フィリピン(英語)

【帰国後、後悔しないために】フィリピン留学中に、絶対やるべき10のこと!

どもども。
 
最近では、”英語力向上の留学”として、メジャーになったフィリピン留学。
 
私は、約3年間フィリピンの英会話学校のスタッフとして働きましたが、その時に、いろんな生徒を見ました。
 
大半は、大学生ですが、他には、
 
  • フィリピンが初めての海外の方
  • 親子で来ている方
  • 社会人で1〜2週間の短期留学に来ている人

などなど。

ほとんどの人は、忙しいスケジュールでやっと時間を作ってきた人です。
また、だいたいの方は帰国すると、すぐにフィリピンにもう一回来るということはありません。

何が言いたいかというと、

みなさんにとって、留学は、何回もできない特別なもの!

ということ。

ということで、この記事では、”フィリピン留学中に絶対にするべき”ことをまとめました。
自分が、「フィリピンに行く前にこれを知ってたら、最高やったのに」というものです。

留学なので、もちろん英語力向上のための中心ですが、せっかくフィリピンに来たので、フィリピンだけでしか体験できないものも紹介してます!

この記事は以下のような方が対象です。

  • フィリピン留学を最高に充実させたものにしたい方
  • 勉強も大事だけど、”フィリピン”を満喫したい方
  • 帰国後に後悔したくない方

それでは、まずはこちらから!

 

フィリピン留学に絶対するべきこと 勉強編

フィリピン人先生を中心に、フェイスブックで100人以上友達になる

最近、人気がなくなってきたと言われるフェイスブック。
 
でも、フィリピンはほぼ100%?の人がフェイスブックしていると言っても言い過ぎではないです。
 
ということで、留学中に、できるだけ多くのフィリピン人とフェイスブックで友達になること、”英語力の向上”に非常に役立ちます!
 
おすすめの理由
 
  1. 話したことない人でも、フェイスブックで友達になれば、それがきっかけで話しかけれる!多くのフィリピン人と話す機会が増えるのは、それだけ英語を話す場所が増えるということ
  2. 気になる人の英語の投稿を日本語訳してみる。最初は難しくて時間がかかりますが、だんだん翻訳が早くできるようになる。
    →英語の読解力や日常会話のフレーズが身につく!

  3. 英語の投稿をしてみる。内容は何でも良いので。先生や友達が”いいね”たくさんしてくれて、テンション上がって続けれる。自分の思っていることを英語にする良い機会で、英作能力が上がる
帰国してからでも、フェイスブックを続けると、それも良い英語の勉強になります。
 
自分もアラフォーで、留学をきっかけにフェイスブック初めました。
 
留学だけでなく、海外で外国人の友達を増やすにはLINEより必須です!
 
 
 

英和辞書アプリを購入する

このブログでは、英語力向上のために、よくオススメしているものです。

ふとした時に、「これ英語でなんて言うのかな?」って思うことがありますよね?

そこで、すぐ辞書で調べる!これが、単語力アップの近道です。
自分が興味をもった単語なので、テキストにの単語より、はるかに定着します。

でも、電子辞書をいつも持ち歩いてる人なんてなかなかいないですよね?

そこで、スマホアプリです。

オススメの辞書アプリは、ウィズダム英和辞典2
特徴は、

  • 電子辞書の5分の1位の価格
  • スマホで使えるので、どこでも単語が調べれる
  • インターネットに接続しなくても使える
  • 例文が多い

無料の辞書アプリは例文がないものが多く、使えません。
留学や海外旅行には、ダウンロードしていきましょう。

ウィズダム英和・和英辞典 2

ウィズダム英和・和英辞典 2
開発元:物書堂 

¥2,900
posted withアプリーチ
 

 

 

 

プレゼンテーションをする


「人前で話すのが恥ずかしい」

「日本語でも難しいのに、それを英語でするなんて・・・」

などなど、”英語でプレゼンをする”と考えるだけでネガティブに感じますよね?

自分も初めはそう思っていました。
でも、実際は、プレゼンは英語力を上げる要素がアリすぎでした。

メリットは以下の通り。

  • 正しい文法が身につく
  • たくさんのフレーズを暗記できる
  • 人前で英語を話すことが、できるようになる
  • 聞いている人を、飽きさせない話法が身につく

留学中には少なくとも2回は必ずしてください!
1回目は、最初なので緊張して絶対うまくできないので、2回目で完璧に仕上げるぐらいの気持ちで。

「英語プレゼンの重要性、やり方」はこちらの記事で書いています。
ぜひ、チェックしてください。

【英語力が劇的に上がる方法】留学中に英語でプレゼンテーションに挑戦!どもども ”フィリピン留学中に英語力がなかなかアップしない!”と、悩んでる人って多いですよね? そんな人にオススメしたいのが、プレゼ...

