各国留学

【安心を買う】留学やワーホリで海外旅行保険が必要な理由とオススメ保険

どもども。

海外旅行や、留学する時に、”海外旅行保険”を利用するか迷いませんか?ふつう、どこの語学学校でも、”海外保険に加入する”ことをススメています。

ただ長期留学だと、3ヶ月でも、3〜4万円位。高いです。

私の意見としては、特に海外旅行初心者、アジアに旅行したことない人は、加入すべきです。

この記事では、”海外旅行保険”について詳しく説明します!

 

なぜ留学やワーキングホリデーに、海外保険は必要なのか?

なぜ留学やワーキングホリデーに、海外保険は必要なのか?

日本と環境がガラリと代わり体調を壊しやすい

外国の環境は、クーラーが効きすぎてたり、食事の作り方や保管方法も違います。そういう環境の違いから、海外慣れしていない人は、下痢や風邪になりやすい。

海外の医療費が異常に高い

私の友人が、インドでデング熱になって入院しました。5日間位の入院で、約11万6,000円!!こんなに払うの嫌ですよね。もちろん彼は、保険に加入していたので自己負担無しです。

※デング熱とは、、

ウイルスを持っているネッタイシマカやヒトスジシマカなどに刺されることで感染する。症状は、2~14日(通常3~7日)の潜伏期間の後、およそ2-4割の人に38~40℃の発熱で発症し、激しい頭痛、関節痛、筋肉痛、発疹が現れる。重症化すると非常に危険な病気。

とにかく、体調を崩すと、せっかくの留学が台無し!
安心して生活するためにも、保険は必ず入りましょう。

 

留学保険の保証内容とは?

海外旅行保険と似てるもので、留学保険というものもあります。留学ならではの、保証内容になっており、ワーキングホリデーも適用されるものが多いです。

個人賠償責任や生活動産

長期留学やワーホリの場合、アパートを借りる場合があります。普通の海外旅行保険では、家の中で盗難されたりするものは適用外ですが、留学保険の場合は適用されます。

緊急一時帰国費用

家族の死亡や危篤になった時に、一時帰国に必要な費用が補償されるもの。

留学継続費用

家族が死亡したことにより、留学を継続するのが難しいとなった時に、そのまま留学を続けれる補償のこと。

特に、アメリカやオーストラリアに長期に行く人は、留学保険をオススメします。

 

おすすめの海外旅行保険は?

おすすめの海外旅行保険は?
 

”海外旅行保険”もいろいろあります。こちらの比較サイトが見やすいので確認してください。

海外旅行保険を条件比較!

注意して見るのは治療・疾病費用です。これが一番必要になるので。

オススメは、ジェイアイ傷害火災保険の『t@bihoたびほ』

1ヶ月間、月980円です!これは、安い!しかも、内容も”治療・疾病費用→1,000万円』と充実してます。アジアならこれで大丈夫そうな感じもします。(責任とれませんが笑)

http://ジェイアイ傷害火災 t@bihoたびほ

 

クレジットカード付帯の”海外旅行保険”について

ご存知の人も多いと思いますが、ほとんどのクレジットカードには海外旅行保険がついています。

たまに、『クレジットカードの海外旅行保険で問題ない』という方もいますね。

カードの海外保険のデメリットをきちんと理解されている人なら、別に問題ありません。ただ、”カードの海外保険の保証内容”をよく理解しないで大丈夫と思っている方もいます。

それは危険!

クレジットカードの海外保険は、条件が多く複雑です。以下に、その理由を書きました。

補償内容が充分でない

だいたいのカードは、”治療・疾病費用→200万円"。
100万円を下回るところもあります。

この金額では、大きい事故をして、手術になると十分ではありません。

"保証金額200万円のカードを2枚持っていると400万円になる”ということもあるみたいです。下のリンク記事を確認ください。

海外旅行保険は複数枚のクレジットカードで補償額を上乗せできる

注意は、”カード2枚分の合計での保証はしない”ところもあります。必ずカード会社に事前の確認をしてください。

注意
クレジットカードは、予備として2枚以上は持っていきましょう。
海外滞在中にカードを止められてしまうと面倒です。

 

カードを持っているから、絶対に保険適用になるわけではない

クレジットカードの海外旅行保険には、『自動付帯』と『利用付帯』の2種類があります。

・自動付帯 出国した日から、カード会社が定めた期間の保証が始まる。

・利用付帯 旅行に関連する交通費をカードで支払った時、保険が有効になる

自分の持っているカードが、”自動”か”付帯”かは、事前によく確認しましょう。

保証期限が短い

だいたい3ヶ月のところが多いです。これだと、長期の留学の留学では、保証適応外になります。

以上の理由から、個人的には、保険会社の海外旅行保険をオススメします。

 

オススメの無料クレジットカード

横浜インビテーションカード

・発行料、年会費無料

・自動付帯(こちらの保険保証は、他のクレジットカードと合算は不可)

・保証内容も無料発行できる、クレジットカードの中では良い部類

デメリット 他のカードと比べるとポイントサービスがない。

 

オススメの有料クレジットカード

楽天 プレミアムカード

・年会費10,800円

・自動付帯 (傷害治療費用 300万円)

・海外空港ラウンジが無料で使える

海外旅行が好きな人には最高のカードですね。

 

海外から申し込める海外旅行保険

日本の海外旅行保険は、ふつう出国してからは申し込みできません。ただ、海外の保険会社だと申し込めるところがありました!

それがこちら、グローブパートナー日本語対応のホームページです!

グローブパートナのホームページ

ただし、加入条件があります!

出国時に、海外旅行保険に加入していた場合に限ります。(クレジットカード付帯も含む)。また、携行品損害も補償対象外になります。

でも、海外でオンラインで加入できるのは助かりますよね。

だいたい、カード付帯保険は出国から3ヶ月でsy。でも、海外にいると「もっと海外いたい!日本に帰るのめんどくさい!」ってこともよくあること。

そんな時に、保険を延長するには良いサービスです。

 

さいごに

いつも、このブログで書いていることがこちら。

「買える安心は買う」

何か問題が発生した時に、人に迷惑をかけずに、自分で処理するためにも。

でわでわ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA