中国

中国雲南省 おすすめ旅行 ①昆明空港から市内、西森山公園の行き方

どもども

2018年に、約8日間、中国の雲南省を旅しました!

駆け足で、できるだけ多く見て周ろうとした結果、行ったルートがこちら。

昆明 コンメイ(1泊)

→大理 ダイリ(1泊)

→麗江 レイコウ(1泊)

→束河古墳・百沙村 ソクカワ・ビャクサ(1泊)

→香格里拉 シャングリラ(2泊)

→大理(1泊)

→昆明

初めての中国で、不安だらけでしたが、結果的に最高の旅になりました!

ということで、ニュースではネガティブな内容が多い中国ですが、自分のイメージは、めちゃくちゃ良いです!

それもこの旅のおかげ。

この雲南省の旅の記録を4回に分け、これから旅する方に役立つような情報をシェアします。

まず、最初に雲南省の旅の魅力を少し説明します!

 

中国 雲南省を旅する魅力とは?

①雲南省の省都である、昆明は快適な都市

年間を通して、暑すぎず、非常に暮らしやすい気候。
そんな気候のせいか、”昆明の人は優しい”。
語学学校や大学もあり、留学先としても注目されている。

①バックパッカーの聖地、大理

「深夜特急」って小説を知っていますか?
アラサー以上の旅好きの人なら一度は見たことがある、旅人の聖書(バイブル)。

その本の主人公が、あまりの快適さに”沈没”したところが大理。
バックパッカーの聖地とも呼ばれています。

②世界遺産の古都 麗江

雲南省は、少数民族が多い。
その中で麗江は、独自の文化とチベット仏教をもつナシ族が作った都。

中国でも超人気の観光スポットで、お城や少数民族の村など見どころがいっぱい。

③チベット自治区と接している、香格里拉(シャングリラ)
標高3200mの場所にある、中国で最もチベットに近い町。

中国にいながらチベット文化を感じられ、その広大な自然は、世界自然遺産にも登録されている。

などなど旅する魅力がいっぱいです!

それでは、”昆明空港に到着”から説明します。

 

深夜の昆明空港から、市の中心までバスで移動

深夜の便で、昆明(中国語読みではクンミン)の空港に到着。

昆明空港から市内への行き方は3つあります。

  • タクシー
  • エアポートバス
  • 地下鉄

深夜の空港からのタクシー移動は、トラブルになると嫌なので避けました。値段も高いし。

地下鉄は夜の22時までで、利用できない。

ということで、エアポートバスで中心の昆明駅まで行くことにしました。

空港を出たらすぐに、チケット売り場があり、そこで、中国語で”、昆明鉄道駅”と告げてチケットを買います、25元(約580円)。

<中国でバスチケットを買ったり、乗り物に乗る際の注意>

”中国では筆談で旅行ができる”とよく聞きますが、実は難しいです。字は簡体字なので、日本の漢字とは少し違います。例えば、昆明鉄道駅の場合、簡体字では、”昆明火车站”と書きます。けっこう、違いますよね。

なので中国の旅では、Google翻訳が使える状態だと非常に便利!(中国でのGoogle使い方は、後で説明)。

使えない場合は、簡単な中国語旅行フレーズは少し覚えておきましょう。タクシーの運転手やチケット売り場でも、英語が通じないことが多いので。

ちなみに、「昆明鉄道駅」の中国語読みは、”クンミン フオチュー ジャン”。

ただ、ここでもう一つ問題が発生。

チケットを買い、バスに乗ろうとしたら、たくさんバスが止まっていて、どれに乗るかわらない!

なんとかチケットをバスの運転手に見せてまわって、乗車しました!

けっこう大変だったので、お金に余裕がある方は、タクシーで移動した方が良いかもですね。

※ちなみに地下鉄は、昆明駅に着いてからが、階段が多く、距離も出口まで1km位あるらしいので、大きい荷物の人には向いてないみたいです。

空港を出たバスは、45分位で、昆明駅に到着。
そこからは、タクシーを捕まえて、宿に向かいました。

深夜だし、タクシーも値段交渉でしたけど、そんな高くもなく、めちゃくちゃ良いドライバーでした。

ちなみにそれからもタクシーをたまに使いましたが、トラブルは一度もなかったです。

ただ、バスと比べると値段がかなり高いのが難点。

1泊目のホテル Kunming Cloudland International Youth Hostel

中国語で書くとは、昆明大脚氏国際青年旅舎。

ちなみに、中国語で読むと、ユースホステルは青年旅舎(チンニェン ルーシュー)と言います。

ベッドはこんな感じ。

男女混合ドミトリー 1泊 36元(約605円) 

この宿に関しては、夜中の1時過ぎに到着し、朝の早い時間でチェックアウトしたので大した感想がありません笑

でも、夜中のチェックインも対応してくれて、寝るだけであれば、全く問題無しでした!

