フィリピン(英語)

【セブだけじゃない】フィリピンおすすめ留学エリアを徹底解説!目的別に選ぼう

どもども。

フィリピンに留学決めたけど、場所もいろいろあって、どこが良いかわからないよー

そんなん、セブでええちゃうん?有名やし。どっか、ほかにもあるん?

という方のための記事です。

フィリピンに留学スタッフとして、4年間滞在した私が、フィリピンの各留学エリアの特徴を説明します!

 

いくつ留学エリアがあるのか?

フィリピン ルソン島の地図

”フィリピン留学”と聞くと、セブしか思い当たらない人が多いです。

確かに多くの英会話学校がセブにあるのは事実。
でも、それ以外の場所も、たくさんあります。

エリア別に分けると、以下のようになります。

細かくするともっとありますが、代表的なところをあげてみました。

  1. セブ
  2. マニラ
  3. クラーク
  4. バギオ
  5. ターラック
  6. タガイタイ
  7. イロイロ
  8. バコロド
  9. ドウマゲッティ
  10. ダバオ

いっぱいありますよね。

私が、実際に行ったことがあるのは、セブとターラックです。行ってない場所については、勝手なことは言えないので、私の調べた範囲で書きます。

ちなみに、紛争問題でニュースになるミンダナオ島は、地図の右下のところです。

紛争は、ミンダナオ島の一部のエリアだけでの発生なので、今回紹介するエリアへの影響は、現状全くありません。

 

主なフィリピン留学エリアの特徴

セブ

セブのビーチ

留学生が多く、イベントも多い


フィリピンで一番、留学生が多い場所。

コミュニティも多く、学生向けのイベントも多くあります。イベントに参加するのは人脈も広げるチャンス。セブ専用のフリーペーパーもあり、情報は常に発信されています。

バランス良くなんでも有り滞在しやすい

海や観光にも行けるし、大きいショッピングモールや、美味しいレストラン、おしゃれなカフェなど多くあります。そういう意味でバランスが良い。

"フィリピン料理”って日本人の口に合わないと言われてます。しかし、セブには、多くの日本食レストランや韓国レストランがあるので便利。

また、ホテル滞在型の学校が多いエリアです。日本の生活レベルに近い状態で留学したい人には、良いでしょう。ただ、値段も高いです。

マニラに比べると治安は良い

普通に生活する分には、問題無いレベルだと感じました。ただ、物騒な話もよく聞きます。

特に夜中は注意するべき。『ここは日本ではない』と少し警戒していれば大丈夫でしょう。

総評

そうじて、魅力的な場所です。

”勉強だけでなく、いろいろ経験したい!!”って人には本当におすすめ。

学校側もそれを意識してリゾート感だしてます。もちろん、真面目な雰囲気の学校もありますよ。

そこは、よく考えて学校の選択をして、せっかくの留学を実りあるものにしましょう。

あと、よくセブでよく誤解されるのが、下の2点です。

すごい都会をイメージ

"セブはフィリピンで第二の都市”ですが、それは、”フィリピンの中では都会”という感じ。そもそもリゾート地なので、高層ビルだらけをイメージしないでください。

学校のすぐ近くに綺麗なビーチがある

徒歩でビーチに行ける学校はほとんど無いです。
場所にもよりますが、車で1時間位で行けます。

 

マニラ

フィリピンの首都マニラ

フィリピンの首都

最近では少なくなってきた”アジアの混沌”が感じれるところ。ゴミゴミしてるので、初めての海外来る人は『アジアに来たなぁ〜』って感じになります。

レジャー施設が充実してる

どこかのサイトで”マニラは買い物天国”と書いてました。

確かに、アジアで一番大きいショッピングモール『モールオブアジア』や、それ以外もたくさんあります。

ただ、『そんな安くもないし、別にここで買い物をする必要はないかな』って感じ。カジノなども多いです。

治安面での不安がすこしある

そんな、夜も歩けない危険なところではないです。
ただ、危ないと言われてるエリアが他の留学場所と比べると多い。

総評

実は、学校数はそんなに多くない。原因はやっぱり、”治安”かなと。

ただ、ここで滞在できれば、いろんな意味で『海外サバイバルレベル』が上がるでしょう。

日本からの直行便が多いので、移動時間も削減できます。

クラーク

マニラから車で約2時間。
ショッピッングセンターも多く有り、滞在しやすい場所。

クラーク国際空港もあり、日本からアクセスが良い。
今後注目されているエリア!

ネィティブスピーカーがいる学校が多い

ここでいうネィティブスピーカーとは、アメリカ人のこと。

クラークは、もともと米軍基地があったところなので、リタイアしたアメリカ人がたくさん住んでる人が多く、その人達が英会話学校で働いてます。

ネイティブ先生はお年寄りばかりですけどね。

ネィティブのレッスンを受講するメリットは、やはり”自然な英語にふれれる”ところ。

フィリピン人先生は、比較的、“綺麗”な英語を話します。

そのため留学後、アメリカやオーストラリアに行ったら、”ネィティブの英語"についていくのが難しい。

ここで、ネィティブと普通に話せるようになったら、自分の英語に、より自信をもつことができるでしょう。

海も近くにスービックというエリアがありますが、海は、そんなに綺麗ではないです。勉強のストレス発散に行くのは良いかもですね。

総評

治安も悪く無いし、良いところですが、ここは世界でも有名な繁華街があるところです。

個人的な意見ですが、男性生徒は留学どころじゃなくなるかもなので、男性にはオススメしません。

バギオ

フィリピン バギオの山マニラから車で6時間位の山の上にある街。
避暑地として有名です。

過ごしやすい気候

フィリピンは想像通り年中暑い国です。
しかし、バギオは山にあるので、平均気温が23℃と比較的涼しい。

なので、他のエリアと比べても快適ですね。
雪こそ降らないものの、時期によっては10℃近くなることもあるので、上着は必需品です。

カフェやレストランが充実

大学が多いので、飲食店充実してます。
バギオは野菜もたくさんとれる。
食事もフィリピンの中では、美味しいと評判です、

治安も良く、近くに観光スポットも多い

人は多いので、置き引きとかはあるかもしれません。
でも、深夜にクラブとか行かない限りは平和に過ごせます。

また、以下の観光地からも近い。

・世界遺産で有名な棚田のバナウェ
・スペイン統治時代の街並みが見れるビガン
・サーフィンで有名なサンフェルナンド

総評

今回、紹介するエリアではオススメのエリアです。
英会話学校もたくさんあります。韓国資本が多くて、日系の学校は少ないですが。

個人的には、もっと人気があって良いのになーーと思いますが、なぜか、みんなセブに行きますので笑。

勉強に集中して、しかも快適に過ごせる理想的な場所です。

ターラック

フィリピン ターラックのキリスト像個人的には、4年間滞在した場所なので、私の中でフィリピンと言えばここです。

マニラから、車で4時間半の場所。
ちょうど、バギオとマニラの間にあるような感じです。

"本当のフィリピン”を味わえる

『本当はフィリピンって治安も良くて、人もやさしいんだなぁーー』って思ってもらえるでしょう。

どこに行くにもアクセスが良い

立地が、色んな観光地の中間にあるような所です。
とは言っても、片道3時間以上かかりますけどね笑。

総評

あまり良く書くと、平等性にかけるので、このあたりで。

こちらの『初めての留学はフィリピンがオススメ』という記事で紹介されている特徴が全部あるところですね。

英語初心者や社会人は、フィリピン留学が絶対オススメな7つの理由英語初心者が、最初に留学する国はフィリピンがオススメ!! その理由を、9カ国留学した私が詳しく説明します。...

 

その他の留学エリア

アラフォー10回留学ここからは、私は行ったことがないので、住んでいた友人からの情報を簡単に紹介させて頂きます。

全て”良い所”だと聞いています。

これらのエリアの特徴としては、

メリット
・治安が良い
・リゾート地である
・田舎で落ちついている
・日本人が少ない

デメリット
・街が小さいので、3ヶ月を超える長期滞在は飽きる
・飛行機の乗り継ぎがある(タガイタイ以外)

都会が嫌で、集中して勉強したい人や、
山や海などの自然に囲まれてという方にはピッタリです。

タガイタイ

マニラから車で約1時間半の場所。
山地で、有名人も訪れる有名な避暑地。
高級リゾートっていう感じですかね。
マニラからのアクセスも車で1時間半と、素晴らしいです。

イロイロ

マニラから飛行機で約1時間半。
マニラの次に教育機関の多い『学園都市』
世界の有名リゾートのボラカイ島にも近いです。

バコロド

マニラから飛行機で約1時間。
『微笑みの街』と呼ばれるほど、人もフレンドリー。
綺麗なビーチも有ります。

ドマゲッティ

欧米人の間では、リタイア先としてフィリピン人気NO1。

海は綺麗、ショッピングセンターもあり住みやすさが抜群。
私の日本人の知人もこちらで、お子様を学校に通わせていました。

それくらい、安心できる場所ということでしょう。

まとめ

このようにフィリピンには、選ぶのに迷う位、たくさんの留学エリアがあります。

周りの環境って本当に大事で、特に長期滞在の方は、よく自分で調べて決めてください。

個人的には、せっかくの留学なので、思いっきり"非日常"が感じられるところが良いのではと思います。

ということで、良さそうな場所が見つかったら、次は、一番大事な学校選び。

それは、こちらの記事を見てください。

【フィリピン留学】失敗しない学校選び!良い学校の条件とは?元学校スタッフが答えます「フィリピン留学を決めた!でも、学校がたくさんありすぎて、わからない!」って人のために、”良い学校の12の条件”を書きました。 あとで、後悔しないように、事前に確認しましょう。...

でわでわ。