中国

中国 雲南省 おすすめ旅行ルート①昆明空港から市内、西森山公園の行き方

どもども

2018年に、約8日間、中国の雲南省を旅しました!

駆け足で、できるだけ多くのところを見て周ろうとした結果、行ったルートがこちら。

昆明 コンメイ(1泊)
→大理 ダイリ(1泊)
→麗江 レイコウ(1泊)
→束河古墳・百沙村 ソクカワ・ビャクサ(1泊)
→香格里拉 シャングリラ(2泊)
→大理(1泊)
→昆明

初めての中国だったので、不安がだらけでしたが、結果的に最高の旅になりました!

 

ということで、ニュースではネガティブな内容が多い中国ですが、自分の中国のイメージは、めちゃくちゃ良いです!それもこの旅のおかげ。

この雲南省の旅の記録を4回に分けて、これから旅する方に役立つような情報をシェアします!

まず、最初に雲南省の旅の魅力を少し説明します!

 

 

雲南省を旅する魅力とは?

①雲南省の玄関、昆明は快適な都市
年間を通して、暑すぎず、非常に暮らしやすい気候。
そんな気候のせいか、”昆明の人は優しい”とも言われている。
語学学校や大学もあり、留学先としても注目されている。

①バックパッカーの聖地、大理
「深夜特急」って小説を知っていますか?
アラサー以上の旅好きの人なら一度は見たことがある旅人の聖書(バイブル)的な本です!
その本の主人公が、あまりの快適さに”沈没”したところが大理。
バックパッカーの聖地とも呼ばれています。

②世界遺産の古都 麗江
雲南省は、少数民族が多いことでも知られている。
その中で独自の文化とチベット仏教をもつナシ族が作った都。麗江は中国でも超人気の観光スポット。お城や少数民族の村など見どころがいっぱい。

③チベット自治区と接している理想郷 香格里拉(シャングリラ)
標高3200mの場所にある中国で最もチベットに近い町。
中国にいながらチベット文化を最も感じられ、その広大な自然は、世界自然遺産にも登録されている。

などなど旅する魅力がいっぱいです!

 

 

深夜に昆明(コンメイ)に到着!

深夜の昆明空港から、市の中心までバスで移動

深夜の便で、雲南省の省都 昆明(中国語読みではクンミン)の空港に到着。

昆明空港から市内への行き方は3つあります。

  • タクシー
  • エアポートバス
  • 地下鉄

深夜の空港からのタクシー移動は、トラブルになると嫌なので避けました。値段も高いし。

地下鉄は夜の22時まで。
ということで、エアポートバスで中心の昆明駅まで行くことにしました。

空港を出たらすぐに、チケット売り場があり、そこで、中国語で昆明鉄道駅と告げてチケットを買います、25元(約580円)。

中国でバスチケットを買ったり、乗り物に乗る際の注意

”中国では筆談で旅行ができる”とよく聞きますが、実は難しいです。字は簡体字なので、日本の漢字とは少し違います。例えば、昆明鉄道駅の場合、簡体字では、”昆明火车站”と書きます。けっこう、違いますよね。
中国語読みでは、”クンミンフオチュー ジャン”。

中国の旅では、Google翻訳が使える状態だと問題なしです(中国でのGoogle使い方は、後で説明)。

使えない場合は、簡単な中国語旅行フレーズは少し覚えておきましょう。タクシーの運転手やチケット売り場でも、英語が通じないことの方が多いので。

バスに乗るにも、たくさんバスが止まっていて、どれに乗るかわかりませんでしたが、なんとかチケットを運転手に見せてまわって、乗車しました!

けっこう大変だったので、お金に余裕がある方は、タクシーで移動した方が良いかもですね。

※ちなみに地下鉄は、昆明駅に着いてからが、階段が多いのと距離も出口まで1km位あるらしいので、大きい荷物の人には向いてないみたいです。

 

空港を出たバスは、45分位で、昆明駅に到着。
そこからは、タクシーを捕まえて、宿に向かいました。

ドライバーに宿の住所を見せるだけ。また、ドライバーさんも値段こそ交渉でしたけど、そんな高くもなく、めちゃくちゃ良い人。

ちなみにそれからもタクシーをたまに使いましたが、トラブルは一度もなかったです。バスと比べると値段がかなり高いのが難点。

1泊目のホテル Kunming Cloudland International Youth Hostel

男女混合ドミトリー 1泊 36元(約605円) 

中国語では、昆明大脚氏国際青年旅舎。
ちなみに、中国語でユースホステルは青年旅舎(チンニェン ルーシュー)と言います。

この宿に関しては、夜中の1時過ぎに到着して、朝もすぐ出たので大した感想がありません笑

でも、夜中のチェックインも対応してくれて、寝るだけであれば、全く問題無いところでした!

 

そして、翌日には、すぐ大理に出発。
昆明には1週間後に中国語留学のために戻ってきました。
その留学中に訪れたオススメ観光地を紹介します!

昆明 おすすめ観光地 西山森林公園 

昆明の中心から、南西に15km位離れた場所にある森林公園。
雲南中部で最も景色の良い場所と言うことで行ってきました!

西森山公園への行き方


バスに乗っていくのが、主流だったみたいですが、2017年に地下鉄を使って行けるようなったと学校の先生に勧められ、それが一番楽そうだったので、地下鉄を使いました!

路線図はこんな感じ。
この軌道3号線の終点の「西山公園駅」に向かいます。
中心から30分もかからない程だったと、、。
金額は昆明の中心から、5〜6元(約100円)と安い!

 

そして、中国の地下鉄は、日本より、それ以上に整備されていました!
チケット買うのも難しくないです。

ホームもきれい!

電車の中はこんな感じ。
土曜日でもそんな混んでなかったです。

 

ロープウェーで頂上まで。”登竜門”を見よう!

西山公園駅から、公園の入り口までは、すぐ近くです。
駅前だけでもこんなに景色が良い!

この西山森公園を楽しむにあたって、一番オススメのコースが、

  1. シャトルバスで、ロープウェー乗り場まで移動
  2. ロープウェーで頂上まで登って、徒歩で下山
  3. 下山途中にあるシャトルバスに乗って、最初の地点まで戻る

です。

”往復のシャトルバスとロープウェイ乗車”がセットになっているチケットを購入しましょう。

チケット売り場は、駅から出て道なりに進んでいくとあります。

88元(約1500円)と少々高め。

でも、相当の体力と時間がないと、かなり厳しいコースなので、チケットの購入をオススメします。

そのチケットがこちら。

ロープウェー乗り場へのシャトルバス乗り場は、チケット売り場のすぐ近くにあります。

10分くらいでロープウェー乗り場の前に到着。

このロープウェー売り場でけっこう長く並ぶことになるはずです。
乗るまで30〜40分並んだかな?

このロープウェーが迫力満点!!
高所恐怖症の人はやめといた方が良いでしょう(笑)

こんな感じです。

景色を写真とるのに、危うくスマホを落としかけました笑
ただ、面白かったですけどね!

頂上に到着するとそこは標高2000メートルになります。
たまに高山病になる人もいるみたいなので注意してください。

頂上に到着すると、山をくり抜いてできたような道を下りていきます。
こんな感じ。景色がめちゃくちゃキレイでした!

階段が急なところもあり、想像以上に疲れます。

また、途中には、"登竜門”の語源になった、本物の登竜門があります。
たくさん人がいるので、すぐ見つけれるはずです。

最終的に下まで降りて、バスに乗って最初の地点に戻ります。
全部で2〜3時間で行けるかなと。

バスに乗っている時に、徒歩で下りている人を見ましたが、本当に大変そうでした!繰り返しますが、チケットを買っていくことをオススメします。

以上、西森山公園でした!

昆明に来た人のほとんどの観光客が行く位、有名なところらしいので、ぜひ行ってみましょう!

 

中国旅行を快適にするために、中国語を習おう!

今回、旅行をして感じたのが、「英語がなかなか通じないな」ってこと。(日本もほとんど通じないですが)。

自分は、事前に台湾で留学していたました。
なので少し簡単なフレーズが話せたので、まだマシでしたが、言葉の大事さを痛感しました。

中国語を片言だけでも話せるだけで、旅行は何倍も楽しくなるのと、格段にスムーズに物事がすすみます。

なので、中国旅行をする前に、中国語を勉強するのを、強くオススメします!!

方法は2つ。

  1. 旅行前に、中国語の旅行フレーズを覚える
  2. 中国語留学をする

①は参考書を買うなり、ネットを調べるなどしての自習です。

こんな記事が、ネットに多くあるので参考にしてください。

【中国語】日常会話や、食事でよく使う便利フレーズまとめ!読み方付き中国語の、友達との日常会話でよく使うフレーズをまとめました。 会話の幅が広がる、覚えやすいフレーズばかりです!...

 

私のオススメは②の”留学をする”です。

留学なんか、社会人じゃ無理だよ。休めないもん

ということで、1週間からでも留学できる超オススメ学校を紹介します。

自分は、この旅行の後に、この学校で1週間勉強しました!

この中国語学校がめちゃくちゃ良かった!
以前にフィリピンの英会話学校で働いていたので、学校を見る目はあると自負しています。
台湾の3つの語学学校での留学も経験していますが、比べても断トツでした。

この学校で、勉強するメリットは、以下の通り。

  • マンツーマンレッスンで勉強できる
  • 先生に発音のチェックをしてもらえる
  • 先生やスタッフが超親切
  • 歴史のある学校なので、初心者にも教えれるノウハウがある
  • ”簡体字”で勉強できる(中国で使われている中国語の文字、台湾は繁体字)
  • 1週間からの短期留学が可能

特に発音のチェックはポイント高いです。
中国語の場合、発音が4声と言って、4通りあります。
自習じゃ、自分の発音が正しいか確認できないですし。

この記事で詳しく、その学校のことが書かれているので、興味のある方はチェックしてみてください。

【中国語 短期留学】超おすすめ!昆明のKeats マンツーマンレッスンの費用や感想どもども。 中国へ留学する場合、大学か語学学校のどちらかになります。 ただ、大学だと入学時期や期間が決まっており、短期留学には不向き...

 

何も言葉が通じないというのは、本当に冷や汗ものですよ。。
忙しいくて、なかなか時間がとれないと思いますが、”中国の滞在を最高のもの”にする意味でも、勉強してくださいね!

次の記事では、バックパッカーの聖地 大理を紹介!

次回の記事では、大理を旅行した際のことを紹介します。

オススメ観光地や宿泊先もありますので、ぜひチェックしてくださいね。

最後に、中国旅行するのに便利なアプリ等を紹介します。

中国旅行に行く前にダウンロードしておくべきアプリ

みなさん知っていると思いますが、中国では残念なことに普段使っているアプリが使えません。

有名どころでいうと、、、

  • フェイスブック
  • グーグル系のアプリ
  • youtube

などなど。

そこで、中国旅行する前にこれだけは!というアプリを紹介します。

① We Chat(無料)
中国でいうフェイスブックです。
中国人と友達になるには必須のアプリ。

WeChat

WeChat
開発元:WeChat
無料
posted withアプリーチ
② MAPS.ME(無料)
旅行に、Google Mapは必需品ですよね?
このアプリは、Google Mapとほとんど同機能のアプリです。
何より嬉しいのが、GPS機能で、自分の今の場所がわかるところ!
 
MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ
③ オフライン中国語辞書アプリ
電子辞書を持ち運ぶのって結構めんどくさいです。
どこでも調べるなら、スマホに入れておくのが一番便利!
しかも、このアプリはオフラインでも調べれます。

中国語が苦手な人は、4000円と少し高いですが、購入しましょう。
 
中日・日中辞典 公式アプリ|ビッグローブ辞書

中日・日中辞典 公式アプリ|ビッグローブ辞書
開発元:BIGLOBE Inc.
¥4,000
posted withアプリーチ

④地球の歩き方 D06 成都 九寨溝 麗江 2018-2019 1,700円
旅行と言えば、ガイドブック!でも、難点は重たいところ。
そこで、電子書籍!
”Kindleアプリ”で購入した本を読むことができます。
スマホだと、どこでも見ることができるので、超便利です。

中国でGoogleも見れるオススメSIMカード

日本から来る人は、空港でレンタルのポケットWifiを借りることをオススメします。

ただ、ポケットWifiを持ち運ぶのがめんどくさかったり、日本以外の他国から中国に行く人には、SIMカードがオススメです!

しかも、これ、Googleやyoutubeも見ることができます。
2GBを超えると、速度制限がかかるので、外出時にGoogleマップを使う時には超便利です。ビザなしの2週間以内の短期留学なら、ちょうど良いですよ。

中国でもGoogleを使うならセカイVPN

「速度制限を気にせず、Youtubeの動画を見たい!」という方にオススメなのが、VPN接続。

「VPN接続って何?」というのは、WIfiを日本のサーバーを通す仕組みのことです。VPN接続をすれば、Google等も、問題なく中国でも使えます。

その中でも、オススメなのがセカイVPN。

こちらの記事で詳しく使用方法が書いてます。

使い方も難しそうですが、全然難しくないですよ。

2ヶ月間も無料体験期間があるので、中国行く前には使用できる状態にしておきましょう。

セカイVPNのサイトはこちら