 

TOEICテストを受ける

自分は日常英会話が上手になるのが目的だから、TOEICの点数は必要ないや。日本に帰ってからでも受けれるし。

留学していた当時、自分は上記のように思ってTOEIを受けませんでした。

というか、そもそもフィリピンでTOEICを受けれるという知識もなく、行っていた学校も別にオススメしてなかったので。

結局、フィリピンで働きだしてから受けましたが、「留学中に受講しておくべきだった」と後悔しました。

留学中にTOEICを受ける最大のメリットは、高得点を出せる可能性が日本より高いからです。

その理由は、以下の通り。

  • 日本より、集中してTOEICの勉強ができる
  • 留学している時が一番、英語力が高い
  • 受講料も日本より少し安いし、結果が1週間程ででる
  • 毎月、テストが開催されている
  • 英語力の伸びに行き詰まった時の気分転換になる

 

日本に帰ってから受けようとしても、仕事やバイトが始まったりで忙しかったり、勉強する時間がとれないなどの理由で、なかなか万全な状態では受けれません。

そして、TOEICのスコアは、もっていて損なことは絶対にありません!
なんだかんだ言っても、日本で一番の英語ができる証明になるもの。
スコアが不足していることで、就職の選考から外れることもあります。

短期留学では、受講するのは日程的に難しいですが、長期の方は必ず受けましょう。

こちらの記事で、受講方法などを詳しく書いてます。

社会人の5ヶ月留学!日常英会話が可能になった学習方法やスランプ対策とは?フィリピン留学の3ヶ月目〜卒業までの記事です。 この記事のやり方で、日常英会話ができるようになりました! 留学で、英語の伸びが悪い人や、日本で、英語の勉強に行き詰まった人は、ぜひチェックしてください!...

 

超短期で、他国へ旅行する

こちらは、三ヶ月以上滞在の方へのオススメです。

旅行と聞くと”遊びに行く”って思われがちですが、これも英語力向上のために非常に有効な方法です。

他国への旅行の目的は以下の通り。

  • 勉強した英語を実践できる
  • フィリピン人以外の外国人と英語で話せる
  • リフレッシュできる

要するに、自分の英語力が、どこまで通じるか?確認するためです。

フィリピン留学で長期で滞在してると、自分の英語力の伸びを、なかなか感じれません。
自分で成長が感じれるようになっているときは、実はすでに、けっこう話せる状態になっている時なんですけどね。

「もう3か月も留学してるのに、全然話せるようにならない」

「フィリピン人の先生だから、会話が成り立つけど、他の国の人だったら絶対話せない」

などなど、ついネガティブに考えてしまったりもします。

なので、他の国に行って確認しよう!ということです。

実際、他国へ行ってみると、思っている以上に自分の成長を感じれますよ。
英会話において、”自信”って大事です。

自分の英語が通じる!という自信で、「もっと勉強して、もっと上手くなりたい!」というモチベーションにつながります。

また、逆に想像よりも自分の英語が通じなかったら、それは勉強方法を変えなければならないってことです、

どっちにしても勉強のモチベーションアップにつながります!
そしてリフレッシュになりますしね。

でもそんなお金ないねん

それが、めちゃめちゃ安く他国に行くことができます。

例えば、首都マニラからだと、時期によっては、ベトナムやシンガポールやマレーシアなら片道5000円!

でも土日だけは短気すぎるし嫌や

確かに、1泊2日とかは、逆に疲れちゃいますよね。

個人的意見ですが、一日位、学校休んでも良いのでは?と思います。
お金もったいないですけどね。

でも、他国に行ける機会もそんなありませんし。
2泊3日なら、十分リフレッシュできるし、そんなお金もかかりません。

短期旅行をする場合は、以下のサイトがオススメですよ!

 

 

フィリピン留学中に絶対するべきこと 観光編

名物バロットと、激ウマのシシグを食べる

海外行ったら、そこでしか食べれない食べれないものを食べる!
しかも、インパクトのあるもの!

となると、フィリピンでは、バロットとなります。

バロットは、生まれる直前のものをゆでてるので、カラをむくと、ヒナドリがむき出しで見えるという、なかなかグロテスクなものです。

フィリピンでは、栄養満点の食べ物ということで有名で、体に害はありません。
ただ、味は、、、これは、意見が分かれるところです笑
 
インスタばえもしないですが、ネタにはなりますので、ぜひトライしてみましょう。
 
 
また、フィリピンフードの中で一番、日本人の口に合うと言われているのはシシグ
 
 
豚の肉や皮、レバーなどを細かくみじん切りにして、それを玉ねぎで炒めたもの。
これを専用の醤油と唐辛子をかけて食べます。
 
 
とにかくご飯とめちゃくちゃ合うので、絶対食べてみてください!
本気で、シシグをメインに、日本でファーストフード店オープンしてやろうかと思いました笑
 
 
 

フィリピンで一番きれいなビーチがあるパラワンに行く

フィリピンのリゾートと聞けば、思いうかぶのがセブ島でしょうか?

だからなのか、「勉強も、キレイなビーチも両方とも満喫したい!」ってことで、セブ留学が人気なんだと思います。

でも、実際、セブ島って少し観光地化されすぎてたりで、そんなに簡単にキレイなビーチにはお目にかかれません。(悪くはないですが)

フィリピン人に「おすすめのビーチは?」と聞くとだいたいでてくるのがこの二つ。

ボラカイ と パラワン。

自分がオススメするのは断然パラワンです。
ボラカイは、夜のビーチがパーティ会場になっててかなり騒がしいとのことなので。

パラワンは、”フィリピン最後の秘境”と呼ばれ、世界で一番美しい島に選ばれたところでもあります。

ボラカイほど騒がしくなく、感動するほどキレイなビーチと夕焼けで、最高の思い出を作りましょう!

パラワンへのアクセス

首都マニラから、国内線でプエルト・プリンセサ空港まで約1時間30分。
チケット代は片道6000円〜7000円ほど

 

簡単なタガログ語フレーズを覚える

フィリピンは、ほとんどの人と英語でコミュニケーションできますが、中には現地語しか話せない人もいます。

そして、フィリピン人が日常で使っているのは英語ではなく現地語。

フィリピンの現地語(方言も含めて)の数は、全部で80前後あると言われていますが、その中で圧倒的に使われているのが、タガログ語

少しタガログ語フレーズを知っているだけで、生活が便利になるし、フィリピン人がもっとフレンドリーに接してくれます。

ちょっとタガログ語を話せると、騙そうとしてくる悪い人も「おっフィリピン知ってるな」ってことで、自分の身を守るためにも良いです。

メリットしかありません。

英語を学習しにフィリピンに来ているので、現地語を一生懸命する必要はないですが、こちらの”初心者用タガログ語フレーズ”の記事で、少しでも覚えてくださいね。

【初心者用】 タガログ語(フィリピン語)で会話!簡単な便利フレーズと学習方法どもども フィリピンの現地語はタガログ語! フィリピン語とは言いません。 そのタガログ語の、本当に使えるフレーズだけをまとめました...

 

マッサージに行く

今まで、東南アジアの国のほとんどに行きました。

間違いなく言えるのは、フィリピンが一番、マッサージの金額、質ともにナンバーワンということ。

ボディマッサージ1時間が約450円〜500円で受けれるんですよ!

女性にとっては、格安のところは、少し衛生面に不安を感じるかもしれませんが、それこそ1000〜2000円もだせば、清潔感のある場所で美容マッサージを受けることも可能です。

勉強して、頭がクタクタで、ストレスを感じてる時は、マッサージが本当にオススメ。

この金額なら、滞在中に週1で行けますよね。

 

小学校のボランティア活動に行く

よく「東南アジアの子供は目が、日本の子よりキラキラしてる」など言われますが、実際、合ってみると、間違いなくそうでした。

特にフィリピンの子供は、人なつっこくて、元気!
こっちまで元気がもらえて、子供の頑張ってる姿を見ると、「こっちも頑張らな!」と思えてます。

ということで、小学校のボランティア活動は本当におすすめ!

自分が行っていた学校では、”教室のペンキ塗り”や”バスケットコートのライン引き”などのボランティア企画をやっていたので毎回参加していました。

とはいえ、学校なので興味本位に行くと、学校側に迷惑がかかりますし、不審人物と思われてしまいます。

多くのフィリピンの英会話学校では、「学校訪問アクティビティ」ということで、英会話学校側が手配してくれます。

もし学校が、そういう企画をしていなければ、学校の先生に「小学校に訪問したい」ということをお願いしてみてはどうでしょうか?もしかしたら、連れて行ってくれるかもしれません。

繰り返しますが、迷惑になるようなことだけは避けましょう。
自分の子供が、外国人といきなり遊んでいたら嫌ですよね?
必ず許可をもって行くようにしてください。

 

さいごに、、

以上が、”フィリピン滞在中に絶対するべきこと”です。

自分もこの中で一つだけ実行できていないことがあって、それが”パラワンに行く”です。

「いつか行くことになるやろ〜〜」と思って3年間過ごしていたら、結局行けずじまいでした。いくらでも、行こうと思ったら行けたのに。

日本からパラワンに行くとなると、完全に一日は移動でつぶれるし、金額も高い。

でもフィリピン滞在中なら、そんなに費用も時間もかからなくいけます。
行った人からは、「最高に良かった!!」という声しか聞きませんでしたし。

せっかくの限られた時間なので、できることは後悔しないようにしてくださいね!

でわでわ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください