英語力0のアラフォー社会人が留学、海外就職をした理由

どもども

私は、今年で40歳。
いわゆるアラフォーです。

35歳で初めての留学を経験し、今まで8ヵ国、13の学校で留学しました。
体験レッスンも含めると11カ国になります。
また、フィリピンで3年間、語学学校で働いた経験もあり。

普通に考えると、「なんでそんなに留学してるの?」って感じですよね。

留学をして、私の人生は180度変化しました。
仕事をはじめ、考え方、お金の使い方、付き合う人、時間の使いかた、などなど。

留学が良い方向に人生の軌道修正をしてくれたと信じています。
まだ、”結果”はでてませんけどね笑

この記事では、そんな私が、「なぜ、こんなにたくさんの留学をしたのか?」の理由を紹介することによって、

  • 留学の素晴らしさ
  • アラフォーでも、留学や海外就職するのに遅くない

というのをお伝えしたいと思います。

今回の記事は、下記のような状況の人が対象です。

  • アラフォーで英語を身に付けたい
  • 留学に興味がある
  • 海外就職に興味がある
  • 自分を変えたい

それでは、まずはこちらから。

 

 

英語力ゼロ アラフォー男の経歴

今までの経歴は以下の通りです。

日本
(某大手流通業 12年間)

フィリピン
(英会話学校 6ヶ月)

マレーシア
(英会話学校 2ヶ月)

インドネシア
(英会話学校 1ヶ月)

カンボジア
(インターン1ヶ月)

フィリピン
(英会話学校 最初と同じ学校 2ヶ月)

フィリピン・セブ
(IT・英語留学  1ヶ月半)

イギリス
(英会話学校 1ヶ月)

フィリピン
(インターン 最初と同じ学校 3ヶ月)

フィリピン
(語学学校勤務 最初と同じ学校 3年半)

インド
(IT留学 3ヶ月 )

タイ
(フリーランス養成講座 3週間)

台湾 澎湖島
(中国語留学  2学校 1ヶ月半)

台湾 台中
(中国語留学 1ヶ月)

中国  昆明
(中国語留学  1週間)

台湾 台南
(中国語留学 1ヶ月)

旧ロシア圏のジョージアなどでロシア語学校へ体験入学

日本に戻り、就職

という感じです。
これだけ海外にいて、40歳になってからの就職は不安でしたが、英語や留学の経験を活かせるところに就職できました。

 

8カ国も留学・海外就職した理由

フィリピンで35歳で留学

日本で、35歳まで12年間、がむしゃらに働き、そして退職。
普通なら退職して、すぐ転職すべきですが、、、

でも、『独身やし、そんなすぐ働く必要もない。次、仕事見つけるまでの間で、何かしたい!!、今しかチャンスない!』

と思い、昔から『英語を話せるようになる!』に憧れてたので留学を決意しました。

それまでの英語力は以下の通り。

  • TOEIC350点くらい
  • 昔、流行った”駅前留学”で英会話学校に週1で通ったが、全く上達せず
  • 海外旅行は好きだったので、旅行で使うフレーズを少し知っている

外人と英語でコミュニケーションできるレベルではまったくありませんでした。

フィリピン留学6ヶ月間で、結果的に、日常会話は話せるようになりました。
(レベル的には、"アジアの英語話せる人"と問題なく話せる感じ)

周りが学生さん多い中、年齢的に少し浮いてましたが、『これを逃したら一生英語話せなくなる!』という思いで必死で頑張り、最低限の目標は達成しました。

この時の留学の様子や学習方法に関してはこちらの記事を見てください。

フィリピン留学 35歳の初心者が、英語を話せるまでの記録(入学前〜2ヶ月目)英語を話したいと思っている30代〜40代の方へ。 私が35歳から5ヶ月間留学して、英語が話せるようになった勉強法を紹介します! 今回は、留学前から2ヶ月目まで。 英語初心者の英語の勉強のヒントになれれば幸いです!...

