フィリピン(英語)

【英語力が劇的に上がる方法】留学中に英語でプレゼンテーションに挑戦!

どもども

”フィリピン留学中に英語力がなかなかアップしない!”と、悩んでる人って多いですよね?

そんな人にオススメしたいのが、プレゼンテーション(以下、プレゼン)!

私が留学中に、英語力アップのために、いろいろ試行錯誤しましたが、プレゼンが一番効果がありました!

英語でプレゼンなんか無理!日本語でも人前で話すの苦手やし

わかります!
私も、はじめは英語のプレゼンに抵抗感ありまくりでした。

そして、最初のプレゼンはボロボロ。
先生からダメ出しされまくりで、凹みましたが、、、

プレゼンを数回することで、
結果的に、自分でも驚く位、学校の毎月の実力テストの結果が上がり、レッスンでも、流暢に話せるようになりました。(嘘でなく)

ということで、この記事を読んで、プレゼンをするきっかけになってほしいと思っています!

記事の内容

  • プレゼンをしたら、どんな英語力が伸びるのか?
  • プレゼンの準備の仕方
  • プレゼンを成功させるための方法

超英語初心者対象の記事ではありません。

この記事の対象者

  • 英語の基礎勉強が終わっている
  • 勉強しているが、なかなか上達が感じれない
  • 留学中の人

それでは、まずはこちらから!

 

英語でプレゼンをしたら、どんな英語力が伸びるのか?

プレゼンをすることで、伸びる英語力は、以下の通り。

  • 英文を作る能力が上がる

  • 正しい文法の理解や、ボキャブラリーが増える

  • 人前での効果的な話し方がわかる

  • 英語の日常会話力が上がる

  • 人前で英語を話しても、緊張しなくなる

プレゼンを一つするけで、これだけ効果あります。

また、プレゼンは重ねれば、重ねるほど効果あります。

では、どういう過程でこれらの英語力がついていくのか?を細かく説明します。

 

英語プレゼンの流れ

英語プレゼンをすると決めてからの手順は以下の通り。

  1. テーマを決める
  2. 台本を作る
  3. 先生に台本をチェックしてもらい、修正する
  4. プレゼンの練習をする
  5. プレゼンをする

一つずつ、説明しますね。

テーマを決める

基本的に何でもいいです。
自分が興味があるもので、伝えたいと思うものなら。

オススメのテーマは、

  • みんなが共感できる(恋愛・グローバルな社会ネタとか)
  • 世界の文化を紹介する(日本も含めて)
  • あなたはどっち派?みたいな議論ができる
  • 体験談(ホラー、恋愛など)

以下のようなテーマは避けましょう。

避けるべきテーマ

  • 日本の企業名や地名がいっぱいでてくる
  • 日本人しかわからない
  • 偏りすぎた自分の趣味
  • 資料作りに時間がかかる

聞いている人が、その場面をイメージできない内容は、つまらない。

理想は、プレゼンが終わった時に、いろんな人から質問や感想がでてくるようなテーマ。

また、あまりにもプレゼン用のパワーポイントに時間がかかるテーマもオススメできません。
資料作りで、英語の勉強の時間が確保できなくなったら、意味がないです。

テーマはシンプルな方が良いですよ。
ちなみに、自分が実際にしたテーマは、

  • 世界のおもしろジェスチャー
  • 世界のおもしろ住宅
  • ”流行”を作るにはどうすれば良いか?
  • どんな男性が、女性に好かれるのか?
  • こんなスポーツ大会は嫌だ!
  • 今まで見た信じられない光景

などなどです。
結構、盛り上がりましたよ笑

台本を作る

効果
英文を作る能力が上がる

まず、決定したテーマの台本を、日本語で作ります。
そして、それを自分で英語にします。

この台本を英語にする時に、辞書や参考書を使って英作しますが、これが、英語力を上げます!

なぜかというと、”自分の考えてること、話してること”を英作してるから。
自分に関連したボキャブラリー、口語フレーズを覚えるチャンスになります。

そして、書くことによって、会話の時より、文法に対して注意深くなります。
会話をしてたら、文法とかおかしくても、そのまま流れがちになるので。
人前で発表するからには、キチンとした文法で伝えなければという気持ちが働くからでしょう。

先生に、台本をチェックしてもらい、修正する

効果
正しい文法の理解や、ボキャブラリーが増える

自分で作った英文を、先生にチェックしてもらいましょう。
そして、文法の間違いや、もっと適切なフレーズを教えてもらえます。
文法の間違っているところを、なぜ間違ってるか?を参考書で確認しましょう。

この台本を修正する過程は、自分の文法力や、ボキャブラリーの無さを自覚でき、弱点を克服できるチャンスです。

 

プレゼンの練習をする

効果
人前での効果的な話し方の理解ができる。
暗記したフレーズが日常会話で使える。

 

プレゼンの練習では、以下の2通りで練習します。

  1. 先生の前でリハーサル
  2. 一人で練習する(音読)

 