そして、翌日には、すぐ大理に出発。

その後、昆明に中国語留学のために戻ってきました。

昆明留学で訪れたオススメ観光地を紹介しますね!

昆明 おすすめ観光地 西山森林公園 

昆明の中心から、南西に15km位離れた場所にある森林公園。

雲南中部で、最も景色の良い場所と聞き行ってきました!

西森山公園への行き方


行き方はバスが主流でしたが、2017年に地下鉄が開通したとのことで、地下鉄で行きました。

路線図はこんな感じ。
この軌道3号線の終点の「西山公園駅」に向かいます。

金額は、昆明の中心から、5〜6元(約100円)と安い!

 

そして、中国の地下鉄は、日本より、それ以上に整備されていました!

チケット買う券売機もタッチパネルタイプで、難しくないです。

ホームもきれい!

電車の中はこんな感じ。
土曜日でも混んでなかったです。

 

ロープウェーで頂上まで。”登竜門”を見よう!

西山公園駅から、公園の入り口までは、すぐ近く。
駅前だけでもこんなに景色が良い!

この西山森公園を楽しむにあたって、一番オススメのコースは以下の通り。

▶ シャトルバスで、ロープウェー乗り場まで移動

▶ ロープウェーで頂上まで登って、徒歩で下山

▶ 下山途中にあるシャトルバスに乗って、最初の地点まで戻る

ただ、このコースを歩くと、相当の体力と時間がないと、かなり厳しいコース。

なので、”往復のシャトルバスとロープウェイ乗車”がセットのチケットの購入をオススメします。

チケット売り場は、駅から出て道なりに進んでいくとあります。

値段は、88元(約1500円)と少々高め。

 

そのチケットがこちら。
これ1枚で、バスやロープウェーに乗れます。

ロープウェー乗り場行きのシャトルバスは、チケット売り場のすぐ近くにあります。

ここでバスに乗りましょう。
下の写真がバス乗り場。

10分くらいでロープウェー乗り場の前に到着します。

このロープウェー売り場は、けっこう混んでいて、長い行列がありました。

乗るまで30〜40分並んだかな?

このロープウェーが迫力満点で、楽しかった!!
高所恐怖症の人はやめといた方が良いでしょう(笑)

こんな感じです。

 

景色を写真とるのに、危うくスマホを落としかけました笑

頂上に到着するとそこは標高2000メートルになります。

たまに高山病になる人もいるらしいので注意してください。

山をくり抜いてできたような道を下りていきます。

こんな感じ。景色がめちゃキレイでした!

階段が急なところもあり、想像以上に疲れます。

また、途中には、"登竜門”の語源になった、本物の登竜門があります。

たくさん人がいるので、すぐ見つかるはず。

そして、下まで降り、バスに乗って最初の地点に戻ります。

このコースだと、全部で2〜3時間で行ける。

バスに乗っている時に、チケットを買わずに徒歩で下りている人を見ましたが、本当に大変そうでした!

繰り返しますが、チケットを買っていくことをオススメします。

以上、西森山公園でした!

昆明に来た、ほとんどの観光客が行く位、有名なとこなので、ぜひ行ってみましょう!

 

中国旅行を快適にするために、中国語を習おう!

今回、旅行をして感じたのが、「英語がなかなか通じないな」ってこと。(日本もほとんど通じないですが)。

自分は、事前に台湾で留学してたので少し簡単なフレーズが話せて、まだマシでしたが、言葉の大事さを痛感しました。

中国語を片言だけでも話せるだけで、旅行は何倍も楽しくなるのと、格段にスムーズに物事がすすみます。

なので、中国旅行をする前に、中国語を勉強するのを、強くオススメします!!

方法は2つ。

  1. 旅行前に、中国語の旅行フレーズを覚える
  2. 中国語留学をする

①は参考書を買うなり、ネットを調べるなどしての自習です。

私のオススメは、②の”留学をする”です。

留学なんか、社会人じゃ無理だよ。休めないもん

ということで、1週間からでも留学できる超オススメ学校を紹介します。

この記事で詳しく、その学校のことが書かれているので、興味のある方はチェックしてみてください。

【中国語 短期留学】超おすすめ!昆明のKeats マンツーマンレッスンの費用や感想どもども。 中国へ留学する場合、大学か語学学校のどちらかになります。ただ、大学だと入学時期や期間が決まっており、短期留学には不向き。 ...

