留学ガイド

【おすすめ留学先はどこの国? 英語編】実際に留学した8カ国を比較

どもども。

今まで9カ国12の学校で留学を経験しました。

体験レッスンの数も含めると11カ国になります!

「なんで、こんなに留学行く必要あるの?」って感じですね?(笑)

そのあたりの理由を知りたい方は、こちらのに詳しく書いてますので、よろしければどうぞ。

【人生を変えたい】英語力0のアラフォー社会人が留学、海外就職をした理由どもども 私は、今年で40歳。 いわゆるアラフォーです。 35歳で初めての留学を経験し、今まで8ヵ国、13の学校で留学しました。 ...

 

とにかく留学は次の2点の理由で、人生で一度は経験してほしいものです。

  1. 圧倒的に効率よく言語を習得できる
  2. 海外での生活を通して、考え方や生き方が劇的に変わるチャンスがある

 

ただ、”留学をすることは決めた!”としても、どの国に行くのか迷ってしまいますよね?

そこで、私が今まで留学した国の特徴をまとめ、留学エージェントが書けないような正直な部分を書きました。

この記事は、”英語留学”でのおすすめ留学先になります。

中国語・ロシア語のオススメ留学先の記事はこちら

【おすすめ留学先は? 中国語・ロシア語編】実際に留学した8カ国を比較どもども。 今まで9カ国12の学校で留学を経験しました。 体験レッスンの数も含めると11カ国になります! 「なんで、こんな...

 

この記事は以下のような方にオススメ!

  • これから留学を考えている
  • 人生を劇的に変えたい
  • 何かスキルをみにつけたい
  • 働きながら、英語の勉強をしたい
  • 海外旅行をもっと充実したものにしたい

どうしても自分の好みが反映されている記事になりますのでご了承ください。

ここで紹介する留学の種類としては、短期1周間〜半年位の語学留学です。
長期1〜2年、海外の大学等での留学は紹介していません。

それでは、まずはこちらから。

 

おすすめ留学先の比較 英語留学

昔は英語留学といえば、アメリカ・カナダ・オーストラリアでしたが、このブログでは、初心者の英語留学は東南アジアをオススメしています。

なぜなら、日常英会話レベルの英語力習得を希望する場合、東南アジアの方が圧倒的にコストパフォーマンスが良いからです。

フィリピン

<こんな方に、フィリピンはおすすめ>

  • 英語初心者
  • 海外経験があまり無い
  • 1〜2周間の短期留学をしたい社会人

 

近年、留学先として一気にメジャーになったのがフィリピン。
特にセブ島は、英会話学校が乱立して完全に飽和状態になっています。

費用(1ヶ月) 約20万円前後(マンツーマン6時間)
気候 年中ほぼ夏。
物価 安い 。コーラー(約63円)
公用語 タガログ語(英語もほとんど通じる)
治安 言われているほど危険ではない

※費用は航空チケット代は含んでいません

<メリット>

①ほとんどのレッスンが、マンツーマンレッスン
他国で、マンツーマンで受けれるところは少ないし、できたとしても費用がかかる。

学校のカリキュラム、先生がしっかりしている
日本人経営の学校が多く、日本人に合ったカリキュラムがある学校が多い。
また、先生もよく教育されているので、日本人のわがままも受け止めてくれる。

③欧米に留学する2分の1の費用で留学できる
アメリカ、イギリス、オーストラリアと比べたらという意味。

④英語がどこでも、基本通じる
習った英語を実践できる機会が多い。

⑤日本から近い
飛行機で約4時間。時差はマイナス1時間。

<デメリット>

①食事がそんなに美味しくない
東南アジアの国の中で、日本人の口に合わないのがフィリピン料理。しかし、セブなどは日本食・韓国レストランも多いので困ることはない。

②治安は、他国と比べると少し悪い
夜遅くまで繁華街で遊ばないなど、注意してたら全く問題ない

③良い学校も多いが、特徴のない学校も多い
留学エージェントに任せないで、学校の口コミなどを確認すること

④観光地が少ない
場所にもよるが、すぐに海に行ける距離にある学校は少ない。

<ギャラリー>

私が初めて留学した場所がフィリピン。
5か月の留学で日常英会話は話せるようになりました。

自分の英語レベルを、日常会話レベルまで伸ばしたい方には、一番オススメです。

プログラミング留学を提供している学校も多い

詳しくはこちらの記事を見てください。

【初めての留学】英語初心者や社会人は、フィリピンがオススメな7つの理由英語初心者が、最初に留学する国はフィリピンがオススメ!! その理由を、9カ国留学した私が詳しく説明します。...

