中国

中国 雲南省 旅行ルート② 深夜特急で有名な大理、おすすめ格安ホテル

どもども

2018年に、約8日間、中国の雲南省を旅しました!

駆け足で、できるだけ多く見て周ろうとした結果、行ったルートがこちら。

昆明 コンメイ(1泊)

→大理 ダイリ(1泊)

→麗江 レイコウ(1泊)

→束河古墳・百沙村 ソクカワ・ビャクサ(1泊)

→香格里拉 シャングリラ(2泊)

→大理(1泊)

→昆明

初めての中国だったので、不安だらけでしたが、結果的に最高の旅になりました!

ということで、ニュースではネガティブな内容が多い中国ですが、自分のイメージは、めちゃ良いです!それもこの旅のおかげ。

この雲南省の旅の記録を4回に分けて、これから旅する方に役立つ情報をシェアします!

初回の”昆明空港到着とおすすめ観光地 西森山公園の行き方”はこちらを見てください!

中国雲南省 おすすめ旅行 ①昆明空港から市内、西森山公園の行き方どもども 2018年に、約8日間、中国の雲南省を旅しました! 駆け足で、できるだけ多くを見て周ろうとした結果、行ったルートがこちら。...

それでは、前回の続きから!

 

二日目 昆明から、バスで大理へ

昆明から大理への行き方:昆明西バスターミナルから約5時間

大理への行き方は、電車、バスや飛行機があります。
時間とコスパを考えて、バスで行くことにしました。

大理行きのバスの乗り方
市の中心から約10Km西の昆明西バスターミナル、そこから長距離バスがでています。
※中国語では、昆明西部汽車客運站 クンミン シーブーチーチュークーユンジャン

昆明西バスターミナルへは、地下鉄3号線で「西部汽车站」(電車)で行くのが楽。
自分は、急いでいたため、タクシーで行きました(約30分位)。

場所はこちら。

 

西バスターミナルに到着すると、客引きがいっぱい寄ってきますが、無視してチケットカウンターまで行っちゃいましょう。

チケット買う際は、「ダーリー(大理の中国語読み)」でOK。

大理までは、112元(約1850円)約5時間の道のり。

乗ったバスはこちら。

キレイなバスでした。
中はゆったりという程ではないけど、長時間移動でも苦にならなかったですね。

途中で1回のトイレ休憩があり、大理に到着!

到着した大理のバスターミナルは、大理快速汽車客運站(ダーリー クァイスー チーチュージャン)。

場所はこちら!

到着すると、いつものように客引きがよってきます。

客引きのおばちゃんに、宿の住所を見せると、運良く、マレーシア人の女の子と一緒になり、乗り合いタクシーで宿の近くまで移動しました。

金額は60元(約1000円)位だったかなと。

ただ、路線バスだと、大理の中心である、大理古城にたった2元(約35円)で行けるみたいです!

荷物の少ない人で、少し中国語ができる人は、路線バスの方がオススメですね。

このバスターミナルの近くには、大理汽車客運站(ダーリー チーチュー クーユンジャン)という似た名前のターミナルがあり、少しまぎらわしい。

とりあえず、どこに到着しても対応できるように、目的地の宿の住所は、”中国語”で用意しておきましょう。

宿の住所を見せても伝わらない場合は、大理古城(ダーリーグーチェン)を目指せば良いかと。ほとんどの宿は大理古城周辺にあります。

 

中国のバックパッカーの聖地 大理の魅力

”バックパーカーの聖書(バイブル)”と呼ばれている「深夜特急」を見て以来、一度は行ってみたかったのが大理。

実際に行ってみると、もはや、ただの観光地でしたが、想像通りに良いところでした。

大理の目玉と言えば、少数民族 ペー族の都、”大理古城”。
外敵を防ぐために作られた城壁の中に、昔の中国の城下町があります。

こちらが、大理古城の入り口となる南門。

それをさらに北に200m程、歩いて行くと五華楼が見えてきます。

この五華楼をくぐると、その先に土産物屋や、屋台などがたくさんあります。

多くの観光客でにぎわってました。
でも、道も広いので、そこまで窮屈な感じではなかったですね。

スーパーがあったり、(中国でスーパーは”超市”)、スターバックスもありました(中国語では、星巴克(シンバークー)。

伝統的な楽器(名前わかりません笑)を弾いてる人がいて、ほのぼのムード。

キレイな庭があったりと、歩いてて全然飽きませんでした。

また、大理や他の観光地でもよく見たのが、ペットの犬!
とにかく少し歩けば、犬と出会う感じ。

中国では、犬を食べる習慣の場所があると聞いてたので、これだけ犬がペットで飼われてるのに、少し驚きました。(別に食べるのを非難しているわけではないです。文化なので)

また、交差点に迷い込んだ野良犬を、車が減速して、犬が交差点を出るまで待っていたり。

なんか「”印象”って怖いな」と思いました。
勝手な偏見を持っていた自分が情けない。

大理は、他にも見どころとして、蒼山(そうざん ツァンシェン)というすごくキレイな景色が見れるところがあります。

時間があったら行きたかった!!

大理のおすすめホテル ダーリー ファイブ エレメンツ ホテル(大理五行客栈)

大理のホテル事情としては、大理古城の中は非常に値段が高い。

そこでコスパと、いごこちが抜群に良かったホテルがこちら!

大理五行客栈(中国語読みは、ダーリー ウーハン クージャン)です。

このホテルのポイントは、

  • 大理古城からは、歩いて5分位、城壁の外側にある
  • 受付が英語が話せる。スタッフも優しい
  • めちゃくちゃ可愛い猫がいる
  • 料金が安い

・ドミトリー6名部屋 バス共用 
   36元(約600円)

・シングルルーム 
 88元(約1450円)

こちらが、入り口の受付とくつろぎスペース。

ソファがたくさんあって落ち着けます、人もわちゃわちゃいないですし。

こちら、シングルルーム。
部屋はさっぱり、清潔感ありました。

特に何も問題なかったですね。

また、個人的にポイント高かったのが、くつろぎスペースの猫。
人懐っこくて、かな〜り癒やされました。

結局、あまりに良すぎて、香格里拉(シャングリラ)からの帰りも泊まっちゃいました!

 
 

大理の次は、世界遺産の街 麗江へ

大理で一つ残念だったのが、夜に大里古城の中を歩いてた時、お店からクラブのように爆音でダンスミュージックが流れていたりと、少し騒がしかったですね。周りの風景と合っていないのが残念でした。

せっかく良い雰囲気の場所なのに。

でも、これも時代の流れです。

もし時間に余裕が無い人は、昆明から直接、麗江に行っても良いかも。
1週間で、昆明→大理→麗江→香格里拉→昆明ルートはかなりキツイです。

理由は、大里も麗江(リージャン)も、歴史的な町並みを見ると言う点では、かぶるかなと。

ただ、大理は、絶対に行って損は無い場所。
香格里拉(シャングリラ)の帰り道に寄るのもアリだと思います。

次の記事では、大理から麗江・束河古墳・白沙古墳を紹介します!

でわでわ