 

ここで伝えたいこと

  • 社会人になってからでも英語の習得は可能。
  • 会社に務めながらの英語学習は難しい。
  • 4〜5ヶ月の留学で日常英会話は話せるようになる
  • 費用対効果を考え場合フィリピン留学がオススメ

<フィリピン留学してた時の写真>
野外の小屋で、勉強してます。
この野犬がいつも一緒にいてくれました笑

 

 

海外就職をした理由

この留学中に、『アジアで働きたい!』と思うようになりました。

それはなぜかというと、

『アジアで働くということは、別にハリウッド映画みたいに、ペラペラでなくても大丈夫』ということがわかったからです。

ただ、アジアでの就職を決意したと行っても、実際に行ったことがない国がたくさんあったんですね。

これが、海外就職での大きい不安材料になりました。

なぜなら、アジアで就職活動をするといっても、行ったこともないのに、「ここで就職したい!」と面接で言っても説得力に欠けるなと思ったので。

そこで、それを解決する方法として”留学”がでてきました。

自分の英語にまだ自信がなかったので、もっと英語力を高めるという目的もありましたが、メインの目的としては、

その国の生活習慣、雰囲気、人々の考え方など、ネットでは出てこない生の情報をゲットしたかったからです。

これは、絶対に観光だけではつかめません。

ということで、マレーシアやインドネシア、カンボジアなどで、マンツーマンレッスンができる学校をわざわざ選んで、合計4ヶ月程留学、インターンを経験しました。

 

そして留学終了後、就職活動を頑張った結果、幸運にも、いくつか内定を頂けました。

いくつも内定をゲットできた要因としては、

  • 語学力
  • 日本での勤続経験(スキルではない)

だと思っています。

最終的に、声をかけてもらったフィリピンの英会話学校で3年間働きました。

その後、退職し、台湾に中国語留学や、インドやタイにプログラミング留学。

なぜ、また留学したかというと、次に就職するまでにもう一つ言語と、IT知識を習得をしたかったからです。

今の自分にとって留学は、完全に”語学やスキルを身につけるための一番効果的な手段”という考え方になっています。

 

ここまでに伝えたいこと

  • 英語がペラペラでなくても海外就職はできる
  • 外国の文化を知るために、もっとも効果的な方法は留学
  • 留学の目的は語学だけでなく、プログラミングやスキルを身につけれるツール

 

留学や海外就職を通して得られたもの

どこでも生きていけるという自信です。

『日本がだめなら、フィリピン。フィリピンがダメになったら、ベトナム』
みたいな感じですね

選択肢が広がった気がして、すごく気が楽になりました。

日本で生きることだけが、全てじゃないということですよね。

 

最後に、あなたにお伝えしたい事

今でも、自分が正しい道を選べたのかはわかりません。
フィリピンで働いていた時の収入も、日本でもらってた金額と比べると激減。

でも、ストレスも日本にいた時と比べて激減しました。
”仕事が楽”という意味ではなく、、、、きっと海外が自分に合っていたんでしょうね。

ただ、これは、自分が独身だったり、日本で働いていた時に、貯金をしていたことで、できたことです。
結婚していたら、留学して終了でしたね。何カ国も留学なんて絶対できませんでした。

 

最後に、ここで、これを読んでいてくれている人に伝えたいことは、

語学は、人生の可能性を広げてくれる一つのツールだということ

留学は、人生を短期間で、劇的に変えれるものであるということ

ということです。

少し、大げさな話になりますが、、、

日本では、一つの会社で勤めあげることが美徳とされたり、一つレールを踏み外すと終わりみたいな考え方がありますよね?(特にわれらアラフォー世代には)

でも、そんな考え方のせいで、ひどいストレスに苦しめられたり、自殺する必要なんて全くありません。

英語の習得も、人生のやり直しも、一つの留学で解決する可能性があります。

遅すぎることなんて何もないので。

この記事や、ブログが、あなたの留学へ行く一つの後押しになれれば幸いです。

ではでは