フィリピン(英語)

【フィリピン留学】英会話力が上がる留学期間の目安、おすすめ時期は?

どもども。

1週間しか休みとれないけど、留学しても意味ないかな?

『留学の期間』『留学の時期』って、留学申し込み時に悩みますよね?
個人の状況によって変わるので”正しい答え”は無いですが。

4年間、語学学校でとしての経験から、できるだけ"参考"になる情報をお伝えします!

 

 

留学する時期はいつが良いか?

アラフォー10回留学

生徒数が多い時期

学生が休みの時の3月、8月です。
特に8月は埋まりやすいので、早めの予約をオススメ。
あとは、日本のゴールデンウィーク時期も少し多くなります。

生徒数が少ない時期

イベントの多いクリスマスや正月の12月、1月
やっぱり、その時期は日本にいたいのでしょうね。
一度、クリスマス時期に、台湾の学校へ入学しましたが、生徒は僕一人でした笑

時期によって変わる、生徒の年齢構成

10〜20代が多いのは、混み合う3月、7月、8月。
それ以外は、30代と20代が半分ずつくらい。
学校のお休みシーズンですね。

年齢構成が高い場合は、学校も落ち着いた雰囲気。
逆に9割が20代のような学校の場合は、校内が、騒がしくなるので、年配の方は居心地が悪いかもしれません。
気になる人は、入学前に、生徒数を学校に確認しておきましょう。

注意したい時期

国によって異なりますが。

フィリピンの場合6月から9月が雨季真っ只中です
1日に1回は強い雨が振ります。
天気も変わりやすいので、海、山には行きにくいです。

また、4月に『ホーリーウィーク』という宗教行事があり、5連休位になります
そのため、その週はほとんどレッスンがありません。

学校のホームページに年間休日スケジュールがのっている場合があるので、事前に必ず確認しましょう!

 

おすすめの時期

ハロウィンパーティがある10月〜11月
そしてクリスマスパーティがある12月です。

ハロウィンは日本でも盛り上りますが、フィリピンやキリスト教の国は、かなり気合い入ってますので楽しいですよ!

 

 

留学期間の目安 "目標は日常会話ができる"

アラフォー10回留学
日常会話できるようになるのに、どれくらいの期間、必要なんやろ?

よく聞かれる質問です。
今まで数百人の留学生を見てきて、ある程度の目安ができました。

まず、『何を目標にするのか?』と『留学前の英語レベル』で目安滞在期間は変わります。
例をあげます。

英語が少しできる人の場合

    目安留学期間→1ヶ月 

条件

  • 留学前の英語レベル・・・TOEIC700点以上
  • 過去、留学経験がある
  • オンラインレッスンを1年以上受けている

理由

  • TOEIC700点以上あれば、基礎文法と単語に加え、リスニング能力もある
  • 話す訓練の不足だけなので、集中して英会話をすれば上達が早い

 

学生など、現役で英語を勉強している人の場合

   留学目安期間→2〜3ヶ月

条件

  • 留学前の英語レベル・・・TOEIC500〜600点以上
  • 英語のレッスンを定期的に受けている
  • オンラインレッスンを3ヶ月位受けている

理由

  • 大学生は、社会人と比べると入試から時間が経過していない。
    現在進行形で勉強しているアドバンテージがある。

  • 先生とレッスン以外のコミュニケーションの機会が多い。
    なぜなら、先生の平均年齢が20代前半と同世代なので話しやすいため。

  • TOEIC500点以上あれば、基礎文法と基礎単語は理解している状態。
    こういう人も英会話の伸びが早い。

 

留学前に、英語を勉強していない人の場合

留学目安期間→4〜6ヶ月 

条件

  • 留学前の英語レベル・・・TOEIC500点以下
  • 学校を卒業して以来、英語を勉強していない

理由

  • 最初の3ヶ月は、発音、基礎文法、単語に時間を費やすから。
  • 基礎力をつけてから、会話力をつけていく。

私は、上記の③の状態から留学をスタートしました。
最初は本当に話せないのでつらいです笑
5ヶ月目で日常会話ができるようになってきましたね。

以上が、『日常英会話力が身につく』だいたいの目安期間です。
だいたいどこの学校でも『日常会話コース』があるので、それを受講してください。

 

 

留学期間の目安 ”目標 ビジネス英語ができる”

留学目安期間→『日常会話』の期間にプラス1〜3ヶ月

日常会話ができるようになって、プラス他のコースをとるケースです。
例えば、下記のような感じ

日常会話+”なにか”を身につけるコース例

  • 『ビジネス英会話』
  • 『TOEIC. IELTSコース』などのテスト対策コース
  • 『接客英会話』などの職業コース
  • 『ITプログラミング』などのスキルアップコース

理由

  • ビジネス英会話や接客英会話は1ヶ月位で、身につけれる。
  • ITコースは、プログラミングという全く語学と違うものを学ぶので、プラス3ヶ月位はかかる
  • IELTSやTOEICは、”目標スコア”にもよるが1ヶ月で成果をだすのは厳しい。
    プラス1〜3ヶ月必要。

    事前に模擬テストを受けて、「目標スコアまで、どれくらい期間が必要か?」学校スタッフと確認しましょう。

 

3ヶ月間以上、留学を検討している方へ

留学の途中で違う学校に転校するのもアリです。
理由は、長期で集中力を維持するのは難しいため。

また、留学申し込みの時に、滞在予定いっぱいまで予約しない方法もアリでしょう。
入学したものの、”期待より学校が良くなかった”ということもあるので。
延長の手続きをすれば良いだけです。

(延長しようとする時、予約がいっぱいで、延長できないリスクもあり)

 

1〜2週間の短期留学は意味があるのか?

アラフォー10回留学

短期間で”日常会話が話せる”ようになるのは、かなり難しい。

ただ、『短期留学にメリットがないのか?_』というと、そんなわけではありません。
子供からビジネスマンまで、ぜひ短期でも留学するべきです!

短期留学のメリット


・”英語を勉強する”モチベーションが、劇的に上がる
”入試や昇進のための英語の勉強"って面白く無いですよね?

そういう時は、”英語で、外国人と話す機会を作る”のが一番です。
英語の勉強のモチベーションアップになります。

なぜなら、

  • 先生と会話をすることで『もっと自分のことを話したい!、相手の言ってる事を聞きたい』と勉強の意欲がでる
  • 思ってたより話せたら、自信がでて、「もっと勉強したらうまくなる!」とさらに勉強の意欲がでる

このモチベーションで、日本に帰ってからも前向きに英語の勉強ができます。


2、”英会話力向上”のための課題が発見できる
暗記だけの単語って定着しないですよね?

例えば、"テストに出る"という理由で、『陪審員 jury』という単語を覚えるとします。
でも、日本語の日常会話でも、”陪審員”って言葉を使う機会は、なかなか無いですよね。

留学では、そういう”非日常な単語”ではなく、自分の事を話すための”日常の単語”を発見することができます。

自分の仕事の話をする時に、「残業がしんどい」って言いたいけど、単語がでてこない。
そして、調べる。
すると、「Work overtime is tiring 」と言うことがわかった。

自分で調べた、
→そして、自分についての話にでる単語なので、また言う機会がある
→という流れで、単語が定着するのです。

実用的な単語を覚えて、使えるようになって、”日常会話”の幅が広がって行きます。

要するに会話する事で”自分の課題”が明確になるので、ポイントが絞れた、効率の良い勉強ができるようになるでしょう。

このように短期でも留学して、”実践的な会話”をすることは効果抜群です!j

留学したいけど、会社で1週間も休みとられへんわ!!

わかります。
でも、今まで、なんとかスケジュール調整をして1週間〜2週間留学している社会人を多く見てきました!

そして、リピーターになって、確実に毎年上達し、最終的に"日常会話が話せる"ようになった方を何人も知ってます!。

短期留学でも本当に効果があるので、是非留学しましょう!

 

さいごに・・・・

私は日本で働いていた時に、1年間英会話の塾に通っていました。
1週間に1回、90分のグループレッスン、先生は日本人でした。
金額も100万円位かかったと記憶してます。

最終的に、ほとんど何の収穫も無いまま終わりました。
今、思うと当然の結果です。

ただ通ってただけで、グループレッスンで話す機会もなく、わからなかったら"日本語で聞く”という逃げをしていました。

完全に自分の甘さが原因ですが、『もし、あの時に”フィリピン留学”があったらな。。』と思っています。

”英語をずっと勉強しているのに成果がでない”という方は、留学期間が1週間だろうが、とにかく一度留学してください!

絶対に費用対効果が一番高いので!

でわでわ