 

 

インドネシア(バリ島)

<こんな方に、バリ島はおすすめ>

  • 勉強と観光を両方したい
  • 海外経験があまり無い

個人的にこれから、フィリピンより人気でそうなのがバリ島!
かなりバランスが良い留学先です。

費用(1か月) 約27万円前後(マンツーマンとグループ)
気候 年中ほぼ夏
物価 やや安い コーラー(約88円)
公用語 インドネシア語(英語もかなり通じる)
治安 良い

 

<メリット>

①マンツーマンレッスンが受けれる
フィリピンよりもやや割高だが受けれる。
先生の発音もきれい

②観光地が多い
バリは世界有数のリゾート地。ビーチや、芸術の村ウブドなど見どころだらけ。

③英語も、まあまあ通じる
観光地だけあって、お店などでは英語は問題無し。

④治安が良い
遅い時間まで遊んだりしなければ、全く問題ない

 

<デメリット>

①学校の数が少ない
一つ良い学校があるが、学校数が少ないので選択肢がない

②派手に遊ぶとかなり金がかかる
バリ島はエステや、マリンスポーツも盛んなので。
遊び過ぎたらダメなのは、どの国も一緒。

<ギャラリー>

留学先として、デメリットが本当に少ないところ。
ただ、前述の通り、まともな学校が少ないため、これから増えていくと全体のサービスレベルが上がり、もっと良くなっていくはず!

バリ島留学の体験レッスンはこちらの記事を見てください。

バリ島 英語留学 Bali Bali English4つの魅力とは?体験レッスン受けましたバリ島のナンバーワン英会話学校 BaliBali English. ここで、体験レッスンを受けてきました! あまりにも、クオリティが高かったので紹介します! フィリピン留学と並ぶメジャーになるかも!...

 

 

タイ(チェンマイ)

<こんな方に、タイはおすすめ>

  • 英語の勉強と自分の仕事もしたい
  • 海外経験があまり無い
  • とにかく快適さ重視
  • カフェ好きの女性

微笑みの国タイでも英語の勉強ができます。
場所は、首都バンコクより、チェンマイがオススメ!
いごこちの良さではアジアでは、ナンバー1です!

費用(1か月) 約7万円(グループレッスン 宿泊代・食事は別)
気候 年中ほぼ夏
物価 やや安い コーラー(約66円)
公用語 タイ語(お店では英語もかなり通じる)
治安 かなり良い
 

<メリット>

①世界のノマドワーカーが住みたい都市ナンバー1
ノマドワーカーが絶対に必要なのは、良いWifi環境、治安、食事、物価の安さ。それが全部そろっているのがチェンマイ。

2食事が美味しすぎる
日本人の口にあうタイ料理。日本食レストランも多いので、困ることはない。

④ホテル代が安い
ゲストハウスが多いので、他の国では〜千円するところも、1000円前後で宿泊可能(ドミトリー)。また、ホテルのクオリティも高い。
部屋を借りるのもあり。

⑤治安が良い
夜は道が暗いけど、普通にしていればまず問題ない。

 

<デメリット>

①習った英語が活かしやすい場所ではない
旅行英会話であれば十分使えるが、会話となるとそれを実践する場所は少ない

②英会話学校が少ない
日本人経営のところが一つしかない。

 

<ギャラリー>

正直、”英語を本格的に勉強したい人”には、他の国がオススメです。

ただ、”忙しく日本で働いていて、海外でリフレッシュもしながら、英語を勉強する”といった感じの方には、チェンマイはベストな場所です。

また、私が紹介している学校では、日本人の先生が文法を教えるので、”いきなり英語で、英語を習うのは怖い”という超初心者にもオススメです。

私が体験レッスンを受けた記事はこちら。

【タイ チェンマイ 英語留学 】日本人が文法を教えるTES英会話!タイはチェンマイで”英語留学”はどうですか? 良い学校を見つけてきました! 学校名はTES, 格安で日本人の先生もいる学校です! くわしくは記事を見てください!...

 

 

マレーシア

<こんな方に、マレーシアはおすすめ>

  • ツイニングプログラムを利用したい
  • 多国籍の先生から英語を教わりたい
  • マレーシアを拠点に、近隣の国にも行きたい

※ ツイニングプログラムとは?
マレーシアの大学で3年間勉強して、最後の1年、提携先イギリスやオーストラリアの大学で勉強すると、その大学の卒業資格が得れるというもの。
マレーシアでは、ツイニングプログラムができる大学が多い。

 

東南アジアでも比較的、発展しているマレーシア。
中華系・マレー系・インド系の3民族から形成されているので、各民族の文化が反映された生活を体験できます。

この記事では、首都のクアラルンプールへの留学を想定してます。

費用(1か月) 約24万円前後(グループレッスンとマンツーマンレッスン 宿泊・食事費含む)
気候 年中ほぼ夏
物価 やや安い コーラー(約75円)
公用語 マレー語(お店では英語もかなり通じる)
治安 普通
 

<メリット>

①比較的、快適な生活ができる環境がある
整備された交通インフラ、近代的なショッピングモールが多い。

②観光地が多い
古都マラッカや、リゾート地ペナンなど、世界的に有名な観光地が多い。
また、週末に近隣の国にも行ける

③食事が美味しい
中華料理や、インド料理など、多種多様な食文化にふれれる。

④英語が通じる
アジアでは、シンガポールについで英語が通じる国なので、習ったことが実践できる環境。

<デメリット>

①微妙な治安
留学エージェント等が、マレーシアは治安が良いと言ってますが、私が留学してた時に聞いた内容は、物騒な話もアリ。
基本的に良いのは間違いないが、夜道で暗いところも多いので注意が必要。
災害が無いのは良いこと。

②レッスンは、ほとんどグループレッスン。
英語の超初心者に、いきなり英語だけのレッスンは難しい。

③アジアの熱気が感じられない
これは私の好みの問題。
3民族がお互い仲悪いので、なんかその暗さがでてる。
騒がしくないのは、国が成熟している証。

 

<ギャラリー>

今まで「マレーシア留学良かった!」という意見も聞きましたが、他の国と比較した時に、どうしてもオススメすることが難しいです。

自分が行った学校が良くなかったからですけどね。
周りの日本人も文句言ってたので。

ただ、中国語留学もできるみたいなので、いつか行ってみたいです。

そんなマレーシア留学の記事はこちら!

【マレーシア留学】マンツーマンレッスンで有名な、あの語学学校の感想!マレーシアでマンツーマンレッスンの学校に行った時の体験記です。良いところも悪いところも正直に書きました。...

 

インド (英語とプログラミング)

<こんな方に、インドはおすすめ>

  • 英語とプログラミング両方勉強したい
  • 今まで経験したことが無い体験をしたい
  • できるだけ人と違うところに留学したい
  • 学生の方

絶景もあれば、直視できないような光景も見れる何でもありなインド。
IT大国ということもありプログラミング留学が有名ですが、英語も学べます。

費用(1か月) 約17万円(グループレッスン 宿泊代・食事は別)
気候 夏は暑いが、冬は寒い
物価 やや安い コーラー(約65円)
公用語 ヒンドゥー語(お店では英語もかなり通じる)
治安 良い
 

<メリット>

①インドで生活できれば、どこでもできる自信がつく
これは別にインドの生活が、他国と比べて遅れているわけではない。昔に比べると、驚くほど経済発展をとげているので、首都のデリーでは快適な生活ができる。ただ、厳しい気候環境、また、とてつもなく大きい国なので、移動などを通してタフさが身につく。

②観光地が多すぎる
有名なタージ・マハル、ガンジス川だけでなく、山もあれば海もあれば遺跡もあって見どころ満載の国。

④英語やプログラミングが学べる
インド人で大学をでている人なら英語は話せる。
また、ITエンジニアの数が世界一なので、プログラミングが学べるところが多い。

<デメリット>

①気候が厳しい
夏の暑さは想像を絶するものであり、冬はびっくりするほど冷える。
海外に慣れている人でも、体調管理は大変。

②食事に制限が多い
大きい都市であれば、日本食や多国籍料理が食べれるが、高い!
逆にカレーであれば、安く食べる!しかも、美味しい!
でも、1か月超えると飽きる!
また、基本、牛肉や豚肉を食べるのは宗教上、大変。

<ギャラリー>

インドは自分が20歳の頃に初めて行った海外であり、それがきっかけで海外にはまりました。

よくインドに行けば、”人生観が変わる”と言われますが、行った全員が変わるとは思いません。

でも、なにか”変わる雰囲気”がゴロゴロしている雰囲気がしている国であるのは間違いないです!

そんなインドに留学した記事はこちらです。

【インド IT 英語留学 MISAO】費用や感じたメリットとデメリットどもども。 3ヶ月間の留学が終了しました! ほんと、あっという間でしたね。 今回の記事では、『インド留学 まとめ』ということで、イ...

 

 

イギリス

<こんな方に、イギリスはおすすめ>

  • 2カ国目の留学先を探している
  • ヨーロッパで留学したい
  • 留学しながら、ヨーロッパのいろんな国に行きたい
  • お金に余裕がある

イギリスのマンチェスターに1か月留学しました。
最高だったけど、、、、という感じです笑

費用(1か月) 約30万円前後(グループレッスン 食事は別)
気候 夏は暑いが、冬は寒い
物価 高い コーラー(約200円)
公用語 英語
治安 普通
 

<メリット>

①街を歩いているだけで感動する
大げさでなく、全てがオシャレで、歴史を感じれる。
いろんな人種の人が歩いてるし、見てるだけで飽きない。

②週末はヨーロッパ諸国に弾丸旅行
物価の高いイギリスだが、1万円前後で航空券を買って他国へ行くことができる。自分は、週末にクロアチアとリトアニアに行きました。

④多国籍の友人ができる
同じクラスには、アジア系、ロシア系、中東系いろんな人種がいる。
自分の場合は、日本人が自分一人だけだったのも、逆にいろんな人と知り合えて良かったです。

<デメリット>

①英語初心者には向かない
まったく英語ができない人が、いきなり英語だけに囲まれるのは、何もできなさすぎて厳しい。アジアの留学で、少し英語に慣れてから行くのをオススメ。

②物価が高すぎる
ファーストフード店でハンバーガーセット食べても1000円前後もかかる。
貧乏学生にはつらい、しかも美味しくない。

③日本と時差が大きい
日本より約8時間進んでいる。
日本の家族や友達とも連絡がとりづらい。

④イギリス英語に慣れるのに時間がかかる
義務教育でならっている英語は、アメリカ英語です。
発音がかなり違うので、最初は戸惑うでしょう。

<ギャラリー>

イギリス留学は、本当に夢のような時間でしたが、「留学先として、オススメか?」と聞かれると疑問です。

やはり英語初心者には少々ハードルが高いかなと。
それと費用が恐ろしくかかります。

お金に余裕があったり、アジア留学で少し英会話に慣れてからなら、超オススメです!

そんなイギリス留学の記事はこちら!

2カ国目の留学先は、イギリスが最高!4つのメリットとデメリットを解説イギリス留学についてです。他の国の留学と比較して、メリット、デメリット を詳しく紹介してます。...

 

 

アメリカ・カナダ・オーストラリア留学について

私自身は、アメリカ・カナダ・オーストラリアの留学、また、ワーキングホリデーはしたことがないので、体験談は語れません。

ただ、以前にフィリピンの語学学校で働いていた時に、上記の国に留学経験がある人、また行く予定がある人に話を聞きました。また、現在、留学やワーホリをしている方のSNSも見ています。

ほとんどの人が、口をそろえて言うのが「めちゃくちゃ良かった!」ということ。

また、ワーホリを一時ストップして、フィリピン留学に来ている人にも、たくさん会いました。

理由を聞いてみると、

”今の英語力では、自分のやりたい仕事につけない”

”英語が話せれば、もっと充実した生活が送れるから”

”IELTS(英語能力判定テスト)の点数をとって専門学校に行きたい”
などなど。

その方達にほぼ共通しているのは、ワーホリ前にほとんど英語の勉強をしないまま行ったことです。

途中でそれに気づいて、英会話の練習をするためにフィリピン留学しに来ているわけです。
すごい行動力と素晴らしい決断ですよね。

その後、フィリピン留学を終了して、ワーホリを再開している方は、以前よりさらに充実した生活を送れているみたいです。

この話からわかることは、

英語ゼロで、いきなりネイティブの国で、”留学やワーホリをする”のは難しいということ。

もちろん、ほとんどの方はそれを自覚されて行っているわけですが、やっぱりその事実に直面し、周りで英語を話せている人の充実ぶりを見て、刺激になったんだと思います。

別に英語ゼロでワーホリに行っても、絶対に面白くないとは言いません。
実際に楽しくされている人もいますし。

でも、やはり少しでも話せる方が良いのは間違いないです。

結論

オーストラリアなどのネィティブの国に、英語力ゼロで留学やワーホリする時は、フィリピン留学などで、英会話に少しでも慣れた状態で行くことをオススメ。

 

まとめ

英語留学の留学先をいくつか紹介しました。

個人的なオススメとしては、

がっつり英語を勉強したい方
フィリピン・バリ島

旅行のついで、仕事をしながら英語を学習したい方
タイ

 

ここで紹介していないその他の国でいえば、フィジーやマルタ留学も人気があるみたいです。

また、私がいろんな国に行って感じたのは、どんな国でも英語学習はだいたいできます。日本でも英会話教室がたくさんあるように、外国も絶対にあるので。

昔に比べると、本当に留学しやすくなってるので、”英語を話せるようになりたい”という夢をもってられる方は、1周間でも良いので行ってもらえればと思います。

効果がないと思われるかもしれませんが、それでも良いのです。

外国人と話しして、話せない自分に直面した時、初めて「英語をもっと勉強したい」というモチベーションがでてくるので。

中国語・ロシア語のオススメ留学先の記事はこちら

【おすすめ留学先は? 中国語・ロシア語編】実際に留学した8カ国を比較どもども。 今まで9カ国12の学校で留学を経験しました。 体験レッスンの数も含めると11カ国になります! 「なんで、こんな...

 

でわでわ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください