語学の学習方法

【日常英会話力が上がる参考書】英語中級者におすすめ。これで自習し、あとは実践!

どもども

若い頃から、「英語が話せるようになりたい!」と英語の参考書を買いまくりました。

50冊以上は絶対買ってます。

その中で本当に役に立った参考書は数冊だけ。

というか、”自分のレベル"に合った参考書が選べてなかったのが原因かもしれませんが。

そんな私は、35歳の時に、5ヶ月間のフィリピン留学をへて、日常英会話が話せるようになりました。

「日常英会話できる?すごい!」と思うかもしれません。

しかし、英語力でいうとそんなに高いレベルではありません。

中学レベルの基礎文法と、ボキャブラリー、さえあれば、日常英会話が話せる準備はできています。

あと、不足しているのは以下の2点だけ。

  1. 英語を話すこと

  2. 実用的な、英会話上達に適した参考書

 

今回、紹介する参考書は、上記にある、英会話上達に適した参考書を紹介します。

以下のような英語レベルの方にオススメの記事です。

  • TOEIC450〜550点レベル
  • 基礎英文法を理解している
  • 基礎単語はわかる

これは留学でいうと、英語ゼロからの留学で1〜2ヶ月終了したレベルです。

私の場合は、基礎が終わった留学2ヶ月目から、今回紹介する参考書を使い始めまて、効果がありました。

参考書の種類は以下の通り。

・中級者用の単語帳

・瞬間英作文

・音読

・パターンで覚える

英語が初心者レベルの方は、以下の記事で紹介している参考書をチェックしてください。

【日常英会話力が上がる参考書】英語中級者におすすめ。これで自習し、あとは実践!どもども 若い頃から、「英語が話せるようになりたい!」と英語の参考書を買いまくりました。 50冊以上は絶対買ってます。 その中で本...

それでは、まずは、こちらから!

 

英語中級レベル 日常会話に適した単語帳

DUO 3.0

こんな人におすすめ

  • いろんな種類の英語の表現を勉強したい
  • 基礎単語は覚えて、次のレベルにいきたい

この本の特徴

● 現代英語の重要単語1600語と、重要熟語1000語を重複なしで560本の英文に凝縮

● すべての見出し例文は、米国の大学教授3名を含む15名のネイティヴがつくった「暗記する価値のある英文」

超有名な単語帳。

このDUO一冊を勉強すれば、単語帳と熟語帳を1冊ずつ覚えたのと一緒の効果がありあmす。。

この本は、文法的な説明は一切ないので、初心者が使うのは、少し難しいでしょう(現役大学生とかなら大丈夫)。

自分の場合、最初は、出てくる単語が初めてのものが多くて、全然覚えれませんでした

「こんなん覚えて、ほんとに約立つのかな?」と思ったことがあります。

でも、ある程度、英会話ができるようになってから、見直すと「実用的な単語やフレーズが多いな〜」って素直に感じです。

オススメの勉強法

①音読する

②「英文」→「日本語」に訳せるようにする

③最終段階として、「日本文」→「英文」に言えるようにする

3番がスムーズにできたら、日常英会話はほぼマスターしたと言えます。

この本は勉強しやすい工夫がしてあり、例文の登場人物にストーリー性があります。

ボブの生き様がかなり面白いですよ(笑)
そんなところもチェックしながら覚えてください。

 

どんどん話すための瞬間英作文4

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
開発元:Beret Publishing Co. INC
¥1,200
posted withアプリーチ

 

 

こんな人におすすめ

  • 質問された時に、すぐに返答できない
  • スラスラ英語が話せない

この本の特徴

  • 簡単な英文を、スピーディに作っていく
  • 難易度別に勉強できる

留学していた時に、使っている人の率が高かった本といえばこれ!

やることは単純。

日本語の短文が並んでいて、それを英語にするという作業を繰り返しするだけ。

例えば「how many〜」なら、それを使った日本文がズラッと並んでいます。

それをひたすら英語にして音読する、という感じ。

例文の日本語だけ見ると、「全然簡単やん」って思います。

しかし、それをすぐに英文にして読み上げるとなると、なかなか難しい。

日本語を見て、すぐに英文にできるまで何回も繰り返し練習しましょう。

音声もついていて、「日本語→英語」と流れていくので、聞きながらでも練習できます。

音声ダウンロードはこちら(有料)

文法の説明は少しだけしかなく、不十分なので、専用の参考書でした方が良いです。

こちらは、スマホアプリもありますよ!

音読パッケージ

こんな人におすすめ

  • 今まで、音読の習慣がない、したことがない。
  • スラスラ英語が話せない

この本の特徴

● 実用的な英文を音読できる

● リピーティング・シャドーイングもできる

● とにかく英語を話すことに慣れさせる

このテキストも留学で使ってる人多かったです!

よく「音読は英語上達するのに絶対必要!」と言われています。

音読とは、声にだして英文を読むことです。

そこで留学してる時に、「どう音読するのが、効果的なの?」と先生に尋ねると、

「何も難しいことはない、ただ、テキストの英文を声に出して読むだけ」とのこと。

でも、あまり長い文章だと、飽きてくるし、単語も難しいのばっかりだと、嫌になってきますよね。

一番大事なのは、続けることです。

ということで、オススメなのが、この本。

単語がそこまで難しいのが使われていない。

そして、音読する文章の量が、ちょうどいい感じなんです。

それが、こちら。

音読するところは左ベージ。

7行くらいなのでそんな長い文章ではありません。

オススメの勉強の流れ

①文章を見ないで、音声だけを2回聞く。
この時に、音声だけで内容を理解しようとする。

②次に、テキストを2回音読する。

この時に、①で聞き取れなかったところが、どんな単語だったかがわかる。

<リピーティング>
この本には、1文読んだら、数秒止まりる、ポーズ付きの音声がついています。

音声が流れて、止まる数秒の間に、聞いた英文を音読する。

もし、きちんと言えなかったら、テキストを見てもOK。

テキスト通り、音読できるまでやりましょう。

③までが慣れてきたら、、

<シャドーイング>
音声が流れたら、少し、遅れてそれを真似して読み上げて行きましょう。

音声を追いかけて読み上げていく感じです。

④のシャドーイングは、慣れるまで時間がかかります。

初めてでの人でも、③まではできるのでトライしてみてください。

結局、この本を使うことで、以下のような効果あると強く感じました。

・意味を理解しようと、リスニングし、

・聞いた英文を、真似して言うことができて、

・それを、習慣的にできる

先生が言ってました。

「イチローも毎日素振りをしている。英語上手くなりたい人が、毎日英語を声にださないで、どうして英語がうまくなるのか?」と。

一人でも英語を話す習慣が身につくのがこの本の魅力。
本当にオススメです!

中学レベルの英単語でネィティブとペラペラ話せる本

こんな人におすすめ

  • いろんな表現、言い回しを話せるようになりたい
  • スラスラ英語が話せない

この本の特徴

● 英語を難しく話さないで、パターンを覚えて話すという考え方

● でてくる単語のレベルは、中学レベル

● 文法の説明が、ポイントをついていて、わかりやすい

本のタイトルだけ見ると、うそくさそうですが笑

この参考書のおかげで、英語の勉強の考え方が変わりました!

もっと簡単に考えて良いんだと。

例えば、この本では、「〜しそうで心配だ」は、「I`m worried+文」のパターンで覚えましょうと紹介されます。

そして、例文がずらっと並んでるので、それを音読して感覚をつかんでいきます。

I`m worried I`m gonna get lost 
(道に迷いそうで心配だ)

I`m worried he forgot.

(彼が忘れてるんじゃないかと心配だ)

見てわかるとおり、最初の”I`m worried”は固定です。
後ろを、SVの文を持ってくるだけ。

難しく考えないで、パターンで英語を話していこうよいう感じですね。

こんな感じで、パターンが何十種類も紹介されてます。

そして、それを覚えた時には、英語を話す幅がグンと広がります。

「留学中にこの本すごい!」と一人で興奮して、周りの友達に見せたら、友達からの評価もめちゃくちゃ高かったです。

ちなみに、このシリーズはもう一つ「中学レベルの英単語でネイティブとサクサク話せる本」があります。

こちらの内容は、"時制"に関するパターンが中心です。

私はこの本で、過去完了の使い方をマスターしました、オススメです。

 

TOEIC高得点をとるための参考書

こちらの記事でまとめました。

日常英会話が上手くなる要素のあるTOEIC参考書も紹介しています。

チェックしてください。

【英語を活かした就職・転職】留学経験者に、TOEICが絶対に必要な理由どもども。 みなさんは、TOEICの試験受けたことありますか? 英語の実力をはかるテストとして有名ですよね。 今回の記事のテーマは...

 

まとめ 

ここで紹介した参考書をやり終えたときです。

フィリピン人の先生と、”日本語で話してる”感覚で、英語を話せるようになりました。

留学でいうと、約4ヶ月位が終了した段階ですね。

日常英会話が話せるようになるには、

留学で、外人の先生のレッスンを受けているだけでは、ダメ。

日本で、ひたすら参考書だけで、勉強していても、ダメ。

インプット(自習)とアウトプット(実際に話す)が、良いバランスになって初めて、英語が話せるようになります。

そのインプットが、今回紹介した参考書でできるはずです!

騙されたと思って、一度やってみてください。

でわでわ