フィリピン(英語)

【フィリピン留学】部屋の申し込みは一人部屋か、ドミトリーか?お悩み解決

どもども。

ドミトリーと一人部屋どっちにするか迷う〜

※『ドミトリー』・・2〜4名程度用の部屋のこと

留学で、申込みの時の部屋選びは、本当に重要!
どの部屋を選ぶか?によって、留学の満足度が大きく変わります。

正しい答えはありませんが、元留学スタッフとしての経験から、メリット、デメリットをお伝えします。

一番悩みどころな、”どのくらいの留学期間にするか?”はこちらの記事を確認してください。

【フィリピン留学】英語が話せるようになる留学期間の目安、おすすめ時期は?どもども。 『留学の期間』や『留学の時期』って悩みますよね? 個人の状況によって変わるので、正しい答えは無いですが。 4年間、...

 

 

一人部屋(個室)のメリット

熟睡できる

これは、かなり大事な部分。
学校生活は、時間が規則正しくなるので、朝早く起きて、深夜に寝るのが一番ベスト。
寝不足で、レッスン中に寝てしまうと、留学している意味がないです。

しかし、ドミトリーだと、人それぞれの生活スタイルになるので、”夜型の人”もいます。

例えば、深夜に2時とか3時に、電気点けられたり、音たてられたりと。
反対に朝方、朝の5時位にガサガサする人とか。

なので、少しの音でも起きてしまう神経質な人は、一人部屋の方が良いでしょう。

音読(声に出して読むこと)ができる

これも留学では大事な部分!

英語を伸ばすには,音読をする!!

         

これを、以前の学校のオーナーは、繰り返し言っていました!

音読とは、”英文を声にだして読むこと”。

英語を話すことになれるために、どうしても必要な作業です。

一人部屋だと、周りを気にせずにできます!

 

部屋を清潔に保てる

”自分は潔癖症だ”!!という人は、一人部屋の方が良いでしょう。
ドミトリーだと、だらしない人がいた場合、以下のようなことが懸念されます。

  • 食べたスナックのゴミを片付けない
  • 下着がそのへんに放置
  • 変な臭いがする

などなど。
フィリピンだと、あまり部屋が汚いと、アリが発生する可能性もでてきます。

エアコンを自由に使える

フィリピンは暑い。
「暑い時に、エアコン入れるのは当たり前でしょ?」って思うかもですがが、そうでない人がいます。

特に、年配の人は、寝る時にクーラーを消す傾向が強いような感じがします。

熱くて寝れないほど、しんどい事はない。
クーラーガンガンにつけたい人は、一人部屋の方が良いかも。

ルームメイトに気を使わなくても良い

ドミトリーだと、ルームメイトに気を使います。

「休みの日に○○行こうよ」
「今から○○するけど、行こう」
とか。

「行きたくないけど、断るのも悪いし、、、でも、勉強したいし」
と、悩むうちに、だんだんストレスに、、、、

自分のペースで留学生活を過ごしたい人は、一人部屋ですね。

完全にリラックスできる”一人の空間”をもてる

これは、言葉の通り。
留学生活は、思い通りに成績も伸びないことがあったり、、、
慣れない生活で、いろいろストレスがたまりがち。

”一人になれる空間”があることは、精神的に非常に大事です。
そういう場所が、別に見つけれたら良いですけどね。

では反対に、一人部屋のデメリットがこちらです。

 

一人部屋(個室)のデメリット

値段が高い

当然の話ですが。
一人部屋とドミトリーでは、料金が、だいたい1.3〜1.5倍変わってきます。

短期だとそこまで痛手ではないですが、長期になると笑えない金額差がでてきます。

例えば、
”3ヶ月間の留学、マンツーマンレッスン6時間”の金額の違いだと、、、

一人部屋 
金額約 50万円

4人部屋
金額約 62万円

3ヶ月で12万円の違いです!
これは、大きいですよね。

社交的で無い人は、友達ができにくい

フィリピン留学は、基本がマンツーマンレッスン。
そして、部屋も一人部屋だと、生活してて、人との接点があまりありません。

これが、社交的な人なら、食堂で友達なったりできますが。

「一人で集中したいから、別に友達いらない!」と言われる人もいますけど。やっぱり寂しいですよ。

ベッドにすぐ寝て、ダラダラしてしまう

「こんなの、自分のやる気しだいだろ!」って思いますよね?

でも、これが原因で、ドミトリーに部屋を変更した人もいます。
”youtube"や”お昼寝”と、一人だとやりたい放題なので。

快適すぎると、それはそれで、問題があります笑

では、次にドミトリーのメリット・デメリットです!

 

ドミトリー(相部屋)のメリット

基本は個室と反対の事ですが。
一つずつ説明します。

値段が安い

先程、書いた通りです。
長期滞在者には、助かります。

ルームメイトと仲良くなると、修学旅行みたいに楽しい。

これが、ドミトリーの一番のメリットですね!

一緒に寝泊まりして、勉強して、遊んだ友達は、たとえ期間が短くても、めちゃくちゃ仲良くなります。

それは、学校を卒業してからも、続く関係です。

下の写真は、自分がフィリピン留学していた時のもの。
一回り以上、年齡も違いましたが、、、一生の思い出です。

 

ルームメイトから良い刺激がもらえる

横で、一所懸命に勉強しているルームメイトを見たら、刺激になります!

”できる人”の生活スタイルや、取り組む姿勢を、真横で見れるのは、大きいメリットです!

 

ドミトリー(相部屋)のデメリット

熟睡できない

いびき、夜中に電気がついたり、、

耳栓買っていきましょう!笑

荷物に気をつけないといけない

ルームメイトに何かされるというより、自己管理をする必要があるということです。

例えば、以下のような状況は避けたいものです。

テーブルの上に置いていた財布がみつからなくて、

→大騒ぎし、ルームメイトも巻き込んで部屋を探す
→最終的に、カバンのポケットから見つかる。

本当にルームメイトはいい迷惑だし、気分悪いですよね。
貴重品の管理が面倒な人は、一人部屋の方が良いでしょう。

自分と性格が合わない人だと、ストレスが倍増

当然ですが、ルームメイトは選べません。
自分と合わない人が、ルームメートになることもあります。

ここで、避けたりすると、余計ストレスになるので、、、
難しいですが、”相手の良いところ”をできるだけ見つける努力をして、対応していきましょう。

音読ができない

先程も言ったように音読は、英語上達のために重要な作業です。

でも、ドミトリーだと声を出すのは気を使いますよね。
誰か寝てるかもしれないですし。

学校に自習室とか、音読できる部屋があれば問題ないです。
事前に学校に、音読できる部屋があるか?の確認をオススメします。

 

上手な部屋の選び方とは?

みなさん、いろいろな理由があって部屋を選びます。

私は、”ドミトリー派”でした。

理由は、部屋には、基本的に寝る時しかいないし、勉強は外でしていたからです。

でも、ドミトリーにした一番の要因は、お金です。
できるだけ、長く滞在したかったので。

そして、一人部屋を選んだ友人に理由を聞きました。
彼は、『勉強以外のストレスを、作りたくなかった』と言っていました。

非常に納得できる理由です。
快適な自分のスペースを持つことは、良いパフォーマンスをするために大事!

ということで、第一希望が、『とにかく勉強に集中したい!』という場合は、一人部屋が良いでしょう。

 

部屋選びに迷った時の、オススメの部屋の選び方をお伝えします。

最初は『ドミトリー』を予約する

それで『無理だ』と思ったら、学校に追加料金を払って、一人部屋に変更する
ほとんどの学校はOKなはずです。(予約埋まってるとダメですが)

上記のように、滞在中に部屋の変更が可能か?は留学前に確認しておきましょう。

でわでわ