各国留学

インド IT留学 MISAO プログラミングレッスンの流れについて

どもども。

今回の記事は、インドのIT学校 MISAOのプログラミングレッスンの流れについて”です。

2ヶ月間の勉強の記録と、レッスンの雰囲気について書きました。

MISAOがどんな学校か?ついてはこちらの記事で。

インドにある日本人経営学校のMISAOとは?

まずは、こちらから!

MISAOのWEBサービス開発コースとは?

私がとっているコースはWEBサービス開発コース。
期間は3ヶ月。

このコースの最終目標は、"下記のようなECサイトを自力で作れるようになる"こと。

MISAO Webサービスコースに課題

(MISAOの見本サイト)

これを作れるようになるために、HTML, CSS, JQuery , MySQL, 主にPHPを学習します。

それでは、詳しくレッスンの雰囲気をお伝えします。

 

MISAOのプログラミングレッスンの雰囲気

1日のレッスン時間

3時間のグループレッスンと、3時間の自習時間があります。

グループレッスン

グループといっても、多くても2名でのレッスン。
わからなくて、取り残される心配はない。
学校の生徒数が少ない時は、マンツーマンで受けれました。

自習

自習時間でも、先生への質問は可能。
前日の復習をしたり、宿題をする。
強制自習ではないので、退出することも可能。

※宿題の量は多い!

そして、注目すべきところは、ITクラスには仕切りの壁がないところ。

こんな感じでクラスが行われます。

先生から、『わからない時は、先生だけでなく、周りの生徒にも聞きなさい』と言われました。

確かに仕切りがないことで、質問もしやすい。
周りが学習している姿を見れるのは、良い刺激になります。

 

MISAOの先生

先生はもちろんインド人。

インド人なまり(インド人独自の英語の発音)を心配してましたが、、、、、、
確かに、なまりはありますね笑

でもレッスンでは、難しい単語をそんなに使わないです。先生もゆっくり話してくれるので理解しやすい。

こちらが、担任のLag(ラジ)先生。

宿題をやってこないとかなり怒ります(笑)。当たり前ですけどね。

 

英語でのレッスン

一番の心配が、”英語でのでッスン”でした。

『プログラミングなんて、日本語で勉強してもわからないのに、英語だと余計にわからないぞ』と。

結果、先生はシンプルな英語で話してくれるので理解しやすいです。あとは、どれだけ的確に自分の不明点を聞けてるのかがポイント!

どれくらいの英語レベルでレッスンが受講できるのか?

学校のホームページでは、”TOIEC730点以上が ITレッスンの受講資格”になっています。実際にレッスンを受けた感じでは、500点位あれば問題ないでしょう。

先生は言葉だけでなく、パソコンの画面と一緒に説明してくれるので。ただ、英語が全くダメな人は、厳しいですね。

その場合は、まずMISAOの英語のレッスンを1〜2ヶ月受けることをオススメします。その後でITコースに移れば、英語で苦しむことはないでしょう。

実際に、英語コースからITコースを受けている人を何名か見ました。

留学に対する英語の準備に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

レッスン中に絶対使うフレーズ・単語!英語留学前にこれだけは覚えよう英語留学をしたら、先生に不明点を英語で質問しなくてはいけまん。そこで留学前に絶対覚えていほしい、レッスンで必要なフレーズや単語を紹介します。...

 

MISAOのプログラミングレッスンの流れ

学習内容

はじめの2週間は、HTMLとCSSがメイン。

JQueryをほんの少しだけやりました。

実は以前、セブでIT留学らしきもの?をしてた時に、HTMLとCSSを、少し勉強したので、最初は問題なくレッスンについていけました。

レッスンの流れは、

  1. 先生が教える
  2. 教わった内容の問題をとく
  3. 解答確認

という形で進んでいきます

レッスンの印象

● とにかく実践的
レッスンと宿題で、コードが体に染み込むまで問題をする。

● 先生の説明自体はざっくりしている。
事前の予習はしておいた方が良い。

●宿題の量が多い。
”宿題”と”予習”と”復習”。この3つのバランスが上手にできるかが鍵。

 

レッスン2週間を終了しての成果

動きの無い簡単なWebサイトの外観なら作れるようになりました。

例えば、宿題ででた”フェイスブックのログイン画面を作る”とか。(見た目だけ)

こんな課題を何回もこなしていくことで、次第に出来上がりも、早くなってきました。

やっぱり一人で勉強するのは、実践的でないと実感。先生にチェックしてもらえないですし。『学校で勉強した方が効果がある!』と実感してます。

ということで、2週間で、HTML, CSSを終了できました。

JQueryも少しできたので、前に行ってた学校のITコースと比べても、進捗が早いです。

 

 インドIT留学 4週目の学習内容

Jqueryを少し学習

同じコースを受けてた先輩から、『Jqueryから、いよいよ『プログラミング』に突入ですよーーー』と聞いてました。

※Jqueryとは、、、簡単に言うと、webサイトに簡単に『動き』をつけれるファイのことで通称ライブラリと呼ばれている。

本来、Java Scriptとというプログラムでたくさん記述しないとできないことが、Jqueryでは、少ない記述でできる!というもの。


これを1週間位勉強しました。

ほんと、雰囲気を感じる位しかしてません。

Jqueryを復習もしないまま終わってしまった事が、今後の悲劇に繋がります。

遂にPHP開始!!

