フィリピン(英語)

【フィリピン留学】口コミ評価が高いCNE1でしか体験できない3つのこと

どもども。

フィリピン留学を考えてるけど、どの学校が良いかわからないよ〜

せっかくの留学やし、一生の思い出になるような学校どこやろ?

という人のための記事です。

この記事でわかることは、以下の通り。

  • CNE1の特徴
  • 今年のCNE1の注目
  • CNE1で良い3つの理由

私は、CEN1で、半年間を生徒で、約3年半を学校スタッフとして働いてました。

2017年8月に退社しましたが、今でも『英語を学ぶならCNE1!』という気持ちは変わっていません。

『元関係者だから応援したいだけだろう?』思われるかもしれません。

でも、本当にオススメなんですね。
なんせ、35歳だった自分でも英語が話せるようになったので。

まずは、CNE1が『どういう学校なのか?』を簡単に紹介します。

 

CNE1の特徴

フィリピン英会話学校 CNE1の外観

CNE1(シーエヌイーワン)は、フィリピンのルソン島にあります。

首都マニラから車で約4時間位。

今、流行りのセブ留学はフィリピンのセブ島です。

CNE1のある場所は、人気エリアでないにも関わらず、2018年で8年目を迎えるフィリピンの中でも老舗校です。(一般的に認知度はまだまだですが、業界では知らない人はいない)

すでに、約3300名が卒業しています。

今年のCNE1の注目

2017年は二つのニュースで、露出が増えた年でした。

①芸能人ロンドンブーツの淳さんの企画『偏差値32の田村淳が100日で青学一直線~学歴リベンジ~』で、CNE1が淳さんの英語力改善の場所に選ばれたこと。

CNE1にロンブー淳が留学

この留学の模様は、AmebaTVで放送されました。その様子がこちら
→ #5 フィリピン合宿でまさかの大号泣!

特に芸能界や、日本の教育委員会と太いパイプはありません。
卒業生の評判や勉強する環境が良いという理由で、留学先に選ばれました。

②八戸学院大学との提携

CNE1と八戸学院大学と、CNE1の母体のCarthel Science Educational Foundationの3校が、共同で、”中高大一貫の八戸学院カーテル校”と”日本語&ITトレーニングセンター”を運営する事に合意。

これは、日本の学校法人で初、フィリピン留学業界初の出来事です。

その内容は、

・フィリピン人学生に職業訓練、日本での就職サポートを提供。

・八戸学院グループの学生達が、CNE1に留学すると単位認定が貰える制度

という画期的なもので、Yahooニュースにもでました。
詳しくCNE1の魅力をまとめたものはこちらをみてください
CNE1が選ばれる6つの魅力

それでは、いろんな学校を見てきて、『やっぱり、CNE1のここが他校と決定的に違う!』ところを紹介します。

 

CNE1だけでしか体験できない3つのこと

1コマ2時間のレッスンが受けれる

CNE1のマンツーマンレッスン

フィリピン留学の一番の特徴と言えばマンツーマンレッスン。ただ、他の学校では、1コマ50分というシステム。

CNE1のように、1コマのレッスンが2時間というところは、私の知る限りありません。

1時間のレッスンだと、どんな先生でも、レッスンを成立させれますが、2時間となると”レッスンを組み立てる力が”求められてきます。

そこがCNE1が長年勤めている先生の腕の見せ所ですね。

2時間のレッスンだと、何が良いのか?

メリットは下記の2つ。

1、先生と生徒の関係がより深まる

2、そのおかげで”リスニング力とボキャブラリー”が上がる
→結果としてスピーキング力の劇的向上

 

なぜボキャブラリーが上がるのか?

基本的に、レッスンは、テキストに沿って行われます。

ただ、2時間もレッスンがあるので、テキストだけでレッスンをすると飽きるので、嫌でも自分の事を話すし、相手の話を聞いたりします。

話す内容は、好きな食べ物の話、恋バナから、それこそ政治的な重い話などいろいろです。

この自分の事を話す時に、パっと話せない単語が、一番覚えないといけない単語になります。

単語帳や、テキストの単語を頑張って丸暗記しても、会話でなかなか使わないですよね?

理由は、使える話題にならないからです。自分に関係している話題の単語だと、使う頻度が高まるため定着しやすい

→結果、ボキャブラリーが増えるのです。

丸暗記も大切な勉強ですが、それだけでは英語は話せるようになりません。

”実際に対人で話す”ことをしばければ!
バランスが大事です。

2時間のレッスンだと、テキストの単語と、自分が話したい単語をバランスよく覚えることができます!

なぜリスニング力があがるのか?

先生とレッスン中、聞き取れないことがたくさんあると、『もっと、言っている事がわかりたい!聞きたい!』という欲求がでてきます

そして、聞き取れなかった単語をホワイトボードに書いてもらって、それを覚える。

それの繰り返しで、だんだん聞き取れえるように、つまり、リスニング力が上がっていきます。

『日常会話コース』以外の充実度がすごい

フィリピン留学に来る人の80%が希望するのが『日常会話ができるようになること』です。

それ以外の希望としては、
"ビジネス英会話の習得"
"TOEICの点数を上げたい!"
など。

CNE1はこの”日常会話以外のコース”を『スキルアップコース』と位置付けてます。

これは、"より実用的な英語力とスキルを身につけ、その後のワーキングホリデーや仕事に役立てる』という実践的なものです。

他の学校との違いで言えば、この『スキルアップコース』の力の入れ方が全然違います。

バリスタコース

このコースの監修者は、ラテアート世界チャンピョンの下山修正氏

実際にCNE1に来て、何度も打ち合わせをし、テキストもこのコース用にオリジナルで作っりました。

コースの内容は、日本でバリスタ養成学校に通ってる人から見ても『すごい!』と言われる本格的な内容です。

このコースではバリスタとして働くために必要なボキャブラリーや会話を練習します。
そして、近隣のカフェで、上の動画にある実習プログラムで、実際にコーヒー作りの練習!

そして、さらに本格的な技術技術を習いたい人は、CNE1を卒業後に、オーストラリアの下山氏の学校で習うという流れです。

その他、『子供先生養成講座』、『IELTSテスト対策コース』も全てプロの監修者がついて、1年以上かけて準備したコース。ITのコースはもっと準備に時間をかけています。

先生も、厳しいトレーニングを受けた先生だけが教えます。
『接客英会話コース』では、実際に一流レストランに行って研修しました。

接客トレーニングの様子

CNE1 先生へのトレーニング

CNE1ほど、コースの”内容”が凝っている学校はあまり無いでしょう。

CNE1のホームページと、他の学校のカリキュラムのページを比べてもらったら一目瞭然です。

CNE1 教育プログラム

日常会話力を上げるだけで精一杯で、他の事する余裕なんてないよ

という風に思われる方が多いでしょう。
確かに2〜3ヶ月滞在だったらそうかもしれませんが、長期留学の場合は、途中で集中力がなくなる時期がきます。

でも、新しいコースをとれば、また、新鮮な気持ちで英語と向き合えますよ!。

”充実した留学生活を遅れるための選択肢”が他の学校より多い!!良いことですよね!

日本人オーナーとマンツーマンで話せる

CNE1に来た人は、まず学校の”場所”にびっくりします。
首都マニラから離れ、『なんでここに学校?』という田舎の場所です。

そんな田舎に、フィリピン留学がブームになる前に、学校を作ったのがオーナーの井坂浩明さんです。

自分の元上司なので、あまり褒めても仕方ないですが、『ここまで、自分を犠牲にして何の得があるのか?』ような働き方をします。

学校のオーナーは、学校以外のビジネスをしている方もいますが、井坂さんの場合、100%CNE1の事だけです。

(左が井坂さん、目の前で日本人スタッフが働いてます。

CNE1のオーナー 井坂さん

で、そんな井坂さんとCNE1に来たら1対1で話せる機会があります

これは、ホームページには書いてません。
(学校に来てから、生徒に案内します)。

CNE1創業以来、『井坂相談室』という名で、希望者がいれば、なんでも相談するというスタイル。

だいたい平均1時間、長いときはそれ以上になることも。

ということで、CNE1に来た生徒さんには、ぜひ井坂さんと話してくださいね。めちゃくちゃ面白くて、ためになりますよ。イチから作られてるので、学校を。

まとめ

もっといっぱい言いたい事がありますが、なんか”頼まれて書いた記事”みたいに思われたくないので、これくらいで笑

ちなみに、他の卒業生の感想など、学校の留学体験記を見てください。

投稿されているものは、何も修正せずにのせています。
私も、前に書きました。

私の留学体験記

言っておきますが、CNE1はそんなホテルみたいな宿舎でもないです。
いたせりつくせりのような対応はありません。
でも、井坂さんが『フィリピンだから』という言い訳はしないように、スタッフを教育してます。

せっかくの大金と大切な時間を使って行く留学。

”忘れられない思い出を作りたい”や、”自分の未来・可能性を広げたい”と思っている人はぜひ、CNE1を選択肢の一つに入れてください。

今でも自分は英語が上手とは思いません。でも、よく外国の方には褒めてもらえます。
それも、全部、CNE1のあの小さいクラスルームで先生と、深く話し合った結果だと思っています。

自分はCNE1のおかげで変わることができました。

もし、『フィリピンは治安悪いって聞くしな〜〜』という方はこちらの記事どうぞ。
特には問題ないですから。

【フィリピン治安】留学や観光は本当に危険なの?2年滞在者が解説ニュース等で、危険なイメージのあるフィリピン。本当に、危険なのか?フィリピン滞在歴3年の私が、本当の治安状況をお伝えします。...

最後に、CNE1の外で勉強している様子。
基本、教室ですが、外でするのもありです。
また、この青空の下で勉強したいなーーーーー

CNE1 ガーデンのレッスン

でわでわ