①先生の前でプレゼンのリハーサルをして意見をもらう
先生の前で、プレゼンのリハーサルして、以下の事に対して

  • 発音
  • ジェスチャー
  • リズム・声の抑揚

一人では、気づけないことばかり。

プレゼンを聞いている人が、より内容に集中できるような、アドバイスをもらえるはずです。

 

②”一人で音読する過程”が、一番、英語力の上がるポイント
ここでするのが、”音読”

英語力が高い人は、”音読”が英語が話せるようになる一番の方法と言います。

  音読とは・・・声に出して、英語を読み上げること

普通、音読をするのは、テキストの英文を読み上げたり、有名人のスピーチを真似したりするのが一般的です。

ただ、このプレゼンの練習の場合は、自分が作った台本を音読するので、テキストの文章より気持ちが入って、音読ができます。

台本を音読するときは、以下の流れで。

台本を見ながら音読

→ 台本を見ないで音読し、詰まったら台本を見る

→ 最終的に、見ないで音読できるようにする

目指すは、台本の暗記。

台本の暗記が難しい場合は、いつも詰まるところをメモしましょう。
カンニングメモですね。
そして、詰まった時も、そのメモを見れば、続きを思い出して、最後まで音読できるようにします。

私は、音読をよくひと目につかない場所で、音読していました。
暗記するように繰り返し音読することが、プレゼン成功の分かれ目になるので、時間をかけて頑張ってください。

そして、ここで暗記した文章やフレーズは、日常会話の中でも使えるようになります。

プレゼンをする

本番は、めちゃくちゃ緊張すると思いますが、練習どおりにできるように、がんばりましょう。
最初のプレゼンは、カンニングメモを見ても良いと思います。

私は最初は、手も脚も震えました笑

でも、プレゼンの回数をこなしていくと、緊張しないで人前で話せるようになります。
そうなれるまで、プレゼンを定期的にしてください。

効果
緊張しないで、人前で英語を話せるようになる。

ここで避けたいのは、台本を見ながらプレゼンをすること!

これをすると聴いている人に、言いたい事がきちんと届きません。
棒読みになりがちだからです。

 

プレゼン上達のポイント

私が実際に、先生からプレゼンの時に注意された、アドバイスを紹介します。
プレゼンが上達するだけでなく、英会話上達にも必要なことです。

ジェスチャー、アイコンタクト、フィラー

この3つが、プレゼンを練習する時に、先生からよく注意されました。

ジェスチャーについて
身振り、手振りのこと。
ジェスチャーを増やすことで、聴いている人をプレゼンに集中させることができます。
強調したい部分などで、手を広げたり、叩いたりしてみましょう。

アイコンタクト
下を見ながらだったり、台本を見ながらプレゼンすると、聴いている人は、プレゼンに集中できません。
プレゼンを見に来ている人達の目を、見ていきましょう。

フィラー
英語を話してる時に、「あ〜〜」とか「え〜〜」を言ってしまうことです。
これも聴いている人の集中力を無くしてしまいます。
気をつけましょう。

質問を入れてみる

プレゼン中に、聴いている人に質問をしてみましょう。

聴いている人の集中力があがります。
「自分も質問されるかも、、、」という心理になるからですね。
一つか、二つ、プレゼンの中に入れるのがオススメ。

TEDの出演者のマネをする

"TED”とは、世界の著名人のプレゼンを配信しているプログラムのことです。
YOUTUBEでも検索すると、たくさんの良質なスピーチ動画を見つけれます。”

著名人の人達は、人前で話慣れていることもあって、スピーチがうまい!

スピーチの上手な人達の動画をたくさん見て、言い回しだったり、ジェスチャーの仕方を真似してみましょう。

こちらの記事で、勉強しやすいオススメTEDスピーチを紹介しています。

【TED 英語学習 初心者用】聞きとりやすい10分以内の名作スピーチ8選どもども。 みなさん、TEDって知ってますか? "TED”とは、世界の著名人のプレゼンを配信しているプログラムのこと。 昔、NHK...

さいごに伝えたいこと

とにかく、留学中に1回はプレゼンしてください!!

プレゼンと聞くと、大人数の前でするものと思いがちですが、そこにこだわる必要はありません。

私の場合は、最初は4名程集めての小規模なもの。
自分の友達にお願いして、「ちょっと聞いてみて!」ってお願いしても良いです。

なんだったら、レッスンの先生だけでも良いです。

「人前で話すのは自分の性格に合わない」と思ってプレゼンをしたくない人の気持ちも理解できます。

ただ、留学中は、”自分を変えるチャンス”でもあります。
いつも避けていることに、あえて挑戦してください。

下手くそなプレゼンでも、誰も笑ったりしません。
自分の場合は、フィリピン留学でしたが、フィリピン人は、優しいし、彼らは絶対にチャレンジした人に拍手をする人達です。

繰り返しますが、プレゼンをすると、本当に英語力が伸びます!

私がアジアで就活したとき、英語の面接がありましたが、問題なくできました。
これは間違いなく、プレゼンの効果です。

ぜひ、挑戦してみてくださいね。

ではでは