4週目からは、いよいよコースのメインであるPHPがスタート。

※PHPとは、、、HTMLに埋め込むことができる、Web開発でよく使用されるスクリプト言語のこと。

初心者でも勉強しやすいと言われている。
有名なとこでは、フェイスブックやクックパッドが主にPHPで作られている。

 

PHPに関しては、ゆっくりと文法を覚えていきました。

ただ、遂に問題が発生、、、

わからない!!
先生から出された問題が解けない!!
4週目にして初めて壁にぶつかりました。

明らかに、困難度合いが、HTMLやCSSとは質が違います!

ちなみに、出題された問題はこれ。これを、for文を使って画面に表示するだけ。

MISAOのITレッスン課題

地味な事をしているようですが、これが難しかった、、、、今でも、一人では解けないです。

 

インド IT留学、8週目の学習内容

MySQLを勉強する

MySQLを、1週間じっくり勉強し、データーベースを利用できるようになりました。

データをデーターベースに挿入したり、検索したり、削除したりするのが主な使用方法です。

MySQLとは

MySQLとは、世界でもっとも利用されている「データベース管理システム」です。大容量のデータに対しても高速で動作し、便利な機能がたくさんあるので、 非常に実用性が高くなっています。

また、オープンソースなので非商用利用であれば無償で使用できるため、初心者でも導入しやすいです。

 

・学校のデモECサイトを一から作成

インド MISAO ITコースの課題

(見にくくてすいません)

このECサイトを、今まで習った事 (  HTML. CSS . PHP , MySql , JQuery ) を駆使して、一から作っていきます。

このサイトに入っている機能として、アカウント作成、ログイン機能、ショッピングカートなど盛りだくさんで、やりがいがあります。

新しい先生の登場

この学校では、1ヶ月ごとに、日本人スタッフにコースの進捗状況の確認などのカウンセリングがあります。

生徒にとっては、有難い機会!

そこで、いろんな人から習ってみるのもアリ!ということで、先生を変更していただく事になりました。

新しい先生が、ソヌ先生。

寡黙な先生ですが、ぐちゃぐちゃになった私のコードを涼しい顔で、いつも修正してくれます。

自分は、このECサイトを1ヶ月かけてやりました。

私は、進み具合が遅い方で、他の受講者は、ECサイトを終えて、違うPHPのフレームワーク(CakePHP)を勉強したり。

進み具合は人によってさまざまです。

レッスン以外でやった事

wordpressを始めた

私が留学しているMISAOでは、1週間に1回、学生に社会人セミナー、ITコース受講生には、ITセミナーが開かれてます。(生徒数の集まり具合によって開かれるみたい)

ITセミナーの内容は『googleアナリティクス』,『wordpress』, 『SEO』など興味のある内容ばかりでした。

ここで、スタッフの方が言った言葉が印象的でした。

『こうやって説明しても、実際に継続してする人は1割』

影響を受けやすい自分は、『しないと、情けない』ということで、このブログも開始したわけです。

 

3ヶ月レッスンをしての反省

① 理解が遅く、一緒に受けてる人に迷惑をかける

グループレッスンなので、一人理解が遅いと、レッスンの進行の妨げになります。でも、その気持ちが『勉強をもっとしないと!!』とやる気にもつながりました。

② 予習と復習が不足していた

予習をせずにレッスンに行った時は、先生に何回も質問して、レッスンのスピードを下げてしまった

やっぱり、予習が何より大事!何を予習したら良いかわからない場合は、プログラミング学習サイトのProgateがおすすめです!これには助けられました!

復習や、予習の時間をたっぷり作るべきでした、当たり前ですが。でも、慣れないインドの生活で、何をするにしても計画通りに進まない。

③ 知識が中途半端になってきた

やる気はあるのは良いけど、あれやこれやと、参考書を読んだり、レッスンに関係ないことまで学んでパンクしました。

結局、知識が身についていないという悪循環に。習った事を復習することに、もう少し重点を置くべきだった。

先生や、周りの生徒とコミュニケーション不足

今、思うと最初は、自分だけで、解決しようと時間をかけすぎた。どうしても解決できない時は、聞いた方が早く解決したので、初めからそうすべきでした。

 

さいごに

最終的に、生活習慣が不安定になりました。

夜中まで、あれやこれやとやって、朝のレッスンに集中できないとか、まあ、自分の問題ですね。

留学は、スパルタの学校でない限り、何も強制されません。自分もそれを望んで、比較的、自由度の高い学校を選んだので。

次の記事で、留学終了時点をまとめたものが、こちら!

ぜひ、見てください。

インド IT留学の費用・感じたメリットとデメリット

でわでわ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA