留学ガイド

【35歳でフィリピン留学】大人でも大丈夫?社会人留学の現状とは?

どもども。

一般的に留学って、学生さんや若い人達が行くものって考え方がありませんか?

『就職や結婚してから、留学は難しい!』と。
私も、そう思っていました。

でも、35歳で初めて留学。

その後フィリピンの語学学校で働いた3年間で、多くの社会人・アラフォーの方が留学に来ているのを見ました。

そこで、30代からの社会人留学の現状や雰囲気を、実際の経験から説明します。

この記事は以下のような方におすすめです。

  • 社会人になってから、英語が話せるようになりたい
  • 会社が忙しいから、留学は難しいと考えている
  • 大人になってからの留学に興味がある

それでは、まずはこちらから。

社会人・大人留学の現状や雰囲気とは?

学校内の年齢構成について

私が今まで留学した学校では、8割から9割位が30才以下でした。

大学生、また、ワーキングホリデーに行く準備できている、20代の人達がほとんど。

聞いている限り、おそらく他の英学校でも同じような構成比です。

ただ、学校の特色として『大人留学』をアピールしている学校があり、そこでは逆に30代以上の方が多いようですね。

また、生徒だけでなく、先生もほとんど20代の先生ばかり。

間違いなく言えることは、30歳以上で留学を考えている人は、留学先で出会う人のほとんどは、自分よりも若いということです。

そして、若い人達はエネルギーがあるので、すごく楽しそうにしてます。先生も、同年代の若い人達と一緒にいる方が楽しそうですし。

『そんな若い人達と、ずっと一緒の生活はしんどいなぁ〜』と思うかもしれません。

でも、心配は無用。

一緒に行動しなければならないのは、グループレッスンの時と、最初のオリエンテーションぐらい。

それ以外は、十分、プライベートを確保できます。
何も強制はありません。

でも、ずっと一人でいても、孤独だし、精神的にも疲れます。単純に面白くないですね。

どうすれば、若い人達とうまくやっていくのか?

せっかく留学に来たのなら、『自分も学生時代に久しぶりに戻れた!』ぐらい、開き直るべきです。

そういう人のほうが、充実してるように見えました!。『自分は、もう若くないし、話しかけにくいなぁ』ってなったら損。

思い切って話しかけると、若い人達は問題なく受け入れてくれます。年上だからといって、説教じみたことばっかり言う人は、避けられますけどね。

自分は重度の人見知りなんで、けっこう一人でいました笑。

でも、そんな自分でも、いつも1〜2名位は一緒にご飯を食べたり、話せる人がいたのは幸運でした。

みんな、一回り以上年齢違いましたけどね。
すごく良い思い出です。

ちなみに、留学で生まれる人間関係ってすごく深くなります。

一緒に寝泊まりして生活を共にしてるからですかね?
卒業した今でも仲良くしてくれて有難い話です。

フィリピン留学のルームメイト

初めての留学で、最初のルームメイトとの写真。左上が私。みんな一回り以上年齢が下で、最初はこのルームメイトだけが友達でした笑

このように、ほとんどの学校は若い人達しかいませんが、”年齢構成が高めの学校”もあります。

大人に人気の学校の特徴とは?

以下のような学校が、30代以上の方に人気です。

  1. 宿舎がホテルだったり、それ並に綺麗

  2. ビジネス向けのコースが多い

  3. 校内の食事が豪華(日本食がでるなど)

  4. いろんな業界の人が多いので人脈が広がる

  5. その分授業料がかなり高い

特にビジネスマンの方は、落ち着いた環境があるのをを好まれるみたいですね。

実際に、"大人に人気の学校"と、”普通の学校”の両方に留学した人から、話を聞いたことがあります。

この方によると、大人向けの学校は『人脈が広がる』という意味で、ビジネスマンや経営者にとって良かったということです。

プレゼン内容とかもビジネスに特化したものだったりで。でもレッスンは、どの学校も似たようなものと言っていました。

ただ、”大人に人気の学校”は費用がかかります。費用を抑えたい人には、上記のような学校はオススメできません。

私は、ほぼ食べ物も現地食を食べて、宿舎も普通にきれいという感じ。そして、ドミトリーなので2段ベッドです。

お金があれば、それは設備が良い学校に行きたかったですけど笑

どういう学校を選ぶにしても、自分がストレスにならないところを選ぶことが大事です。

 

どんな種類の社会人の方が来ているのか?

私の経験から多い順番でいうと、、、、

  • 会社辞めて、次の職が決まるまでの間(20代が多い)

  • ワーキングホリデーに行くまでの準備

  • 会社の研修で来ている

  • 短期休暇で来ている方(1週間から2週間)

  • お子様の勉強の付き添いできている

  • 定年退職をされて来ている

  • 世界一周に行く準備

  • 海外の大学に進学前

  • 会社の研修・トレーニング

などなど。

親子で来られている方は子供さんより楽しまれていて、ほほ笑ましかったですね笑

注目は、短期休暇で来ている社会人です。
盆休みやゴールデンウィーク、正月休みを利用して来てました。

留学というと長期というイメージがありますが、私が以前働いていた学校では、1週間の留学から可能でした

(学校によっては2週間以上からしか受付をしていないところもあり)。

それでは、たった1週間の留学でどのような成果が見込めるのでしょうか?

社会人が1週間だけ留学した時の成果とは?

英語を本格的に勉強するきっかけになる

このきっかけが非情に大事!

英語はコミュニケーションツールです。

アウトプット(実際に話して)をして、初めて『もっと自分の事を話たい!』『相手の言っている事をもっとわかりたい』という欲求がでてきます。

そういう気持ちが、英語を勉強するモチベーションになり、英語の勉強がもっと楽しく自発的にできるようになります。

英語上達するための課題が、留学でより明確になる

「文法通り話せてない」、「単語が不足している」などなど。

なので、帰国してからの勉強のやり方も、より実践的な無駄のない勉強ができるようになります。

正直、1週間の留学では、劇的な英語力のアップは見込めません。また、なかなか社会人で、ご家族もいる方だと、1週間の留学も難しいでしょう。

ただ、上記のように、たった1週間でも留学するメリットはたくさんあります。

英語が話せるようになりたいと本気で考えている方は、1週間の短期でも留学に行くことをオススメします。

まとめ

『あまり若い人達は苦手だな、、、』と思われる方は、8月と2〜3月は避けましょう。学生さんが多いシーズンなので。

それ以外は社会人の方が多い時もありますよ。

ぜひ、頑張って時間を作って、留学に行ってほしいです!世界がもっと広がって、英語が好きになれますよ。

でわでわ