自分は、この旅行の後に、この学校で1週間勉強しました!

この中国語学校がめちゃくちゃ良かった!

以前にフィリピンの英会話学校で働いてたので、学校を見る目はあると自負してます。

台湾で、3つの語学学校での留学も経験していますが、それらと比べても断トツでした。

この学校で、勉強するメリットは、以下の通り。

● マンツーマンレッスンで勉強できる

● 先生に発音のチェックをしてもらえる

● 先生やスタッフが超親切

● 歴史のある学校なので、初心者にも教えれるノウハウがある

● ”簡体字”で勉強できる(中国で使われている中国語の文字、台湾は繁体字)

● 1週間からの短期留学が可能

特に発音のチェックはポイント高いです。

中国語の場合、発音が、4通りあります。
自習じゃ、自分の発音が正しいか確認できないですから。

旅してて、言葉が通じないというのは、本当に冷や汗ものですよ。

”中国の滞在を最高のもの”にする意味でも、旅行前には、中国語勉強してくださいね!

次は、バックパッカーの聖地 大理を紹介!

こちらは、大理を旅行した際の記事です。

中国 雲南省 旅行ルート② 深夜特急で有名な大理、おすすめ格安ホテルどもども 2018年に、約8日間、中国の雲南省を旅しました! 駆け足で、できるだけ多くの観光地に行こうとした結果、行ったルートがこち...

オススメ観光地や宿泊先もありますので、ぜひチェックしてくださいね。

最後に、中国旅行するのに便利なアプリ等を紹介します。

中国旅行に行く前にダウンロードしておくべきアプリ

みなさん知っていると思いますが、中国では残念なことに普段使っているアプリが使えません。

有名どころでいうと、、、

  • フェイスブック
  • グーグル系のアプリ
  • youtube

などなど。

そこで、中国旅行する前にこれだけは!というアプリを紹介します。

① We Chat(無料)

中国でいうフェイスブックです。
中国人と友達になるには必須のアプリ。

WeChat

WeChat
開発元:WeChat
無料
posted withアプリーチ
 
② MAPS.ME(無料)

旅行に、Google Mapは必需品ですよね?
このアプリは、Google Mapとほぼ同機能のアプリ。
 
何より嬉しいのが、GPS機能で、自分の今の場所がわかるところ!
 
MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション

MAPS.ME–オフライン地図とナビゲーション
開発元:MY COM
無料
posted withアプリーチ
 
③ オフライン中国語辞書アプリ

電子辞書を持ち運ぶのって結構めんどくさい。
どこでも調べるなら、スマホに入れておくのが一番便利!
 
しかも、このアプリはオフラインでも調べれます。

中国語が苦手な人は、4000円と少し高いですが、購入しましょう。
 
中日・日中辞典 公式アプリ|ビッグローブ辞書

中日・日中辞典 公式アプリ|ビッグローブ辞書
開発元:BIGLOBE Inc.
¥4,000
posted withアプリーチ
 

④地球の歩き方 D06 成都 九寨溝 麗江 2018-2019 1,700円

旅行と言えば、ガイドブック!でも、難点は重たいところ。
そこで、電子書籍です!

”Kindleアプリ”で購入した本を読むことができます。
スマホだと、どこでも見れるので、超便利です。

 

中国でGoogleも見れるオススメSIMカード

日本から来る人は、空港でレンタルのポケットWifiを借りる人が多いですよね?

ただ、ポケットWifiは、持ち運ぶのがめんどくさい!

そこで、オススメなのがSIMカード!

日本以外の他国から中国に行く人も、事前に買っておけば使えるし。

しかも、これ、Googleやyoutubeも見ることができます。

2GBを超えると、速度制限がかかるので、外出時にGoogleマップを使う時には超便利です。

ビザなしの2週間以内の短期留学なら、これで十分。

 

中国でGoogleを使うならセカイVPN

「速度制限を気にせず、Youtubeの動画を見たい!」という方にオススメなのが、VPN接続。

「VPN接続」というのは、WIfiを日本のサーバーに通す仕組みのことです。VPN接続をすれば、Google等も、問題なく中国でも使えます。

その中でも、オススメなのがセカイVPN。

こちらの記事で詳しく使用方法が書いてます。

使い方も難しそうですが、簡単ですよ。

2ヶ月間も無料体験期間があるので、中国行く前には使用できる状態にしておきましょう。

セカイVPNのサイトはこちら

でわでわ