各国留学

極貧留学生のインド自炊編 カレーばかりで飽きた!自分で作るぞ!

どもども。

前回の記事では、”いかにインドの普通の外食がカレーしかない!”ということを書きました。

極貧留学生のインドの外食事情!やっぱりカレーしかないのか?インドの外食事情に関しての記事です!どんなものが、どれくらいの金額で食べれるのか?を説明しています。 結論、お金さえ払えば何でも食べれますよ笑...

 

最終的に、『もう”自炊”しかない!』いう結論に至りました。

理由は2つ。

①節約
毎日、外食で美味しいものを食べたいけど、そうすると大変な出費になる。
学生や長期滞在の人には厳しい。

②日本食を食べる
インドの食事ってやっぱり全般的にスパイシー。
似たような味が多いというか。
しょう油テイストがすごく恋しくなります。
日本食レストランに行けば、食べれますが高い!

 

本当に最初の1〜2週間は『美味しい!カレーだけで大丈夫!!』と思ってたのに。
でも、1ヶ月くらい経過してくると、『無理だな、こりゃ』と。

そこで今回の記事は、
インドでの自炊生活について書きます。

 

 

極貧留学生のインド自炊

どこで食材を買うのか?

スーパーかローカルの市場、で買うの2択。

スーパーはこんな感じ。
日本と変わらないですね。

ガレリアマーケットのスーパー

シャンプー、洗剤などの日用品もあります。

アラフォー10回留学

ただ値札が付いていない場合があります。
しかも、付いてても、このようにわかりにくい。

赤く囲ってるとこ。わからないですよね笑

アラフォー10回留学

そして、ローカルはこんな感じです。

デリー グルガオン

人も多いし、熱気がすごい。
買い物は全部交渉になるので、疲れます
野菜等はスーパーより安いけど。

自分は、スーパーとローカルの市場を、買う物によって使い分けてました。

スーパー 
肉や卵、調味料などの鮮度が気になるもの。

ローカルの市場
野菜、果物や米など。

本当は、市場で全部買うが一番良いんですけどね。
絶対、安くつくので。
でも、ハエが群がってる肉や野菜は 「やっぱりきついなー」って感じでした。

米の炊き方

学校の宿泊施設には、共用のキッチンがありました。

MISAOのキッチン

日本とあんまり変わらないですね。
フライパン、お皿、スプーンなどは用意されているので買う必要はなかったです。

ただ、炊飯器は残念ながらありませんでした。

ルームメイトに聞くと、なんと"お米は鍋一つで炊ける"ということ。
ということで、チャレンジしました。

まずは、こんな小さい鍋を用意します。

アラフォー10回留学

  お鍋でのお米を炊き方

  1. コップ7分目位に米を入れる
  2. よく洗う
  3. コップ8分目位の水を入れ、強火で5分位炊く
  4. 吹きこぼれて水分が無くなってきたところで、弱火、もしくは、火を止めて15分位蒸す

これだけです。
簡単ですよね。
でも、たまに、出来上がりが少し硬いこともあり、なかなか上手に炊くのは難しいです。

 

外国で買える調味料、日本から持っていくべきもの

以下のものは、だいたい現地スーパーで買えます。

現地スーパーで買えるもの

  • 醤油(soy-sauce)
  • ごま油(sesami oil)
  • ケチャップ
  • マヨネーズ(少し味違います)
  • 塩・胡椒

逆に、以下のものは、日本食が売っているスーパーでしか売ってません。
値段も1.5倍位するので、日本から持っていった方が良いです。

日本から持っていくべきもの

  • だしの素
  • みりん
  • ふりかけ
  • めんつゆ
  • とんかつソース
  • 焼肉ソース(これだけで、ご飯いける)

ご飯に合うものが良いですね。
お金かからず、お腹いっぱいになるので。

そして実際に作ったのがこちら。
チャーハン!!
これも最初は美味しかったです笑

インドの自炊 炒飯

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

インド留学では、"必ず使えるキッチンがあるか?"確認しましょう!

自炊は、みんなで一緒にやったら楽しいし、自分で作ったご飯は美味しいですよ!
最初だけ笑。

ちなみに、自分は、もっぱら外食で済ませてまました。
自炊も凝ってくると食材が結構高くついて時間かかるので。

あ〜〜〜ちゃんとした日本食食べたい。
魚食べたい、豚食べたい。

余談ですが、9月に入ると、少し夜は涼しくなります。

意外ですが、インドも寒くなるのです!
20年前にインドに初めて来た時が11月でしたが、夜は激さむでした
(広いインドなので、場所にもよりますが)。

冬に来る方は、絶対、長袖、パーカー、セーターは持ってきましょう。

ではでは。