MENU

機内持ち込み可のおすすめバックパックはこれ一択!コンパス40使用レビュー

KUNI

どもども。

私は今まで32ヵ国を旅してきました。旅をする時は、ほとんどバックパック一つだけです。

留学の際はスーツケースも使用しましたが、以下の理由から、「やっぱりスーツケースは長期旅行には向いてない」と感じてます(全部経験済み)。

  • キャスターが壊れたら、移動が地獄
  • 舗装されてない道路や階段での機動力がない
  • 到着後にターンテーブルで、かなりの時間を待つ
  • 見た目が旅行者バレバレで、客引きから、いっぱい声かけられてうっとおしい
  • 飛行機に乗るたびに、20kg~25kgで1800円くらいの受託手数料がかかる

そして「もう二度と海外旅行はスーツケースで行かない!」と思った決定的な事が、ロストバゲージ(スーツケースがターンテーブルから出てこないアクシデント)を経験したこと。

手元に戻ってくるまで、二日間かかりました。待ってる間は不安で生きた心地がせず、二度と経験したくありません。

ってことで、”機内持ち込みできる最高のバックパック”を探し続け、ついに、その一品に巡り合いました。

それが、グレゴリーのコンパス40!!

機能性・価格・見た目を考えた時に、これほど海外旅行に向いてるバックパックはないと言い切れます。

そこで、この記事では、コンパス40を他のバックパックと比較して紹介します!

旅好きのバックパッカーはぜひチェックしてください!

 

機内持ち込み可の最強バックパック!グレゴリー コンパス40

機内持ち込み可の最強バックパック!グレゴリー コンパス40

基本情報は以下の通りです。

価格 18,700円
カラー 現在はブラック一色のみ(楽天・アマゾン)
サイズ 幅 34cm 高さ 55cm 奥行き 25cm
重量 980g
材質 ナイロン
ポケット数 外側2つ、内側2つ

 

私が持ってるのは、今は市販されてないブルーです。

グレゴリー コンパス40の画像 グレゴリー コンパス40の裏側

コンパス40の素晴らしさを、以下の4点にまとめてみました!

  1. 機内持ち込みできるバックパックでは、最大の収納能力。
  2. ポケットは最低限必要なものだけ。しかも便利!
  3. 防犯性が高い
  4. バッグ自体の重量が軽量!

それでは、一つずつ説明します。

① 機内持ち込みできるバックパックで、最大の収納能力!!

機内持ち込み可能なサイズは、航空会社によって若干違いますが、だいたいは以下のサイズまでになります。

3辺の和が115cm(45インチ)以内、サイズが幅40cm 高さ55cm 奥行き25cm

そして、コンパス40のサイズがこちら。

幅34cm 高さ55cm 奥行き25cm

まさに、機内持ち込みするために作られたようなバッグです。

そして何より素晴らしい点が、40ℓの収納力!

機内持ち込み可能サイズのバックパックは山ほどありますが、40ℓのバッグは本当に見つかりません!どうせなら、たくさん入る方が良いですよね。どれだけ探したことか・・。

この収納力を実現させてるのが、仕切りの無い内部構造です。

グレゴリー コンパス40の内部

仕切りのあるバッグは整理しやすいですが、物を入れづらいですし、入れた後にすごく膨らみます。

コンパスの場合は複数ケースに分けて入れると、驚くほど入ります。こんな感じ。

グレゴリー コンパス40の驚くべき収納力

仕切りがある場合、ここまでギリギリ荷物を収納できません。そして内側のメッシュポケットも使えるので便利ですね。

メインの収納の開閉は、南京錠が付けれるファスナーなので防犯対策できます。

グレゴリー コンパス40のファスナー

② ポケットは、最低限必要なものだけ。しかも便利!

