英語を話せるメリット

大学生や社会人は留学するべき!英語を話せると人生が変わる6つのメリット

どもども。

ほとんどの日本人が”英語を話せるようになりたい!”と思った事があるはずです。

最近は高性能な自動翻訳機も登場し、おそらく数年後には語学力がなくても、瞬時に外国人とコミュニケーションができることが予想されます。

でもそれだからといって、語学をしないのは、もったいない!!なぜなら”英語が話せる”だけで、メリットありすぎなので!

そこで、『英語が話せる6つのメリット』詳しく説明します。

目的は、

みなさんの英語を勉強するモチベーションを上がること!!

私は、35歳でフイリピン留学して、英語が話せるようにり、メリットの多さを実感しました。

その後、フィリピンの語学学校で働いて、たくさんの生徒さんからも、"英語が話せるようになったメリット”を聞きました。

その中から、特に印象深かったメリットを紹介します。

 

英語が話せると感じる6つのメリット

大学入試、昇進や昇給に有利

英語ができるだけで、大学に入れます。

2018年から、小学校3年生から英語が必修科目に。

2020年からの大学入試では、英語の4技能(読む・聞く・話す・書く)を評価することが文部科学省より発表されました。

今後はより、実践的な英語が重要視されます。

そして、会社員においても、上場企業の4社に1社が、TOEICの点数を『昇進の条件』に入れているほどです。

世界の人とコミュニケーションができる

アラフォー10回留学 フィリピンのかわいい子供
 

英語は世界で最も使われている言語。約60ヶ国が英語を公用語・準公用語に指定していて、世界の5人に一人は英語を話せると言われています。

英語を話せるだけで、20億人以上と会話できるということ。

仕事の選択肢が広がる

英語を話せると人生が変わる アラフォー10回留学

日本では、”転職35歳限界説”があります。35歳を過ぎると、よほどのキャリアが無い限り転職もできない。でも、これが海外勤務だと年齢はそこまで気にされません!

最近の世論調査で、『外国で働きたいと思っている日本人』は約10.5%。これは、海外で働きたくない人が多い=競争相手が少ない事を意味します。

私は36歳の時、アジアで就職活動しましたが、シンガポールやフィリピンで5社から内定をもらいました。

英語を話せることで、海外での転職も可能になり、就職先の選択肢が増えました。

別に英語ペラペラの必要はありません。大事なのは、『どれだけ英語でコミュ二ケーションできるか?』というところです。

ちなみに、日本ではTOEICが”英語をできる目安”にされてますが、私の経験上、海外でそこを重要視された事はありません(高得点にこした事はないですが)。

世界の最新情報をいち早く入手できる

社会人留学 アラフォー10回留学

世界の情報は、まず先に英語で発信・更新されます。

IT関係の友達に聞きましたが、新しいソフトができて、その技術書(参考書)が日本語に翻訳されるのも、だいぶ時間差あるとのこと。

英語がわかるだけで、世界の最新情報をいち早く入手できます。

海外旅行がより安全に快適になる。

アラフォー10回留学 英語を話せるメリット

海外では、英語が話せない=”自分の意思を伝えれない”ということ。

旅行中に、英語ができないだけで、ストレスがたまり、せっかくの旅行が『嫌な思い出』になります。悪い人にも騙される確率が増えますし。

英語を話せると、例えばこんな時に助かります。

きちんと抗議ができる

マーケットで商品を売りつけられて、適当に『Yes , Yes』と答えてたら法外な請求を受けたりなんてこともあります。英語が話せると、「嫌なものは嫌!」とはっきり言えます。

現地のツアーに参加も可能。

これが、もし日本語ガイドがいるツアーだと2倍以上の料金を請求されたりします。

日本の代理店を通さないので、交通機関のチケットが格安で買える

日本のエージェントを通さないで、交通機関のチケットを買ったり、ツアーに参加できるので、出費は驚くほど減ります!

 

6,新たな”出会い”のチャンスがある

アラフォー10回留学

恋愛対象になる人が、何倍にも増えます。
私は、外国人と付き合った事がないので、全く説得力がないですが笑。

ちなみに、英語を覚える近道の一つが”外国人の恋人を作る”です。

『自分の気持ちをもっと伝えたい!!、もっと自分の事をわかってもらいたい!!』という気持ちで、語学力が格段にアップします。

おわりに

以上、もっとたくさんのメリットがあるかもですが、身近に感じる部分を紹介してみました!

英語が話せるようになるために、一番オススメなのは、留学です。

『英語のレッスンだけなら、オンライン英会話で十分!』みたいな声がありますが、留学だと、まとまった時間、英語の勉強に集中できるので、その分、上達も早いです。

私は、日本で英会話教室に通いましたが、英語が習得できませんでした。自分の努力不足のせいですが、圧倒的に英語を話すことが不足していたからです。

だから、留学を選びました。

また、留学はメインの英語力以外に得られるものもいっぱいあります。『仲間』や『人脈』や『海外の価値観』とか、、、

というわけで、費用がかかりますが、留学は絶対メリットの方が多いわけです。

下の記事は、35歳でフィリピン留学をし、英語が話せるまでの過程について書いてます。

参考にしてくださいね。

社会人の5ヶ月留学!英語が話せるようになった学習方法と、スランプ対策フィリピン留学の3ヶ月目〜卒業までの記事です。 この記事のやり方で、日常英会話ができるようになりました! 留学で、英語の伸びが悪い人や、日本で、英語の勉強に行き詰まった人は、ぜひチェックしてください!...

でわでわ