語学の学習方法

【英語を活かした就職・転職】留学経験者に、TOEICが絶対に必要な理由

どもども。

みなさんは、TOEICの試験受けたことありますか?
英語の実力をはかるテストとして有名ですよね。

今回の記事のテーマは、

留学経験者は、留学中もしくは留学後すぐに、TOEICテストを受けて高得点スコアもっておくべき!

特に就職活動や転職活動を控えている人は!!

という内容です。

 

実は、以前フィリピンで英会話学校で働いていた時は、TOEICを軽く見ていました。

その理由は、

  1. TOEICスコア800点台の人でも、日常英会話ができない人をたくさん見たから
  2. 私自身が、海外の就職活動で、スコア600点台でシンガポール・フィリピンで大手企業より内定をとれたから

今でも、”海外での就職活動”では、TOEICはさほど重要でないと思っています。

海外では、「コミュニケーションがどれだけ英語でできるか?」が面接中にチェックされるからです。

ただ、今回40歳で、日本で転職活動をしましたが、”日本でのTOEIC”の重要さを思い知らせました。

特に、英語を活かした仕事したいのであれば、なおさら、、、、

ということで、そのあたりを詳しく説明しますね。

今回の記事はこんな方にオススメです。

  • 英語留学中の人
  • 留学後に就職や転職をする人
  • 日本で英語を活かした仕事をしたい人

それでは、まずはこちらから。

 

 

日本の就職・転職活動で、英語力をはかるのはTOEICだけ

今回の転職活動では、”英語力を活かせる”という職業で探していました。

そして求人をチェックしてると、英語力に関しての「条件」はTOEICのスコアだけ。

他の英語能力測定試験で有名な”TOFEL”、”英検”や”IELTS”を、条件にしているとこは無し。

また実際の面接でも、”英語の面接”があったのは1社だけでした。

日本の就活の現場で、英語力をはかるものがTOEICだけの理由は、以下のように考えられます。

  • TOEICテストの内容は、ビジネスシーンが中心になっている
  • 英語で面接できる人事の方が少ない
  • 知名度が高い(日本だけですが)

たとえ英語が話せても、証明するものがなかったら、日本の企業は相手をしてくれません。

そして日本で、”英語力を証明するもの”は、TOEICだけということになります。

なので、英語を使う職種を希望する場合、TOEICスコアが基準を満たさないと書類審査で落とされてしまいます。

いくら「日常英会話できる!」といっても相手にしてもらえません。

 

英語を使う仕事では、何点くらいのTOEICスコアが必要なのか?

これは、職種によってもちろん違ってきます。

今回の転職活動で見た求人欄で、必要スコアは3段階くらいありました。

  1. 850点以上(全体の20%)
  2. 800点以上(全体の30%)
  3. 750点以上(全体の50%)

感じたのは、800点代あれば、日本では英語を活かした職業にはつけるということ。

資格手当として、5000円〜1万円もらえる場合もありますし。
これは、大きいですよね!

また、人材紹介会社の人の話だと、求人内容よりスコアが30点くらい不足していても、応募できるとのことでした。

まあ、スコアが不足しているのに、無理して応募しても、仕事してから大変な思いするだけなので注意してくださいね笑

 

ということで、TOEICのスコアが日本でどれだけ重要視されているかがわかってもらえたでしょうか?

特に留学経験者は、せっかく英語力を上げたので、その証明のためにTOEICを絶対受けるべきです!

では、どのタイミングで受けるのが一番良いかというと、、、

 

TOEICテストを受ける一番良いタイミングは?

一番良いタイミングは、

留学中か、留学終了して帰国すぐです!

ただ現実として、ほとんどの人が留学中や、留学後すぐにテストを受けません。

「帰国後に落ち着いてからテスト受けよう」って感じで、そのまま申し込まないままな人が多い!

これは、本当にもったいないです!

留学が終わって帰国すると、いろいろ忙しい。

テストを受け忘れないように、留学終わる直前に、TOEICテストの予約をいれましょう。

そして、留学中に受けるのもオススメ!

留学中が、一番英語に向き合ってるし、リスニング力が調子良い時期になりますからね。

私も、留学中にTOEICを受けた時、リスニングパートは、対策なしでも、かなり高得点をとることができました!

では、どのようにして留学中にTOEICを受けるのか?
フィリピン留学を例にして、説明します。

 

フィリピン留学中にTOEICテストを受ける

フィリピンでTOEICを受けると、日本と比べて以下のようなメリットがあるのは、あまり知られていないです。

  • 受講費用が割安。
    フィリピン2300ペソ(約4.800円)、日本が5,725円。

  • テストの返却が1週間位と早い。
    日本では、1ヶ月かかる。

  • 1ヶ月に1回、試験が開催されている。
    日本は毎月、開催されていない。

フィリピンでTOEICテストを受ける場合は2通りあります。

  1. 留学先の学校で受ける
  2. フィリピンのHOPKINSにネット経由で申し込む

①に関しては、留学先の学校が大型校であれば、定期的に校内で公式のTOEICテストを受けれるところもあるので、問い合わせ時に確認してみましょう。

あとは、②のフィリピンでTOIECテストを開催している機関に直接申し込む方法です。
手順をこんな感じ。

フィリピンでネット経由で申し込む場合の手順に関しては、こちらの記事が詳しく書かれてるのオススメです。
全然難しくないですよ。

[画像付き解説] フィリピンでTOEIC公式テストを受験する方法まとめ

 

TOEIC高得点をとるための参考書

TOEICハイスコアをとるには、ここで紹介する参考書と、"公式問題集”をやれば800点までは大丈夫です。

TOEIC L&R TEST出る単特急金のフレーズ

こんな人におすすめ

  • とにかく、TOEICにでてくる単語を効率的に覚えたい

この本の特徴

  • 目標点数別に紹介されているので、暗記する計画が立てやすい
  • TOEICテストの例文で、単語が紹介されている

  • テストのパートごとに単語が紹介されている

今まで、数冊、TOEIC専用の単語帳で勉強しました。
覚えた単語が、実際のテストにでてきたのは、この単語帳が一番ですね。

一つ一つの単語に、「パート1で頻出!」とか、お得なメモがあるのも、勉強になります!

この本で紹介されている単語やフレーズは、約1300。

他の単語帳が"重要単語3000"とかのもあるので、この本がいかに、重要単語だけ紹介しているかがわかります。

 

TOEICテスト リーディング プラチナ講義

こんな人におすすめ

  • TOEICの問題の不明点を、文法からしっかり理解したい
  • 傾向とかテクニックだけの本は嫌な人

TOEICの参考書は山程ありますよね。
でも、多いのはテクニックや、ただ問題を解いて、傾向ばかり追い求めるものばかり。

自分が探していたのは、文法問題やリーディングパートで、”なぜ、そうなるか?”かの解説が具体的に書かれたもの。

そこで、見つけたのがこれ。

この参考書は、”プラチナシリーズ”と呼ばれるものです。

リーディング編、英文法編、リスニング編、ボキャブラリー編とあります。
自分は、リーディングと英文法をやりました。

とにかく、解説が超丁寧なんです!
そして、わかりやすい!

この本で説明されてることは、”本質”なので、似たような問題がでても、対応できるようになります。

"リーディング編"の構成の一部を紹介すると、以下の通りです。

  • シチュエーション別の問題の解説(Eメール、スケジュール、広告など)
  • 長文問題を読みこなすための、頻出文法・構文・フレーズの解説
  • 要注意単語の紹介
  • 言い換えの見抜き方

そのほか、テクニックや練習問題も含まれてます。

 

"文法編"の構成の一部はこんな感じです。

  • TOEICテストに出題される文法事項を、名詞と動詞を軸に解説
  • 難しい文法用語は使わず、最低限理解しほしい文法用語を使用
  • イラストや図を使い、講義形式の書き方
  • 語彙問題で狙われる語句の説明

演習問題の量もたっぷりです。

中学レベルの基礎文法や、ボキャブラリーが全くない人には、まずは基礎文法を勉強してから、この本を使ってください。

この本の理解だけで、800点までは十分、とれるはずです(単語は別)
私は、留学終わりに、この本だけの1ヶ月の勉強で700後半とれました。

まとめ

留学している人は、”英語が話せる”と、”TOEICスコア高得点をとる”を両立できるように頑張ってほしいです。

どっちか片方だけでは、結果的に、苦労をするだけなので。

少しでも英語に自信がある人は、TOEICを絶対受けてください!

ちなみに、冒頭でも少しふれましたが、海外で就職活動するのであれば、TOEICが高得点じゃなくても、英語コミュニケーションスキルのほうが重要視されます。

英語で面接してくれるでの、英語を話せるのあれば、TOEICは無視しても大丈夫です。

でわでわ