「ポケットがたくさん付いてるバッグ」も、よく見かけます。

自分も利用ましたが、ポケット多すぎると逆に”どこに収納したのか?”わからない状態になり困った経験があります。

その点、コンパス40は必要最低限の数で、しかも使いやすい。

先ほどのメイン収納のフタとなる背バッグ部分には、保護パッド付き収納。15インチのノーPCでも取り出しスムーズです。

グレゴリー コンパス40のPC収納

バッグパック上部にポケット。こちらはすぐに取り出したい小物を入れるのに丁度良いです。

グレゴリー コンパス40の上部ポケット

下部には、シューズが入れれる大き目のポケットが付いてます。

グレゴリー コンパス40のシューズが入るポケット

このように、コンパス40のポケットは外側2つ、内側2つの計4つです。これ以上、少なくても多くても困る、丁度いい数です。

防犯性が高い

海外の人混みの中で、バックパックを背負ってる時に、知らない間に後ろからファスナーを開けられて、荷物を盗難される犯罪はよくあります。

コンパス40の場合は、ポケットを開閉するファスナーが全て内側に向いてるので、背負ってる時に後ろから盗難される可能性は低く安心です。

バッグ自体の重量が軽量!

30~40ℓのバッグパックを探した時、重量は1.5kg前後のバッグが多いです。

しかし、コンパス40の重量は980gと非常に軽量。その分、荷物をたくさん入れれます(機内持ち込みの場合、重量制限が7~10kgと厳しいため)。

他の評価の高いバックパックと比較してみた

どれだけコンパス40が素晴らしいのか、他の有名バックパックと比べてみました。

荷物の収納力

こちらのバックパックは、長年愛用していたMinaalのキャリーオン 2.0(34,990円)。バッグの収納力は35ℓです。

Minaalのキャリーオン 2.0(34,990円)

非常に使いやすかったですが、、メインポケットが二つあるタイプだったため、仕切りのせいで逆に収納しづらかったです。

Minaalのキャリーオン 2.0(34,990円)の収納力

そして、こちらも以前、使用していたノースフェイスのバックパック。

ポケットの数が多くて良かったですが、どこに収納したかわからなくなりました。ポケットのファスナーも、外側に向いてるので、後ろから開けられても気づけず、防犯的によくありませんでした。

ノースフェイスのバックパック

【結論】長期の海外旅行なら、コンパス40が本当におすすめ!

海外のバックパッカーでは、コンパス40好きな人が多いです。良いレビュー動画があったので、参考にしてください。

こちら英語ですが、「字幕」をクリックすると日本語字幕で見れます。

【結論】長期の海外旅行なら、コンパス40が本当におすすめ!

以上、今まで、何個もバックパック使いましたが、コンパス40が最高に良かったです。値段もお手頃価格ですし。

ワンサイズ下のコンパス30(16,500円)もありますが、やはり旅に出るなら、大きいバッグパックの方が良いですよ。

 

 

荷物を少なくしたい方にオススメのサブバッグ

機内持ち込み可のバックパックで旅する場合、ホテルに到着してから観光する時に使用するサブバッグの選び方も重要になってきます。

今回、紹介するオススメのサブバッグは、パタゴニアの「ウルトラライト・トートバッグ」です。

私が持っているのは旧タイプになりますが、とにかく使いやすい!

容量が27Lと大きい。

PCと本を入れても、まだまだ入るほど大きいです。買い物にも十分なサイズですね。

外側と内側に大きいポケットが、一つずつ付いている。

このような簡易リュックでポケットが、外側と内側に付いてるのは珍しいです。

電源コード、日焼け止めなど分けて収納可能です。

ポケットサイズに変形できる

丸めると、こんなに小さいサイズに変形させれるので、収納に場所をとりません。

重量は370gほど。通常、小さいリュックだと1kg前後するので、めちゃ軽い。

以上のような素晴らしい特徴があり、そして超有名アウトドアブランド パタゴニアなので製品もすごくしっかりした作りです。

現在のタイプは、外側のポケットが縦から横になってます。

カラーバリエーションも豊富ですよ。こちらからチェックしてみてください。

 

 

こちらの記事では、海外旅行や留学に役立つグッズを紹介してます。チェックしてみてください。

留学・海外旅行で役立つ持ち物!勉強と現地生活で便利なグッズまとめ!

でわでわ

記事URLをコピーしました