良いでしょう。

また、長期留学の人は、レッスンを少し休んで行っても良いと思います。

学校以外のところで、英語を使う事によって、”自分の現在の英語力”を感じることができます。

前より上手くなってたら嬉しいし、下手になってたら、”もっと勉強する!”と勉強へのモチベーションが上がります。
そして、なによりリフレッシュできますよね。

ここで言いたいこと

海外旅行は、”なぜ英語を学びたいのか?”を再確認させてくれるもの。

 

留学3ヶ月目が終了し、英語力が急上昇した原因とは?

毎月のスピーキングテストの結果が⬆急上昇したのは、留学してから3ヶ月が終了してからのことでした。

そして、4ヶ月終了時点のスピーキングテストも、さらに上がり続け、”英語で日常会話ができる”までになりました。

最初の2ヶ月で基礎をしっかりして、3ヶ月目から、”実践的なレッスンや、効果的な自習”をした成果の表れだと思います。

では、どんな実践的な事をしたのか?
効果のあったものを紹介します!

宿題を少なくしてもらうようにお願いした

留学でよくあるのが、宿題の量が多すぎて、予習や復習の時間を作れないというもの。

宿題も大事ですが、自分がしたい勉強をすることも大事。

私の場合は、先生にお願いして宿題を減らしてもらいました。
先生に優劣をつけるわけではないけど、”この先生の宿題はタメになる!”と感じれたものはやっていました。

先生にお願いするときは、「最近、寝不足で体調不良で、、、」みたいに言えば、先生もわかってくれます。

宿題も中途半端、他の勉強も中途半端なのが一番ダメです。

ここで言いたいこと

自分にとって、”これはチャレンジになる”と思える宿題はやりましょう。
逆に意味が全く感じれないものは、やる必要なし。

 

学校のイベント、無料グループレッスンに参加する

留学の最初は、学校の無料グループレッスンや、イベントにはあまり参加しませんでした。

最初に、参加した時、全然話せないし、周りの言ってる英語がわからなかったので。

ただ、2ヶ月を過ぎて、少しは自分の言いたい事が言えたり、レッスン中の先生の言ってる事がわかるようになってから、また、参加するようにしました。

フリークラスに参加する一番の目的は、

”先生に名前を覚えてもらうこと”

私が行っていた学校では、先生の半数は、学校の敷地内に住んでいたので、レッスンが終了しても、その辺にいる先生と話せる機会がありました。

ただ、自分は英語にも自信が無かったので、なかなか自分から話しかけにいけない。

フィリピン人は、陽気で明るいというイメージがあると思いますが、彼らも仕事以外の時間は、話しかけにいくということもありません。
知っている生徒とは話しますけどね。

そうするとレッスン外で、先生と話すにはできるだけ、知り合いを増やす必要があります。
当時の私は、とにかく”英語の会話”をできる機会を探していたので。

少しでも先生に顔と名前を覚えてもらえればと、とにかくフリークラスに参加しまくりました。

効果は抜群で、学校のどこを歩いても、自分の名前を読んでもらえるようになり、今まで話したこともない先生とも、レッスン外で、話す機会が増えてきました。

今までレッスン以外は、日本人の友達とばかり話していたので、一日で英語を話す機会が増えたのは最高でした。

ここで言いたいこと

レッスンだけで語学力を高めることは難しい。
留学では、”自然に英語を話せる環境”を増やしていくことが、とても大事。

 

外や、人目のある場所で勉強する

これは、”私に合っていた方法”なので、全員にオススメするわけではありません。

勉強をする時は、自習室だったり、自分の部屋で集中してするというのが、一般的だと思います。

ただ、自習室とかで、ずーと勉強してると、こんな状態になることってありませんか?

  • youtubeばかり見てしまう
  • すぐに寝てしまう
  • 集中できない

そんなときには、”外で勉強する”がオススメです。

カフェでも良いし、学校内の、テーブルがあるところだったらどこでも。

自分は留学2ヶ月目を過ぎてから、いつも校内にある小屋みたいなところで勉強していました。
上の写真のような感じです、野良犬も一緒にいますが笑

外で勉強する効果は、以下のようなものがあります。

  • 人に見られてる気がして、ダラダラしない
  • 開放感のある場所で勉強してリラックスできる
  • 外国人(先生)と話す機会が生まれる

留学でいったら、学校の先生ですよね。
さっきも言ったように、名前さえ覚えてもられれば、先生に声をかけてもらえて、そこから、英語を話す機会が増えます。

気分転換でも良いので、一度、試してみてください!

ここで言いたいこと

たまには、環境を変えて勉強しましょう。
部屋にこもりっきりだと、ストレスたまります!

 

プレゼンテーションをする

これが一番自分の英語力を上がった方法です。

私は、留学中に5回位プレゼンをしました!
もともと日本語でも、人前で話すのが嫌いですし、英語なので、最初は本当にやりたくなかったですが・・・

ただ、後でわかりましたが、”プレゼンをすること”は英語力を上げるメリットがアリすぎでした。

メリットは以下の通り。

  • 正しい文法が身につく
  • たくさんのフレーズを暗記できる

  • 人前で英語を話すことが、できるようになる

  • 聞いている人を、飽きさせない話法が身につく

「英語プレゼンの重要性、やり方」はこちらの記事で書いています。
ぜひ、チェックしてください。

【英語力が劇的に上がる方法】留学中に英語でプレゼンテーションに挑戦!どもども ”フィリピン留学中に英語力がなかなかアップしない!”と、悩んでる人って多いですよね? そんな人にオススメしたいのが、プレゼ...

 

ここで言いたいこと

プレゼンは、留学中の一番の挑戦!
時間もかかるし、難しいけど、やれば、メリットが大きすぎる

 

フェイスブックを始める

フィリピン人は全員がフェイスブックをしているのでは?と思うくらい、利用している人が多いです。
インスタグラムやLINEも流行っていますが、フェイスブックが一番。

フェイスブックをしていると以下のようなメリットがあります。

①先生と仲良くなれる機会がある
フェイスブックをしているだけで、先生から友達申請がくることがあります。
話したことがなくても笑。
こちらからも、いろんな先生に、どんどん友達申請していきましょう!
「この前、申請(承認)有難う!」みたいな感じで話すきっかけになりますし。
先生の英語の投稿を見るのも良い勉強になりますよ。

②卒業しても連絡が取れる
学校を卒業しても、しばらくの間、先生がメッセージくれてました。
フィリピン人の先生は、在学中もそうですが、卒業したら友達みたいな関係になります。

メッセージくれるだけで嬉しいのに、英語でのやりとりになるので、勉強にもなります。
卒業後に英語力維持できたのも、先生からのメッセージおかげでした!

③イベントがあった時に、英語で投稿する
フェイスブックをしていて、あまり投稿しない方もいます。
でも、留学中は、英語での投稿に挑戦してみましょう。
自分の気持ちを英語にすることは、英語力向上に効果的です。
フィリピン人から、いっぱい”いいね”もらえますよ。

ここで言いたいこと

フィリピン留学に行くことが決まったら、フェイスブックを開始しましょう。
メリットしかないです。

 

フィリピンでTOEICテストを受ける

フィリピンでもTOEICのテストを受けることができます。
自分の現状の英語の実力、どれだけ英語を伸びたかを確認できるので、結果にかかわらず、勉強のモチベーションが上がりますよ。

しかもフィリピンでTOEICを受けると、日本と比べて以下のようなメリットがあります。

  • 受講費用が割安。
    フィリピン2300ペソ(約4.800円)、日本が5,725円。

  • テストの返却が1週間位と早い。
    日本では、1ヶ月かかる。

  • 1ヶ月に1回、開催されている。
    日本は毎月、開催されていない。

フィリピンでTOEICテストを受ける場合は2通りあります。

  1. 留学先の学校で受ける
  2. フィリピンのHOPKINSにネット経由で申し込む

①に関しては、留学先の学校が大型校であれば、定期的に校内で公式のTOEICテストを受けれるところもあるので、問い合わせ時に確認してみましょう。

あとは、②のフィリピンでTOIECテストを開催している機関に直接申し込む方法です。
手順をこんな感じ。

フィリピンでネット経由で申し込む場合の手順に関しては、こちらの記事が詳しく書かれてるのオススメです。
全然難しくないですよ。

[画像付き解説] フィリピンでTOEIC公式テストを受験する方法まとめ

私も、フィリピンで3回受けました。
しかも、なぜか受けたテストが全て旧式のテストだったので、ラッキーでした!
(2017年の時点)

ここで言いたいこと

なんだかんだ言っても、企業が、日本で英語レベルをはかるものさしは、TOEICのスコア。
700後半あれば、アピール材料になる。
せっかく英語勉強をしてるので、TOEICも受けてみましょう!

 

留学中にオススメしない行動や考え方

こちらの記事にまとめました。

【フィリピン留学 失敗 実例】英語初心者・社会人が避けるべき勉強法や考え方留学での失敗というと、いろいろありますが、「英語力があがらなかった」が一番の問題ではないでしょうか? 多くの実例をもとに、留学で失敗しないための方法をまとめました。...

 

初心者が中級者になるためのオススメ参考書

基礎文法を勉強して、ある程度、単語力もついてきたら、あとは、とにかく”英語を話すこと”に慣れないといけません!

中級者用に、”英会話力を上げる”オススメ参考書をまとめたのが、以下の記事です。
TOEIC800点位をとりたい人向けの参考書も紹介してますよ。

【日常英会話力が上がる参考書】中級者におすすめ!これで自習し、あとは実践だけどもども 若い頃から、「英語が話せるようになりたい!」と英語の参考書を買いまくりました。 50冊以上は絶対買ってます。 その中で本...

英会話力向上のためのスマホアプリ

英語力向上のためのスマホアプリは、本当に多いです。
でも、私は、なかなか長続きしませんでした。
youtubeとかに、逃げてしまうからでしょうか?笑

そんな私でも、長く使っていた神アプリがあるので紹介します!

リアル英会話

Real英会話

Real英会話
開発元:LT Box Co., Ltd.
¥600
posted withアプリーチ

このアプリは、沖縄で英会話を教えているカナダ人のテリー先生が作ったアプリです。

何がすごいって、「こんなフレーズ使いたい!」って思える日本人らしいフレーズをゴロゴロ紹介してくれてます!

例えば、

  • 「ドン引きした」   ・・I`m turned off 
  • 「笑いが移ったよ」・・I`m laughing because you are 
  • 「さすが!!」・・・・That`s impressive 

画面で見るとこんな感じです。
しかも、カテゴリにも分けられてます。

しかも、全てのフレーズが、短い会話で紹介されています。

例えば、「D`ont worry about it ! 心配しないで良いよ」のフレーズだと

人物A「I`m not sure if I can come this weekend」 
 今週、行けるかどうかわからないなぁ」

人物B「I`ts okey , If you have other plan , Dont worry about it !
いいよ、予定があるなら。心配しないで

そして、これは音声でも聞けます。

オススメの使い方
良いフレーズには、ブックマークをつけれます。
そして、お気に入りした ”フレーズの会話”の音声を、連続再生機能で聞いていきます。
移動中とか、何か用事しながら聞いたら、リスニングの強化に良いですよ。

このアプリの残念なところは、アンドロイドはないこと。
それだけです!

TED

“TED”とは、世界の著名人のプレゼンを配信しているプログラムのことです。

昔、NHKでも放送していたので、見たことあるかもしれないです。 スピーチの上手な人の英語を聞くのは、すごく勉強になります。 言い回しとか、単語、フレーズなど。

こちらの記事で、TEDを利用した勉強方法を紹介していますので、チェックしてください!

【TED 英語初心者用】英会話力が上がる、10分以内の名作スピーチ8選どもども。 みなさん、TEDって知ってますか? "TED”とは、世界の著名人のプレゼンを配信しているプログラムのこと。 昔、NHK...

まとめ 続ければ英会話はできるようになる!

これらの勉強を通して、4ヶ月終了時点で、”日常英会話”が話せるようになりました。

ただ、最後の5ヶ月目は、テストの点数が伸びませんでした。
次の壁ですね。

おそらく次の壁の英語力はこんな感じです。

  • TOEIC800点後半以上のスコア
  • 映画が字幕無しで見れる
  • ネイティブスピーカー(欧米人)と問題なく話せる

でも、逆にいうと、上記のような英語力がなくても、海外で働くことができて、日常会話は話せます。

みなさんも、ぜひ、トライしてください。

そして、初心者の英語留学は、フィリピンが断然オススメです!
この記事の表紙の写真の女性が、私が、一番、お世話になったジャニーン先生。

厳しく、メリハリの効いたレッスンをしてくれました!
レッスン中にも2回位泣きましたね笑
先生は一生懸命教えてくれてるのに、うまくできなくて、情けなくて。

でも、そんな泣く位、感情をゆさぶるレッスンをしてくれる先生が、フィリピンにはたくさんいます。

この記事で、みなさんの留学が、より充実したものになってくれれば最高です!

でわでわ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください