フィリピン(英語)

超初心者用 おすすめ英語参考書!30代から話せるようになりたい方へ

どもども

若い頃から「英語が話せるようになりたい!」と、英語の参考書を買いまくりました。50冊以上は絶対買ってます。

でも、ほとんどの参考書が面白くなく、自分のレベルに合ってなかったりで、成果を感じないまま途中で挫折しました。

そんな私は35歳の時に、5ヶ月間のフィリピン留学をへて日常英会話が話せるようになりました。

留学行ったから、英語話せるようになるの当たり前やん

確かに、留学が無かったら英語は話せるようになってません。

でも、良い参考書との出会いも無かったら英語も話せるようになりませんでした。なぜなら留学で、英語初心者が文法を英語で説明されてもわからないので。

 

留学前に英語の基礎を勉強するためには、絶対に参考書は必要になります。

参考書を使った自習を全くしないで、いきなりオンライン英会話や留学するのは、はっきり言ってお金の無駄です。

なぜなら、

  • 文法や単語の基礎知識  
  • 英語を話す機会

この二つがあって、初めて英語を話せるようになるからです。

そこで、この記事では、英語初心者だった私が使用した「本当に使える、ゼロから学べる参考書」を紹介します。

紹介する参考書の種類は以下の通り。

  • 発音
  • 中学レベルの英文法
  • 基礎単語

「英語の良い参考書を見つけたい!」という方は、ぜひ読んでください。

それでは、まずはこちらから。

 

 超初心者専用の参考書 発音編

 初心者専用の参考書

発音は、文法やボキャブラリーに比べると優先順位が低いです。

理由は、一人だと発音が上手くできてるか確認できないので。

なので、発音が上手くなるためには、レッスンを通して先生から指摘してもらうのが一番ベストな学習方法になります。

ただレッスンに入る前に、最低限覚えておきたいことがあるので、余裕があれば、この参考書を利用してください!

英語の発音がよくなる本

こんな人におすすめ

  • 発音記号が読めない
  • 発音に全く自信がない

この本の特徴

  • 基礎的な発音記号を学べる
  • 練習用のDVD付き
  • ”LとR”など間違えやすい発音を、わかるやすく解説

 

発音で、最低限必要なのは、"発音記号”は読めること。

理由は、辞書で単語の発音を確認する時に、発音記号を理解してないと読めないからです。

実際にレッスンをした時に、おそらく一番、注意されるのが発音。(特にフィリピン人の先生は発音にうるさい)

このテキストは一音ずつわかりやすい解説があるので、先生に指摘された箇所を練習することができます。

 

中学レベルの英文法をマスターできる参考書

文法は、英語上達のために絶対に避けて通れないもの。

優先順位は、一番高いです。

くもんの中学英文法―中学1-3年 基礎から受験まで 

こんな人におすすめ

  • 英語文法をイチからやり直したい
  • 分厚い文法書に抵抗がある
  • 超初心者

この本の特徴

  • 要点がコンパクトにまとまっている
  • 難しく説明してないので、文法が苦手な人でも理解できる

日常英会話ができるための、最低限の文法がわかる本。ページ数も、1ヶ月で終了できる量です。

効果的な勉強方法

大きい字で丁寧に説明してあり、非常にわかりやすいです。

さすが学習塾で有名な”くもん”が作ってるだけあります。

この本の例文を『日本語→英語』に言い換えれるようになればOK。基礎文法が身についたことになります。

言えなくても、最低限、文法の内容さえ理解できていれば、それでも大丈夫です。

 

毎日の英文法

こんな人におすすめ

  • 基礎文法を復習したい
  • 電子書籍で、どこでも勉強したい

この本の特徴

  • 英会話が上達するための文法に特化してる
  • ややこしい説明を省いて、シンプルにまとまってる
  • 実用的な、日常会話で使える例文が多い。

 

この本は”くもんのSUPER STEP"より、さらにコンパクトです。

”英語の文法がゼロレベル”という方にはオススメしませんが、要点だけが絶妙にまとまってるので、留学前に文法を復習したい人にぴったり!

この”毎日”シリーズは、英会話に特化しているのがポイント。内容がめちゃわかりやすいです。

効果的な勉強方法

  1. まず本を見ながら、例文を音読する。
  2. 日本語訳を、英語に変換して音読する。

この本の例文の数はそこまで多くないので、暗記するつもりで覚えてください。

日本文→英文に変換するスピードが早くなると、英会話でもとっさに英文がでてくるようになります。

 

1億人の英文法

こんな人におすすめ

  • とにかく、わかりやすい参考書で文法を勉強したい
  • ゆっくり時間をかけて文法を勉強したい

この本の特徴

  • 著者は、NHK教育テレビで有名な大西泰斗先生
  • 堅苦しくない、話し言葉で書かれてるので読みやすい
  • 本は分厚い。

 

"英会話を伸ばすための参考書"として有名な本。

ページ数が多いので、勉強するのは時間かかります。短期留学で使用するには向いてない本です。

ただ、文法書としては完璧。できるだけ難しくないように解説してくれてます。

特に前置詞の説明は、文法というより”イメージ”で覚えようというもので、ものすごくわかりやすいです。

 

総合英語 Evergreen(Forest)

こんな人におすすめ

  • 文法を文法用語からきちんと勉強したい
  • ゆっくり時間をかけて文法を勉強したい

この本の特徴

  • 文型・品詞など、文法を基礎から学べてる
  • 細かい文法用語も丁寧に説明
  • ページ数は多い

 

今回紹介する参考書の中では、一番、教科書らしい内容。

英会話に特化した文法書ではないですが、不明点があった時に、これを見ればだいたい解決しました。文法をキチンと学びたい人には、オススメの本です。

自分は今でも、わからない文法がでてきたらこれで調べてます。

 

英語の基礎単語・ボキャブラリーがつく参考書

単語を知っている量は、多ければ多いほど良いです。とはいえ、優先順位をつけないと全部覚えるのは不可能です。

ここで紹介している単語帳は、基礎で、しかも使用頻度が高いものばかり。

「絶対に、単語帳1冊覚える!」と意気込むとしんどいです。どうしても、覚えれなかったり、「これは覚えても使わない」と思うのは、無視していきましょう。

キクタン【Entry] 

こんな人におすすめ

  • 超初心者
  • 通勤・通学途中に勉強したい

この本の特徴

  • Basic、advancedなどレベル別に勉強できる
  • 13週間で2000語覚えれるようになってる
  • リズムに乗って、聞いて単語を覚えれる

 

シリーズ累計300万部売れている超有名な単語帳。

この本のCD音源は、リズムにのせて単語を何度も読み上げて、記憶に定着するようにできてます。このリズムに、ハマる人が多いですね。

"Entry"はかなり、基礎単語ばっかりなので簡単すぎるかもしれまん。

買った本が、自分のレベルに合ってなかったら意味がないので、事前に必ず本屋で確認しましょう。

 

毎日の英単語

こんな人におすすめ

  • 英会話に特化した単語を勉強したい
  • 場面別に単語を覚えたい

この本の特徴

  • 単語が1語ずつでなく、フレーズで紹介されている
  • 『食べ物』『仕事』など、場面別に紹介されている

 

この本を作った筆者は、この単語張を覚えれば、”日常会話の90%単語をカバーできる”と言っています。

正直言い過ぎたと思いますが(笑)、でも素晴らしいクオリティ。

一番オススメの単語帳です!

単語は、フレーズで覚えた方が文法も一緒に覚えれます。

単語一語で覚えてると、いざ話す時に『どんな前置詞と一緒に使うんだっけ?』ってありますから。

中身はこんな感じです。

自分の好きな"場面”から、少しずつ覚えていきましょう。

 

新TOEIC R TEST 出る順で学ぶボキャブラリー990

こんな人におすすめ

  • TOEICの勉強とからめて単語を覚えたい

この本の特徴

  • TOEICに出る頻度が多い単語だけがのっている
  • 全ての単語に、出題されそうな例文がついている
  • 本がそんなに分厚くない

 

3000語くらいのってる単語帳もありますが、そこまで単語数が多いと途中で英語の勉強が続かない。これくらいの量が丁度良いと思います。

さすが厳選されているだけあって、実際にTOEICを受けた時は、勉強した単語がいっぱいでてきました。

また、英会話に使える単語もたくさんのっています

 

日常会話力アップに最適なアプリ

スタディサプリ 新日常英会話コース

CMでも流れているスタディアプリ。

すごく評価が高いとのことで、無料体験してみたら神アプリでした。

  • リーディング(英文を読む)
  • リスニング(聞き取り)
  • ライティング(書き取り)
  • スピーキング(音読)
  • 先生のレッスンを受講

など学校に行ってするようなトレーニングができます。

このスタディアプリの特徴は、大きく三つ。

★ 一つのトレーニングが3分間で終了
だらだら続けるより、一つ3分だと「今日は3つ」みたいに毎日続けやすい。

★ ドラマのストーリーを手掛けるのは、人気ドラマごくせんの脚本家
飽きない展開になってるので、長く続けれる。

★ キーフレーズの講師が、日本語も話せるスティーブ氏
NHKの人気番組の講師。さすがに教えるの上手くわかりやすい!

さすがリクルートが作ってるだけあって、確かによくできています。

カリキュラムは以下の通り

① ドラマタイプの会話理解クイズ
ストーリーに適したセリフを選ぶ。音声速度調整もできるのでやりやすい。

② ディクテーション ※単語を聞いて、スペルをかくこと
ドラマででてきた単語の英語音声を聞いて文字を入力。単語力を上げるには超効果的。

③ キーフレーズチェック
日常会話でよく使う最重要フレーズを、講義タイプの動画で紹介。その数600本。

④リード・ルックアップ
習ったキーフレーズの日本語が画面に表示されるので、声を出して英語で答える。

⑤瞬間発話プラクティス
様々なシチュエーションの画像が表示され、一番適したフレーズを声に出して答える。以下のような感じ

今なら月額1980円のところ、キャンペーン中で月額980円。

毎月この費用は、ちょっと高いですね。

ただ、これ一つで日常英会話の向上に必要なものがカバーされてるので、あれこれ参考書買うこと考えたら、かなりアリかなと感じました。

一週間の無料体験期間があるので、とりあえず本当に自分に合ってるかどうか確認の意味でも、一度使ってみることをオススメします!

 

最後に

自分が生徒だった時や、学校スタッフの時に生徒さんがよく使っていたのを紹介しました。

紹介したものの中に、絶対に合う参考書があると思うので、騙されたと思って使ってみてください!

基礎文法と単語を少し覚えて、「これからもっと英会話上手くなりたい!」という方は中級編の参考書を紹介してます。

こちらの記事をどうぞ!

【日常英会話力が上がる参考書】英語中級者におすすめ。これで自習し、あとは実践だけ!

ちなみに、

  • ”1週間で英語話せるようになりました”
  • ”聞くだけで、英語がペラペラ”

とかは、信用しない方が良いです。買った私が言うので間違いないです(笑)

でわでわ




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA